コメント広場利用の注意

コメント広場利用の際にはアンケートの記載を必須にします。その後そのハンドル名を利用してください。

2013年6月24日月曜日

リバーサル手術を行っているフィンランドのドクターへの連絡方法について

まるとんです。

今私の友人が何人かリバーサル手術を受けるためにドクターへのコンタクトを取っています。
4人の友人はリバーサル手術を受ける前提で、そしてもう1人の友人はリバーサルを受けるかどうか決める前にどうしても聞いておきたい質問があってということでです。

そんなこともあって私からもドクターといつも対応していただいている通訳さんにメールをしました。

そして通訳さんと何度かやりとりし、「ドクターへの手術の相談についてはドクターのクリニックの Web サイトにある評価フォームへの入力・送信をお願いして欲しい」というお話を聞いたのでここでもお伝えします。

【交感神経遮断術 モニタリングフォーム】
https://e-lomake.fi/lomakkeet/444/lomake.html?rinnakkaislomake=Japani

※このページへのアクセスの仕方はちょっとややこしいのですが、ドクターのホームページ(http://www.sympatix.fi/?lang=ja)に行き、上部のタブ [ホーム][赤面の種類][発汗][お問い合わせ]の中の[発汗]→[ETSリバーサル]と選びます。そのページに【フォローアップフォーム】というリンクがあって、そこで表示されるものとなります。個人情報の入力が必須となりますので、心配な方はそのようにアクセスされてもいいと思います。

  • 日本語の入力で大丈夫です。(その後のメールのやりとりもすべて日本語で行えます。)
  • ドクターは、このフォームの情報をもとに手術の計画を立てられるそうです。
  • 「ご自分の症状や手術希望時期は自由記入欄がありますのでそちらにご記入ください」とのことです。
  • 事前にご連絡をいただいても、そのフォームからの送信がなければご本人から手術の意思があるか正確に確認ができず、手術の日程などを決めたり、追加のお話を伺うなど先に進めることができないとのことです。したがってもしメールで問い合わせを行っても、この評価フォームへの入力がないと返事がいただけない可能性もありそうです。
  • 「評価フォームへの入力・送信は1回だけお願いします。」 ※詳しくはこちらを参照(2013.9.24追記)

このフォームの最後の項目がちょっと分かりにくいです。

質問: それでも、交感神経遮断術とそれに伴う症状に対処できますか 【選んでください】

交感神経遮断術はこれから受ける手術のことと解釈して良いと言うことです。したがってETSリバーサルを申し込むことについて、ドクターのWebサイトを読んでその内容を理解していれば「はい」を選択することになるとのことです。(だからといって「いいえ」にしたら連絡がもらえないかというとそういったことはないみたいです。)

なのでそれよりも、自由記入欄に入力する方が重要そうです。自身の状況であったり、日程等の希望、手術を受けるのを決める上でどうしても聞いておきたい質問、といったことを記載することの方が大事だと思います。

では。

まるとん

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

0 件のコメント:

コメントを投稿