コメント広場利用の注意

コメント広場利用の際にはアンケートの記載を必須にします。その後そのハンドル名を利用してください。

2013年8月18日日曜日

ふくらはぎの神経を使って神経移植をするということ

今日もすごく暑かったですね。
私はそんな暑い中、近所のお祭りを見に行ってきました。

日中の外出なので代償性発汗が目立たないようにと目立ちにくい濃い紺色のTシャツで行きました。シャツに触れたら湿ってるのが分かるものの、見た目では分からない程度の汗だったと思います。野外でのイベントでしたがとっても楽しかったです。
このお祭りの様子は日記のブログにまとめようと思っているので、できたらここにもリンクを載せようと思います。


それではタイトルに書いた内容に話を進めようと思います。
今フィンランドで行っているETSリバーサル手術は肋間神経を移植元にして神経移植手術を行っているのですが、私が受けた時はふくらはぎの神経を移植元に使っていました。

ふくらはぎの神経を移植元にしてリバーサル手術を行った日本人がどのくらいいるのか正しくは分からないです。ですが、私がリバーサル手術を受けたときの通訳さんから、私が受けた2002年1月よりも数カ月前、2001年の9月に同じ様にリバーサル手術でフィンランドに来た日本人を1度だけ通訳したことがあるということを聞いていました。あと、私より後の2002年3月にリバーサルを受けた方から、その方はすでにふくらはぎではなく肋間神経の移植だったということを聞いていました。従ってフィンランドのリバーサル手術でふくらはぎの神経を使って神経移植をしたのは私を含めて2人か、あといたとしてもあと1人かそこらということになるのではないかと思ってます。実際フィンランドのドクターのホームページによれば、ふくらはぎの神経を使った患者は全世界で51人。地域で分けるとアジアで10人と書いてあります。(洗練されたETSリバーサル手術


そしてこれは英語ですが、私がリバーサル手術を受けた時にもらった資料の抜粋です。
この資料の最後に署名する箇所があり、手術前にサインしました。
※2002年1月のものです。

CORRECTIVE SURGICAL MEASURES

The first aim in correctional surgery is to restore normal neuronal pathways in the sympathetic chain. Because the T2- ,and possibly T3 ganglia no longer exist, the only possibility is to eliminate the neurome-like dead ends of the neurons and to establish a by-pass between the upper brain ganglia, T1, and the lower sympathetic chain. This can be attempted to be done by:
  1. Excision of the scar around the nerves and a neurolysis around the healthy nerve ends. 
    This gives immediate, considerable relief in the compensatory reflexive hyperhidrosis by stopping the harmful neuropathic feedback hypersensitivity.
  2. Reconstruction of the neural connectivity between intact nerve ends by microsurgical nerve grafting technique. The best suitable donor for this purpose is the sural nerve from the ankle and calf region. The resulting residual numbness on the lateral side of the dorsum of the foot is negligible and normally causes no significant morbidity.
    This adds to the possibility of positive thermoregulatory feedback between the lower sympathetic chain and the brain ganglia, T1 and the thyroid gland. This result is also partly immediate, but most of it is due to regeneration of the neurons by axoplasm migration along the grafted nerve so  a full-blown recovery can take half a year.
  3. Because the T2 and T3 ganglia have to be by-passed, they will permanently remain out of the game and there can be no major return of the hand-sweating ability.  However, facial sweating should start again after this half a year.
手術をどのような目的でどのように行うかが書かれています。
この手術の一番の目的は「交感神経系の正しい神経経路を取り戻すこと」と書かれています。(一番最初の所)
そして箇条書きで3つ書かれているうちの2番目、ここに移植元の説明があります。
「この手術を行うのに一番適した移植元はあしくび(ankle)やふくらはぎ(calf)の領域のふくはらぎの神経(sural nerve)です。足の裏側に生じる痺れはごくごくわずかであり、病的な状態と思うこともないです。」

"sural" という単語が "ふくらはぎの" を意味する形容詞だったので、私はつい最近まで単にふくらはぎの神経という風に考えていました。
ですが "sural nerve" というのは固有名詞で日本語では腓腹神経(ひふくしんけい)というらしいです。
Wikipedia には説明と図がありました。
日本語:腓腹神経、英語:sural nerveで、同じことが書かれているようです。
図の黄色いのが腓腹神経(sural nerve)だそうです。(青は静脈。)
この神経は静脈に沿っているということと、運動神経成分がないので術後後遺症として麻痺がなく、また感覚低下の範囲も狭いこと、そして神経移植が行われる際の移植片として用いられることもある、ということが書かれていました。

今まで書いたことの中で2点ほど勘違いがあったようで訂正しますね。

1点目はリバーサル手術を受けてどこまで回復するのか?で "交感神経は動脈と一緒に走る" と書いたのですが、必ずしもそうではないみたいだということ。(上半身と下半身で違うのでしょうか。例えば上半身は重力に逆らって上方向に流れるため血流に乗せて流れるものの下半身は特にその必要がないとか。。。)

もう1点は【金魚板#2】** リバーサル手術について **(2005/04/14)に書いたことで、ふくらはぎの神経は自己再生すると思っていたのですがこれも勘違いだったみたいです。上の図でいう黄色い神経を切り取ったんでしょうね。
そしてこのリンク先のページには私の移植元になったふくらはぎのことついて少し書いています。私は右足のふくらはぎを移植し、5cm程度の横一直線の切り傷が2本ありました。そして手術を受けた時ふくらはぎにはコの字型のホチキスの針のような(ホチキスよりはもっと深い)針金が(確か)3つづつ刺さっていて、帰国してから病院に行きペンチでひっこ抜いてもらいました。

ふくらはぎの神経を切り取ったことによる感覚障害ですが、私は今まで全く起きていないです。
走っても重いものを持っても平気です。
ただ、右足の小指周辺の足の甲がぴりぴりとしたことが過去に何度かだけあります。何度かといっても十数年で数える程度にはあったかなと思うってぐらいの頻度です。電流が走るというか足の中に糸が入っててそれが引っ張られるようなそんな感触です。今まではふくらはぎの神経は自己再生するものと思っていたしもうとっくに再生したと信じていました。だから別の理由だと思ってましたが、結局はふくらはぎの神経を切り取ったために起きていることみたいです。
実は昨日も起きました。でも足首を回していたときに何度かぴりぴりっとしただけです。
ぴりぴりっとしたのは図の赤い丸印のあたりです。
そして赤の四角で囲っているところを見ると "SURAL NERVE" と書かれています。ちょうど私のふくらはぎで神経を切り取った先の延長上ではないかと思います。

自分の体の神経を切り取って別の箇所に移植する自家神経移植は例えば癌であったり事故であったりで体のどこかの神経を失ったりした際の修復でも行っているみたいです。そんな自家神経移植をする際には腓腹神経、前腕外側皮神経、前腕内側皮神経などといったいくつか良く使われる候補となる神経があるようです。
ひょっとしたらETSをした後だと上半身の神経はあまり活発じゃないから、そういった候補となる神経の中から下半身の神経を選んだのかなと思いました。

今フィンランドで行われている肋間神経を移植するリバーサル手術も自家神経移植でしょうけど、近い将来はコメント広場 - 神経再生のニュースでもちょっと扱っている通り、人工もので行えるようになるんじゃないかって気がしています。

では。

まるとん

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

これは補足なのですが、神経移植関連 コメント広場というのを作ってみましたので、良かったら何か書いてくれるとうれしいです。
あと、本文中に書いたお出かけの日記がこちら(厚木基地開放~盆踊り~)です。真夏でもこのようにお出かけを楽しむことができるようになっています。

8 件のコメント:

  1. 代償性発汗に苦しんでいる者です。
    切った神経はもとに戻らないと言われ諦めなければならないのか・・・でも一生この状態で生きていくことが辛く何か対策がないか探っていたところ、偶然ここにたどり着きました。
    出来ることならオフ会で同じ境遇の方に会ってみたいです。
    話がしたい、聴いてみたいです。
    本音で語る相手もいなくて、一人で悩みを抱えている状態です。

    時間がある時に、まるとんさんのリバーサルの記事読ませて頂きますね。
    非常に興味があります。

    九州在住、女性。

    返信削除
    返信
    1. まるとんです。

      私のブログを見つけてくださって、そしてコメントもしていただいて、ありがとうございます。
      オフ会、今度は10月頃にしようかと考えているところなのですが、私は神奈川に住んでいることもあって都心での開催になっちゃうんですよね。何か別の用があって来るとかであればまだしも、それだけのために九州からお越しいただくのはちょっと遠いでしょうか。。。

      オフ会をもし地域で参加したいということだったりした場合、ほとんど使われていないのですがコメント広場に地域別のコメント広場というのがあります。ここを使うことも考えてみて欲しいです。(これは別に123さん個人に宛てたものではなくてみなさんに宛てた話になります。)
      トラブルの心配もあるだろうからネットへの発言はしづらいのかもしれないのですが、それでもみんなが書かないと始まらないと思うんです。
      最初は様子見でも良いと思うので、メールアドレスなどは書かずに(もしくはフリーのメールアドレスで)周りの反応を見てみてはどうでしょうか?

      リバーサルの記事、今まですごくたくさん書いてますから、のんびり読んでみてくださいね。
      質問、コメントなどあれば別にどこの記事に書いても構わないです。コメント広場に書けばみんながアクセスしやすい場所に書くことになります。

      では。

      まるとん

      削除
    2. 早速、返事をありがとうございます。

      たしかに遠方ですが、観光がてらとかで参加出来る機会があれば行きたいなぁっていう思いがあります。
      ディズニーランドもしばらくぶりに行ってみたいし、最近東京に行ってないので。

      なので、オフ会のチェックはしておきますね。

      平日は時間がなかなかないので、土日にゆっくり拝見させていただきますね。

      では、また。

      123

      削除
    3. まるとんです。

      オフ会、考えていらっしゃるんですね。ありがとうございます。

      まだまだ日程を決めるのは先でもいいかと思っているのですが、ひょっとしたら参加するかもしれないという人や、もしこんな条件で開催したら参加できるかもしれないんだけどというのがあったらコメント広場の「関東地方」のところにオフ会について書いたコメントがあるのでその返信に一言書いてみてくださいね。まだ先なので出れるかどうかはっきりしなくてもまだいいです。正式な案内は日程が決まってからかけます。
      ちなみに10月には3連休があるからもし集まるようならそこにしようかなぁということもちょっと考えています。
      また、もしそこにコメントをするのであればもう一つ同じようにコメント広場にある「みなさんへのアンケート」への記載も合わせてお願いをします。差支えない範囲だけで十分なのですが、ETSを受けた人限定で考えていますからETSとどう関わってきたかをそこを見て判断できたらと思ってます。正式な募集は日程を決めてからメールで受け付けるつもりですが今からメールで要望をいただいたとしてもフェアに聞くことができないかもしれなくて困ってしまうためです。
      前回はブログからいらしたのは二人だけだったのでそんなにたくさんにはならないと思っているのですが、少ないならできるだけ考慮しようと思ってます。

      では。
      まるとん

      削除
  2. 3連休でも構いません。
    先の日程なので予定はないのでどこでも大丈夫です。
    出来るだけ早く日程を決めていただければ、その分安く購入出来るので助かります。
    正規値段では飛べそうにないので・・・
    スミマセンm(_ _)m

    123

    返信削除
    返信
    1. ご連絡ありがとうございます。
      1週間ほど希望日程を受け付けようと思いますので、いつでも良かったとしても先に買いたコメント広場の「関東地方」の所へ書いていただけばと思います。都合のよい日程があればそれも含めて書いていただけたらと思います。普通にオフ会だけだったら10月になってれば大丈夫じゃないかと思うのですが、もし観光を考慮した場合、関東も10月上旬はそこそこ暑いかもしれないです。
      まるとん

      削除
  3. 早急に配慮頂きありがとうございます。
    「関東地方」及び「アンケート」の書き込みをしないと始まらないですね。
    土日に書き込み出来たらしたい思います。
    オフ会は、1日休暇を取って最低3連休にして行ければと思ったんですが、自分の思い通りに休暇申請が通るかも分からないですけど、とりあえず希望日程を考えて書き込みをしますね。

    123

    返信削除
    返信
    1. お手数おかけします。
      希望する人がいらっしゃればみんなに来ていただきたいものの、ややこしいことになるのは心配なんですね。
      ですからネットへの書き込みを気にする方がいるかもとは思うのですが、そのくらいのことはできる方と考えてのことです。
      では、よろしくお願いしますね。
      まるとん

      削除