コメント広場利用の注意

コメント広場利用の際にはアンケートの記載を必須にします。その後そのハンドル名を利用してください。

2014年10月13日月曜日

ETS手術・代償性発汗・リバーサル手術関連 コメント広場 Page.6


コメントのための専用ページです。6ページ目を作りました。
私のお答えできる範囲ということであれば質問もお答えしますし、感想や意見、ご自身の対策や体験などを書いていただりといったことにも使っていただけたらと思います。
特別私宛てにコメントしたものでないものについては私はスルーします。返信の書き込みとかもみなさんでしていただいたりと掲示板の様に利用していただけたらと思います。
万一トラブルの種となるようでしたらコメントを承認制にしたりこのページを削除したりする可能性もありますので、そこはあらかじめご了承ください。

12 件のコメント:

  1. まるとんです。

    今リバーサル手術を受けるためにフィンランドのドクターに問い合わせをしている友人がいて、12月10日で受けることになったそうなのですが、同じ日に別の日本人がリバーサルを受ける予定になっているということを聞きました。
    「まるとんさんその方ご存じですか?」と友人から聞かれて、それで分かったことなんですけどね。
    もし良かったら、連絡をいただけたらうれしいです。

    もちろん私はブログをしてはいるものの、あくまで立場はフィンランドのリバーサル手術を受けた一患者ですから、私が知らなきゃいけないということはないです。
    きっと受けると決めた方は私のブログは見てくれているだろうと思っていますから、私が伝えたいことは伝わっているんじゃないかと思っています。
    私が知らないところでもそんな風にリバーサルを受けに行ってる人もたくさんいるのかもしれないなぁと思いました。

    それと、リバーサルを受けてない人がリバーサルをどう考えているんだろうかとか、これから受けるつもりという人がまだどのくらいいるのだろうかとか、そんなことを考えたりすることもあるんです。
    匿名の掲示板(したらば掲示板ですね)とかももちろんのぞいて見たりしているんですけどね。
    ここでももっと自由に書いてくれたらなぁともちょっと思っています。
    誰が書いたか分からない単発の質問やら否定的やらのコメントが付いたりするのがいやだし、リバーサル手術を信頼していなかったり否定的な人がいることももちろん知ってますから、ハンドル名ぐらいは名乗ってコメントをしてほしいなとは思ってるんですけど、別にそれで身元が割れるわけでも追求したいと思ってるわけでもないので、その程度に思って使って欲しいんです。
    ETSの経緯とか関わりを書いても良ければアンケートには書いてくれた方がうれしいです。

    来月受ける方の手術がうまくいくことを祈っています。

    では。
    まるとん

    返信削除
  2. お疲れ様です。 フィンランドの先生の方にメールしたのですが、返信がないのてすがどうしたら良いでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. まるとんです。
      リバーサル手術の申し込みですね。
      手続きの仕方についてはリバーサル手術について書いた記事の一覧にいろいろと書いてありますので、まずはもう1度良く読まれるのが良いと思います。

      リバーサル手術を行っているフィンランドのドクターへの連絡方法について というページがあります。
      こちらにドクターへの連絡の仕方が書いてあります。
      メールだけではダメで、病院の Web サイトにある評価フォームへの記載が必ず必要となります。

      評価フォームも行っていたとして、もしメールをここ数日出したのだとすると、欧米ではクリスマスから新年空けるまでは休暇となる可能性もありますから、今の時期は休業中の可能性も高いです。
      もし再度連絡をするのなら、年が明けてからが良いと思います。
      では。
      まるとん

      削除
  3. Th2切除した場合でもリバーサル手術は
    受けられるのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. あつしさん

      まるとんです。

      あつしさんからはメールをいただいたりもしましたが、あえてメールではなくブログを使うようお願いをいたしました。

      リバーサルの申し込みの返信はいただけましたでしょうか?

      質問についてですが、まず私が受けたETSは右側がT3とT4の切除で、左側がT2とT3の切除でした。
      T2切除でリバーサルを受けに行った何人もの友人がいます。

      だけど、T2 の切除でリバーサル手術を受けに行ったけど、全部はつなげなれなかったという人もいます。
      こちらの tom さんのコメント を読んでみてください。

      今までにはリバーサルを受けに行ったけど神経を繋げられなかったという人、一部しか繋げられなかったという人はいます。
      うまくいくかどうかは事前の検査で調べることはできないそうで、現地に行って実際に手術をするまで分からないんじゃないかと思います。
      というのも、手術前のモニタリングフォームにはどこを切除したか書く欄はあるけれどあくまで参考であって、実際に手術を行って胸の中を見て確認した上でどこが切除箇所かを特定し、どことどこをつなげるかの術式を決めると Dr. Telaranta から聞いたこともあるからです。
      もし神経が繋げられない場合にはETSで切除した傷口をきれいにする処置を行うそうです。そこには瘢痕組織(はんこんそしき)という壊死した組織があって、それをきれいに取り除くことで若干の改善が見込まれるということです。
      実際に神経を移植するよりも、より時間をかけて丁寧に処置を行うということです。

      手術費用は日本で支払いを済ませてからフィンランドへ受けに行きます。
      細かな処置内容の変化で追加の費用が必要になったり返金されたりというのは今まで何十人と受けに行ってますが聞いたことがないです。

      もしその他質問があったら書いていただければ、私の分かる範囲でお答えしますね。

      では。

      まるとん

      削除
    2. ありがとうございます。 すごく助かります。
      昨日ETS手術を受けた病院に行ってきたのですが、リバーサル手術の事は言いづらく診断書は
      もらえたのですが、手術した時のレントゲンはいらないのでしょうか?

      削除
    3. あつしさん

      まるとんです。

      私の時は手術の2日前にフィンランドに行き、前日はフィンランドの病院で検査をしてから手術を受けましたし、受けた後レントゲンを撮ってそれをドクターに送ったりもしました。
      昔受けた人の中には日本で検査をしてから検査結果を持ってリバーサル手術を受けに行った人もいました。

      でも、今はリバーサルを受けに行く前に病院でレントゲンを取ったり事前の検査をしたりということは言われないと思います。
      そしてフィンランドに行き、手術前、手術前日かもしくは手術当日の朝にミーティングをし、そのまま手術を行っています。つまり、現地でも手術前の検査というのはしないと思います。
      恐らく今フィンランドで受ける方は(方針が変わらない限り)そうなると思います。

      では。

      まるとん

      削除
    4. ありがとうございます。リバーサル手術の事は言いづらくて。
      フィンエアーの費用はどれくらいなのでしょうか?

      削除
    5. まるとんです。
      フィンエアーのサイトで確認できますよ。

      フィンエアーのサイト
      http://www.finnair.com/jp/jp/home-page
      ここで、出発地のボックスには NRT(成田空港)、KIX(関空-関西国際空港)、NGO(名古屋-中部国際空港)を入力し、目的地のボックスにはHEL(ヘルシンキヴァンター空港)、それと日付をとりあえず適当に、これらを入力して検索してみると分かります。

      今見たところ、2月の便は往復でも10万を割るようですが、夏のシーズンだともっと高くなります。

      あつしさんには 私のブログのアンケートページ への記載をお願いします。
      このブログのルールとなっています。

      では。
      まるとん

      削除
    6. まるとんです。
      あと、補足なのですが、胸部のレントゲンでは交感神経は写らないので、レントゲンを見てETSの切除箇所を確認することはできないということを友人から聞いたことがあります。

      ETSの手術の後にレントゲンを撮るのはETSの切除箇所の確認をするためではなく、手術時に肺の空気を抜いてつぶして処置を行っているために、それが術後ちゃんと良くなっているかとかそんなことを確認するためということを聞きました。

      なので、ETSの手術直後のレントゲンを見るのは今のあつしさんにとってはあまり必要なものではないんじゃないかと思います。
      ※もし間違ってるっていう場合には教えてくださいね。

      では。
      まるとん

      削除