コメント広場利用の注意

コメント広場利用の際にはアンケートの記載を必須にします。その後そのハンドル名を利用してください。

2016年10月29日土曜日

ETS手術後の冷たい手

まるとんです。

今日は寒かったです。
今はもうそれほどではないものの、代償性発汗がひどかった頃の思い出としては、10月半ばまでダメで要注意でした。確かに先週は暑かったですね。

今日寒くなって分かったのは、右手だけとても冷たかったことです。まだまだこれは今年も良くなってないなと思いました。

私はETS後に手が冷たくなるのは交感神経の影響だと思っています。
もし血液の巡りが体温を作っているならば、ETSを受けた人の大多数が共通して手が冷たくなるのはおかしいのです。そして血液が熱を持つのなら、発熱する場所が心臓ということになり、これもおかしな気がします。心臓部を触っても特別熱いわけじゃないからです。

過去に私は神経の移動を感じるときに、背中で熱い塊が発生して、それが上半身へ移動することがあったと何度も書きました。
つまり、神経は流れていて、体温も神経が流れることによって作られていると思っています。

この考えは代償性発汗が起きるときにもあてはまります。
代償性発汗が起きるとき、私は背中が発熱しました。これは交感神経が活発になり、本来は上半身へ流れていくべきものが背中に留まるために起きていると思っています。

普通の人は冬に暖房にあたると耳たぶが熱くなったり顔がほてったりします。だけどETSを受けるとそれがなくなり背中が発熱します。これも顔に向かう交感神経が減るためということです。

これらから私が考えたことは、体温は血流ではなく、交感神経が担っているということです。

では。

まるとん

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

0 件のコメント:

コメントを投稿