コメント広場利用の注意

コメント広場利用の際にはアンケートの記載を必須にします。その後そのハンドル名を利用してください。

2015年3月15日日曜日

今日は私の誕生日、そして今日の神経の流れる感触(3/15)

今日3月15日は私の誕生日。
ケーキを食べました。
不二家のロールケーキです。

私は ETS 以降もリバーサルを受けてからも甘いものの味覚性発汗がほとんどでなかったので、甘いものは特に気にせず食べることができます。

甘くておいしいロールケーキでした。

あと、暖かくなってきたのでジョギングを再開しました。
汗の出方ですが、汗でびっしょりになったもののずいぶんと減っていました。
シャツが染みる程度だけどたれるほどにはなりませんでした。
暖かくなったとはいえどまだまだ寒いですから、そのせいもあるかもしれないです。

ジョギングした後はお風呂に入りました。
いつもは腕に神経が流れる感じがするのですが、今日は腕よりも頭に流れる感じが強かったです。
頭のてっぺんで円形に流れていて、何か輪っか状のものを頭に乗せた感じがしていました。

では。

まるとん

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

2015年3月9日月曜日

今日の神経の流れる感触(3/8)、リバーサル手術の後で私が感じている「神経が流れる感触」について⑪

3月になり、少しあたたかくなってきました。

季節替わりは例年調子を落としがちなのですが、今年も同様で、昨日の土曜、今日の日曜は大半を家でおとなしくして過ごしました。

右肩、そして両腕へ流れる神経がずっと激しくて、砂時計のような流れを感じています。

ときに肩が引っ張られます。
ときに左手に広がるように流れ込みます。
ときに右腕の中にある管に流れます。
ときに頭、頭皮の内側に流れるのを感じます。

肩でぽきぽきとひっかかっていた部分はまだ若干ひっかかるのを感じることがあるものの、ほとんどの時はスムーズに流れます。

ETSで切除した箇所をリバーサルでつなげた神経の回復というのは、ちょっとずつ延びて再生するのではなく、枯れて折れ曲がった箇所が数百、数千と無数にあって、つながり易い小さなところから、ひとつづつひとつづつ流れを取り戻していきます。
太い管が枯れて折れ曲がっちゃった肩の部分は簡単には流れが取り戻せなくて、汗をかいたり緊張したり運動したりしたときの、交感神経が激しく流れる勢いを借りて、徐々に徐々にスムーズに流れるようになっていきます。

昨日は夜横になったものの、神経の流れが激しくてムカムカして、明け方まで寝れなかったです。
今日はお腹背中の胸部以下の神経全部が浮くような感じがしました。
そしてお風呂入ってから、どばっと大量の汗が噴き出るように出ました。
また神経の流れは激しくなりそうです。

今日は違和感があるぐらいに手が乾いていました。
今もそうなのですががさがさで、プールに上がった時のような手になっています。

今リバーサル手術を受けて13年2ヶ月、リバーサル手術を受けてもその回復にはものすごい時間がかかっています。

では。

まるとん

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る