コメント広場利用の注意

コメント広場利用の際にはアンケートの記載を必須にします。その後そのハンドル名を利用してください。

2011年7月6日水曜日

【新・金魚板#2】** 夏が近づいてきましたね **(2011/07/06)

************************************************************************************
これは新・金魚板という掲示板に昔私がコメントしたデータのバックアップです ************************************************************************************
新・金魚板はまだ存在しているのですが、リバーサル手術を受けた後の私の回復の状況を時系列で載せたかったため掲示板の管理人さんに私の書き込んだコメントのデータを転載することについてお話し、私の責任にて公開することの許可をいただいたので、ここに掲載します。

なお、新・金魚板のアドレスは下記になります。
http://www3.rocketbbs.com/601/kinbbs.html


夏が近づいてきましたね
まるとん  ( * / M A I L )  2011/07/06

まるとんです。

今年も夏が近づいてきましたね。今年は既に6月から30度を超える真夏日を迎え、さらには節電ムードが漂っていることから空調も厳しくと非常に辛い状況ですが、みなさんはいかがでしょうか。

私はリバーサル手術を受けてもうこれから10回目の夏を迎えることとなります。
回復については今までと同様で左胸はつながった感触があり、かつ右胸はまだ今も回復の過程にいる所です。

ここ最近は連日ジョギングをしているのですが、運動をすることで回復がより進むことを実感しています。今まで私はリバーサル手術を受けて以来、つなげた箇所を通じた神経の移動を感じていることを何度もお伝えしているのですが、運動する頻度を上げてからより神経の移動が速くなってきているのを感じています。運動することはリバーサル後のリハビリとしては非常に効果的だと思います。

そしてジョギングをすると顔や頭からも汗をかきます。
左胸部の神経移植した箇所は感触で言えば既につながりきっているとお伝えしたことがありますが、それに伴い左腕および左手の方が汗の量はその右の箇所に比べて若干ですが汗は多くでます。また頭部で言えば反対で右半分で汗が多くでます。それは鼻がしら、こめかみ、ほおのあたりでそのように感じています。左胸部の神経の影響は右頭部に、右胸部の神経の影響は左頭部に影響が出ると聞いたことがありますが、私も回復の過程でそのようなことを感じています。

とは言えど反対の右手についてですが右手もかなりすべすべ感のある手となってきました。以前の金魚板のコメントでは左手はすべすべ感がある位で右手はさらさらな感じとコメントをしたことがありますが、両手ともすべすべな手になったと言っていいと思います。左手はべたべた感がある位かなぁ。。。
いずれにせよリバーサル手術を受けて9年半経ち、やっと両手とも湿り気の戻ったとても望ましい手になったと言って良いと思います。もちろんまだ代償性発汗は残っていますので、さらなる代償性発汗の減少に伴う手の汗の増加は個人的には受け入れる覚悟ができていますし、そうなって欲しいです。

また、今までと大きく生活面で異なった所と言えば、冷房の使用頻度が減りました。去年までのこの時期は既にエアコン必須で睡眠を取っていましたが、今も窓全開にはするものの、エアコンなしで夜を過ごしています。寝汗も2、3度だけ感じた日が実はあるのですが、その程度であり、自然の風で寝れることがとても快適になりました。

まだまだ本物の夏を過ごすと感想は変わるかもしれませんが、現時点でのコメントとしてはこのような感じだということで読んでいただけるとうれしいです。

では。

まるとん

--------------------------------------------------------------
続きはこちら
--------------------------------------------------------------
【新・金魚板#3】** はじめまして **
http://marumarutonton.blogspot.jp/2012/06/3-20110802.html



新・金魚板のコメントを初めからみる
【新・金魚板#1】** まるとんです。 **
http://marumarutonton.blogspot.jp/2012/06/1-20110603.html

(新・金魚板ではなくて)金魚板のバックアップはこちらから
【金魚板#1】** リバーサル手術を受けたいと考えている方へ **
http://marumarutonton.blogspot.jp/2012/06/1-20050318.html