コメント広場利用の注意

コメント広場利用の際にはアンケートの記載を必須にします。その後そのハンドル名を利用してください。

2015年1月26日月曜日

今日の神経の流れる感触(1/25)

今日は映画を見に行ってきました。

映画館って独特の雰囲気があるから、気圧か何かの変化なのか単に緊張するのか分からないのですが、神経が強く流れるのを感じます。昔映画を見てる時にパニックが起きたこともあったりします。

今日もそんな感じで激しくなったのですが、ものすごい眠気に襲われて多分5分かそこらだと思うのですが、、、寝ちゃいました。
そして目が覚めてから、肩から先に向かう神経が激しく流れだしたんです。
指先までつながって流れてました。
そんなときに腰から下の足全体が痺れて、上に向かって神経が流れる感じがしていました。
その後は両手を腕かけに置いて、深く腰掛けて映画を見ていました。

以前はそういったことが起きる予兆があって、そしてパニックが起きたりもしつつ、どばっと汗が出るのに伴って上半身へ向かって神経が流れていたのですが、最近の予兆は眠気に襲われることが多いです。その代わり汗が出たりということは起きずに神経が激しく流れたりしています。

私の考えで言えば、神経がつながってきていて、スムーズになってきているからこそ症状が変わってきているんだと思っています。

このまま早く良くなってくれたらなと思ってます。

では。

まるとん

2015年1月25日日曜日

ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について⑥-2

この記事は ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について⑥-1 からの続きです。

「ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について」は【リバーサル手術について】のページにまとめて置いてあります。


Author: Soda
#11
2006.07.02
Title: Re: Report #1
Hi,

Here is a brief report. It has almost been three weeks since I had surgery.
ここに簡単なレポートを乗せます。私が手術を受けてだいたい3週間が経ちました。

Feet: Back to pre ETS state, which is cold. My feet were burning hot and sweaty after ETS (very unpleasant). I am very happy about this change.
足先: ETS 前の状態に戻っていて、冷たいです。私の足は ETS の後、熱くそして汗ばむようになりました。(とても不快でした)。この変化についてはうれしいです。

I can not comment on changes in sweating, since I have been wearing sandals most of the time after surgery.
汗の状態についての変化はまだコメントできません。というのも手術の後、大半の時間をサンダルを履いて過ごしているからです。

Legs: Fewer problems with sweating. No sweat through pants, yet.
脚: 汗の問題はほとんど残ってないです。ズボンを通じて出てくる汗もまだないです。

Groin: Sweat problem has not appeared. This area is now moist and feels OK.
股: 汗の問題は現れてないです。この場所は今も湿ってますが、それでも大丈夫です。

Hands: Moist between fingers. Otherwise hands are as before (dry).
手: 指の間に湿り気があります。だけど、手全体で言えば、以前のまま(乾いた状態)です。

Chest/Back: Still sweat much in certain "high-risk" situations, such as walking rapidly in a hot/sunny/humid environment for more than one hour.
胸・背中: 暑かったり、太陽の出ているところだったり、蒸していたり、といったところで早歩きをするとか、そういった汗の出る "リスクの非常に高い" 状況であれば、今だ大量の汗をかきます。

Still, the chest and back are drier now. I have noticed this in situations where I previously would sweat through a t-shirt. I used to sweat in the summer at home eating or watching TV. This has not happened post surgery, yet.
でも今は胸も背中も乾いています。今の状況は以前ならTシャツを通じて汗をかいていたということが分かっています。夏には家でご飯を食べたりテレビを見たりするときでも汗をかいていました。手術後今のところはそういったことは起きていません。

Head/Face: Dry. No sweat. No improvement.
頭・顔: 乾いてます。全く汗をかいていないです。改善なし。

--
Misc areas which dried up after ETS and are moist now:
Neck.
Hollow of the knee.
Waist (front).
ETS の後乾いていたいろいろな場所で、今は湿るようになっています。
首、ひざのくぼみ、腰(の正面)
--
Regards,
Soda

ここからいくつかSoda さんを応援するコメントが続きますがそこはスキップします。

Author: Soda
#15
2006.08.03
Title: Re: bump bump
Hi Alvin :D

Not much have changed in my condition since my last post. I only have a few observations to add.
私の最後の投稿をしてから状況の変化はあまりないですが、経過観察においてちょっとだけ付け加えることがあります。

--
Feet OK (in pre ETS condition)
足先: 良好(ETS 前の状態です)

Legs OK (no sweat through pants, yet)
脚: 良好(今のところズボンを通じて汗がでるまでにはなっていない)

Groin OK (this area was really bad before. It was expensive to buy new pants every now and then because they became worn out)
股: 良好(この場所は以前は本当にひどかった。ズボンはすぐくたくたになってしまってしょっちゅう買い替えていて高くついていました。)

Hands - OK
手のひら: 良好

Head/Face - No improvement.
頭・顔: 変化なし
--

Chest/Back - Minor improvements:
I still experience a lot of CS when I move about outside a hot/humid summer day. I have less CS on the chest compared to the back. Recently I have noticed that I sweat less on my left side (back and armpit). Another observation I have made is that the kick-off (start) areas for CS on the back and chest have moved upwards.
胸・背中: ちょっと変化がありました。
夏の日、暑く蒸した外に出て体を動かすと、大量の代償性発汗がいまだ出ます。背中と比べると胸の方が代償性発汗は少ないです。最近(背中とか脇の部分で)左側の代償性発汗が少ないことに気が付きました。もう1つ気づいたことは、代償性発汗が最初に出はじめる場所というのが背中とか胸の場所の中で上の方に移動しました。
--

I did a test a week ago when I walked home from work 9 km (5.5 miles). It was 38c (102 Fahrenheit) and a tropical humidity. I sweated profusely from the back and chest (more on back). The other regions were ok. No sweat throughs.
私は1週間前、職場から 9km の距離を試しに歩いて家まで帰ってみました。外は 38℃で、熱帯のように暑く蒸していました。背中も胸も(胸は背中以上に)ものすごい量の汗をかきました。他の場所は大丈夫でした。汗がにじみ出たりはしなかったです。

Take care.

regards
Soda


Author: PeterAUS
#17
2006.08.03
Title: Re: ETS reversal experience, maybe of interest to some
"Still, I am considering writing down three events which I have experienced so far after surgery. There is one nightmare moment, one "the most depressing so far" and one hopeful."
以前あなたは次のように書きました。
"手術を受けて以来、私が経験した3つのイベントを書き留めておこうと思います。一つは悪夢の瞬間、次は これまでにもっとも落ち込んだということ、そして、希望 です。"

Soda I gotta agree with Arch it does seem like your 'reversal' has provided some limited relief, which is better than none.
Soda さん、私は前に Archangel31 さんが書いたコメントと同意見です。あなたの受けたリバーサルは限られたある程度の安心しか得られないもののようですね。

Do you care to elaborate on the above you mentioned earlier?
以前書いてくれたことについて、もっと詳しく述べてもらえますでしょうか?

Cheers,
Pete


Author: Soda
#18
2006.08.05
Title: Re: ETS reversal experience, maybe of interest to some
Pete,

I decided not to write about those "events" because I felt that they served no purpose in a forum post. At the time they were big events to me. Today they are not. Anyways here they are. See below.
私はこれらの3つの "イベント" のことについて書かないことに決めました。というのは、このフォーラムへ投稿することが何の目的も果たさないと感じたからです。その時、私にとって大きなイベントでした。今ではもうないものです。とにかくここに書くので、下記を参照してください。

----------------
Diary (excerpts)
日記: 抜粋
----------------
June 13 (Tue): Surgery day. Walked from the hotel to the clinic (ten minute walk)......more text.........
6/13(火): 手術日。ホテルから病院まで歩いて行きました。(10分ほどでした。)。。。。いろいろ書きました。。。

June 14 (Wed): ...................more text..........
6/14(水): 。。。。いろいろと書きました。。。。

Hopeful: 希望
June 15 (Thur): +32C outside. I am sweaty in some places, as before surgery. Groin not so much sweat tough. Hopefully it stays that way.
6/15(木): 外は 32℃。手術前と同様にあちこちの場所で汗をかきました。股の部分はそれほどたくさんというほどじゃなかった。そのように留まっていけばと、希望を持って。。

Depressed: がっかり
June 15 (Thur): Depressed after a town visit where I walked around (+32C) and started to sweat on legs, chest and back.
6/15(木): (32℃の)街の中を散歩して、脚、胸、背中に汗をかきだした。がっかりした。

Feet cold though. Afternoon. I realized how much better I felt compared to the previous day. Post surgery recovery is coming along fine. Groin normal. Good.
足先は冷えていた。午後、私は前日に感じたのと比べてとても良くなっているのを実感しました。術後の回復が順調にやってきた。股も正常。良好。
                                                
Nightmare: 悪夢
June 16 (Fri): Three days after surgery. Severe sweat burst (chest and back) attack at hotel breakfast. Went up to room and changed t-shirt. This event is a real shocker to me, since I never have had this experience before (pre or post ETS). I was perfectly cool having breakfast and all of a sudden this! I know my ETS-body well enough to know to hear the alarm bells in time. Not now. I hope that this was a post surgery freak experience, if not I am worse off than before surgery. Keep thinking about this.
6/16(金): 手術をして3日経ちました。ホテルで朝食を食べていたら(胸と背中に)汗がどばっと出てきました。部屋に戻り、Tシャツを着替えました。このイベントは私には本当にショックだった。こんな経験をしたのはETSの前にも後にもないものだったからです。私は朝食を食べる間も涼しい状態に保っていたのですが、突然にやってきました。私は自分のETS後の体を十分に知っていて、(汗が出るための)警鐘が鳴っているのを時間内に判断する事ができます。今はそうではない。これが手術前よりも悪くなるものでないもので、術後に起きる特別な経験だったと思っています。これについて考え続けています。。。

June 17 (Sat): ...................more text..........
6/16(土):。。。。いろいろと書きました。。。。

--------
cheers,
Soda

この内容のコメントは ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について⑥-1 のところにあります。

Author: avocawest
#20
2006.08.11
Title: Re: to soda
hi soda.
im a new member,and this is a new post.
私は新しくメンバーになりました。そしてこれが最初の投稿です。

i have three questions for you.
あなたに3つの質問があります。

did the hotel breakfast incident reoccur after this one time?
このホテルの朝食で起きた出来事と同じものが再度起きたりしましたか?

can you inform me if you d had any pain in the chest post reversl pcdure?(any complications? no too much blood?)
リバーサル手術後に、胸に痛みを持ったりしたことがあったかどうかを教えてくれますか?(合併症があったかどうかとか?血がたくさん出たりしたかどうかとか?)

did you need to take any medications after you got bck home after reversal? (pain killers, or any other medications)
リバーサルの後、帰宅してから、何か薬を飲む必要とかはありましたか?(痛み止めとかまたはその他の薬。)

Id like to know what should be expceted post-reversal, so if you can advise me, i would be very pleased.
私はリバーサルの後、どんなことが期待できるのか、それを知りたいです。だから、もし何か私にアドバイスできるものがあって教えてもらえれば、私はうれしいです。


Author: Soda
#21
2006.08.11
Title: Re: to soda
hi Avoca,
avocawest さん

1. the breakfast event has not appeared again.
1.朝食で汗をかく出来事はそれ以来は起きていないです。

2. after surgery I felt the entrance points on both sides of the chest. I had to rest and sleep on my back because of this.
The next day I could rest and sleep on my side. I did not have to take any painkillers. I talked about this with the other patient and he had a similiar experience.
They warn you of chest pain before the surgery. I would rather describe it as a pressure on the mid section.
2.手術の後、胸の両サイドの傷あとに痛みを感じました。私は休まねばならなかったのですが、この痛みのため背中を上にして寝なくてはならなかった。
翌日、私は休めたわけですが、いつもの向きで寝る事ができました。痛み止めは飲む必要はなかった。他の患者ともこのことについては話しましたが、彼も似たような感じでした。

3. I did not take any medications after.
3.それ以降も何の薬も飲んでいないです。

Also, I experienced numbness to the chest, upper arms (back side) and arm pits after the surgery. This numbness took several weeks to disappear.
また、手術のあと、胸、(上腕裏側)、脇に痺れもありました。この痺れは消えるのに数週間かかりました。

It is still lingering in one area (the right upper arm).
あるところでは、(右腕なのですが)、いまだに痺れが続いています。

take care.

/soda



切りが悪いのですが、ちょっと長いので、ここで区切ります。

あとほんのちょっと続きます。

ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について⑥-3 につづく。

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

2015年1月20日火曜日

今日の神経の流れる感触(1/20)

今日もお風呂に入った時、頭からびっしょりと汗が出ました。
もう4,5日連続で出ていますから、頭の汗が増えたとはっきりと言い切ってよさそうです。

熱いお風呂に入ると、すぐ肩、手、頭に神経が流れる感じがします。
その流れが伝わって、後頭部で感じるあたり一帯から、汗がじわっーと出てきます。
毛穴が広がって、そこから汗がだらだらと出てくる感じです。
髪の毛がびっしょりになるまで汗が出てきて、すごく気持ち良かったです。
手のひらで首の裏を触ると、そこもびっしょりでした。お風呂のお湯とは違ってちょっとぬるっとした感じでした。汗だなと思ったわけだけど、それよりも、昔かいていた汗はこんなぬるっとした感じの汗を顔じゅうにかいていたっけかなぁと、そんなことを考えてました。

リバーサルを受けて13年経って最初に感じた変化は頭の汗がまた増えたことでした。

では。

まるとん

2015年1月19日月曜日

ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について⑥-1

ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について、6つめは 恐らくみなさんが興味を持っているであろう、ETS リバーサル手術の経験 というタイトルです。

Topic Title: ETS reversal experience, maybe of interest to some
恐らくみなさんが興味を持っているであろう、ETS リバーサル手術の経験

※「ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について」は【リバーサル手術について】のページにまとめて置いてあります。

Author: Soda
2006.06.19
Title: ETS reversal experience, maybe of interest to some
Hi,

I had my ETS in 1999.
私は 1999 年に ETS をしました。

I had the "reversal" on June 13 (2006) performed by dr Teleranta in Italy.
私は 2006 年 6 月13日にイタリアで Dr. Telaranta によってリバーサルをしました。

I can enter some notes on how things develop, if anyone is interested.
もし興味を持っている人がここにいるようであれば、どのように改善していくのかについて書き留めていこうと思います。

regards,
soda

補足
リバーサルを受けて1週間でコメントされています。
Dr. Telaranta はフィンランドのドクターですが、イタリアのメラーナという所にも拠点を持っていて、実際にイタリアで手術をした友人もいます。


Author: csmess
2006.06.19
Title: Re: ETS reversal experience, maybe of interest to some
Hi Soda,

Welcome. We would love to hear about your experience.
良く来てくれました。あなたの経験について聞きたいです。

The more first hand information people have, the better.
最初の一手目の情報から出してくれるのがうれしいです。

補足
この人は既にリバーサルを受けています。
結果には満足しておらず否定的に考えています。


Author: Dripping Silver
2006.06.19
Title: Re: ETS reversal experience, maybe of interest to some
Hi Soda,
Welcome to our community. Of course we're interested, please do tell us more.
私達のコミュニティに良く来てくれました。もちろん、私達は関心を持っています。是非もっと私たちに話してください。

What were the reasons you decided to have a reversal? Did Teleranta do your original ETS? Did he do a surnal nerve reversal or ICNG?
あなたがリバーサルを決めた理由は何ですか?Telaranta は最初の ETS 手術も執刀したんですか?ふくらはぎのリバーサルですか、それとも肋間神経移植ですか?

Any details would be very, very helpful for our members.
どんな情報であってもとってもとっても私達メンバーの参考になります。

Thank you for offering to tell them more.
たくさんのことを教えていただけることに対して、感謝いたします。

Carole


Author: Soda
2006.06.19
Title: Re: ETS reversal experience, maybe of interest to some
Hi again,

My reason for having a "reversal". I had my ETS in 1999 for facial blushing. I began to suffer from CS (chest and back). I could handle that with clothing and anti sweat lotions.
私がリバーサルをした理由。私は赤面症で1999年にETSをしました。そして代償性発汗(胸と背中)に苦しむようになりました。服とか制汗ローションで何とかすることができていました。

Two years ago I started to sweat in the groin. A year ago I started to sweat on the legs. Although the legs started to sweat only in extreme conditions (high temperatures) it was annoying. I concluded that my situation was only getting worse. I started to look for treatment.
2年前、私は股の部分で汗が出始めました。去年は足に汗をかきはじめました。(気温が特に高いといった)極端な条件のときだけなのですが、足に汗をかくということにとても悩むことになりました。私の状況と言うのは悪い方向に進んでいるという結論に至りました。これを何とかしたいと思うようになりました。

Teleranta did not do my original ETS.
Telaranta が ETS をしたのではないです。

The procedure I went through now was:
私が行った処置についてですが:

"Reconstruction of the sympathetic nerval system, with nerve transplants plus a nerve transposition with intercostal nerves. Endoscopy is used."
肋間神経を使った神経移植で交感神経系の再構築を図るものでした。内視鏡で行いました。

I have noticed several changes after the surgery. However, I am a bit cautious of sharing them since so short time has passed and I am afraid that the changes might be temporary.
術後いくつかの変化があったことに気づきました。しかし、手術をしてまだ短い時間しか経っていないこと、それとひょっとしたら一時的な変化かもしれないとの不安もあることから、この話を共有することをためらっています。

regards,
soda


Author: alvinsduckie
2006.06.20
Title: Re: ETS reversal experience, maybe of interest to some
hey soda

thanks for joining and sharing with us
ここへの参加、そして話を共有してくれてありがとう。

was curious--were you cut or clamped? which level (if you know)
did you have fatigue after ETS? is it any better/worse now? (taking into account it's been a recent OP for you)
ちょっと気になるんですが、、切除ですかそれともクランプだったんですか?(もし知ってたら)レベルは?ETS の後の疲労感はどうでしたか?(あなたがごく最近に手術をしたばかりということを考慮して、)今は良くなったこと、悪くなったことなんてありますか?

thanks again!!


Author: gonzalo
2006.06.20
Title: Re: ETS reversal experience, maybe of interest to some
Hi Soda
I have the same doubt that Alvinsduckie.
私も Alvinsduckie さんと同じ疑問を持っています。

Do you know if your nerves were removed or just cut?
And now, are you able to sweat from your face or head?
あなたは神経が取り除かれたのか、切られたのか、知ってますか?
顔や頭から汗を今はかくようになれましたか?


Author: Soda
2006.06.20
Title: Re: ETS reversal experience, maybe of interest to some
Thank you Csmess, Silver and Alvin!

I got a lot of information from this community before taking my decision. I read a lot of your and others comments on ETS/Reversals. For me it this is a chance to give something back. Good or bad information, whatever it may be to you.
私は決断をする前、このコミュニティでたくさんの情報を得ることができました。私は ETS についてリバーサルについて、あなたたちの、それと他のたくさんの人達のコメントを見ました。私にとって、これが元に戻る可能性だったんです。いい話もわるい話も、どんなものであったとしても。。

Now, my ETS was a cut. The irreversible one, or one of those Tx you are refering I think. The ETS was performed in Sweden 1999.
で、私の ETS は切除になります。不可逆的なものですね。T-x で表記すると思うんですがそのうちの1つです。ETS はスウェーデンで1999年にしました。

Alvin, in answer to your question regarding fatigue: I feel stronger in my upper body and arms now. It is too early to say though. I would put my statement the category "wishful thinking".
Alvin さん、疲労感のことについての質問の返事です:今私は上半身、腕の部分で強い感触があります。そう言い切るにはまだちょっと早すぎるかもしれないです。この表現には 希望的な考え も含んでいます。

I am keeping a diary from the day before the surgery so I may not forget any important event regarding changes to my medical condition.
手術をする前の日から日記を書き続けています。私のメディカルな状況の変化について、重要なイベントがあったときにそれを忘れないようにしておくためだったりします。

Gonzalo: Like I stated in my second post I feel that it is too early to give my current condition. The reason for this is that my body still adapts, I have noticed, and especially since it may take a year until you can make a conclusion (at least that was what the doctor said).
Gonzalo さん:2つ目のコメントで書いたように、まだ私の現在の状況を言いきるにはちょっと早すぎると思っています。このように考える理由は私の体がまだ適用段階でにいるということが分かっています、それと結論を出すのには私は一年以上が必要だと思っているんです。(ドクターも少なくともそのくらいの期間が必要と言ってました。)

Still, I am considering writing down three events which I have experienced so far after surgery. There is one nightmare moment, one "the most depressing so far" and one hopeful.
手術を受けて以来、私が経験した3つのイベントを書き留めておこうと思います。一つは悪夢の瞬間、次は これまでにもっとも落ち込んだということ、そして、希望 です。

Laters,
Soda


Author: jinnjucz110
2006.06.20
Title: to soda!
welcome aboard, we are all glad to hear from someone like you,even if your information is limited at the time, i just had a quick question for you, you stated that you had a nerve grafted plus intercostal nerve flap , what is it that mr T did exactly do you know , did you have a sural nerve took from your ankle or was it all done with the intercostal nerve? also did you suffer from any type of pain before your reversal such as joint pain or muscle burning sensation, and if so did the reversal have any type of impact on these sideeffects? THANKS JIN

この掲示板に来てくれて、仮に今の時点では限られた範囲でしか伝えられないと言うことであっても、あなたみたいな経験を持った人から話が聞けるのがうれしいです。ちょっと簡単な質問があります。肋間神経を使った神経の移植をしたと書いてましたが、mr T(Telaranta)が行ったことを正確にあなたは知ってますか?ふくらはぎから神経を採取しましたか、あるいは肋間神経で全て行われましたか?関節痛とか筋肉の灼熱感といったようなある種の痛みはリバーサル前にあったでしょうか?もしそうだったら、リバーサルをしてこういった後遺症に対してなんらかの影響はありましたか? JIN


Author: Soda
2006.06.21
Title: Re: to soda!
Hi JIN,

I don't know exactly what mr T did. He explained it to me the day before surgery. I did not take notes though. In the beginning of this session with the doctor I asked if they were going to carve in my leg/ankle to get a nerve.
mt T が正確にどのように行ったかまでは私は知らないです。でも彼は私に手術の前日に説明をしてくれました。けど、メモは取らなかった。そのときのドクターとのセッションの始めに、私は足とかふくらはぎから神経を取るつもりかどうかを聞きました。

I was informed that this procedure was not going to used. Instead they were going to enter from both sides of the chest (endoscopy) and get everything done from there. Hence, in answer to your question: it was "all done with the intercostal nerve".
そのようなやり方は行っていないと説明を受けました。その代わり、彼らは(内視鏡で)胸の両側から入り、そこで全ての処置を行うと言いました。それ故、あなたの質問の答えとしては、すべての処置は胸の内側のみで行われるということになります。

I did not suffer from joint pain or muscle burning sensation before or after the surgery.
関節痛だとか筋肉の灼熱感といったものは手術前にも後にも無かったです。

I can also mention that my sweat levels were measured during this session with the doctor.
あと一つ付け加えるとすれば、ドクターと行ったその時のセッションで私の汗のレベルを計りました。

regards,
soda


Author: Leopardman45
2006.06.30
Title: Re: to soda!
Need reversal from my ETS (cut) olmost exactly one year ago. Hungry for information on outcome. Anything is apprieciated.
私はちょうど一年前にETS(切除)をして、リバーサルを必要としています。どんな結果になったのかの情報が欲しいです。どんなことでも、お願いします。


Author: schaefferbox
2006.07.1
Title: Re: ETS reversal experience, maybe of interest to some
If medication doesn't work for cs , wouldn't a reversal be worth a shot? Mine seems to be getting worse and worse over the last two years. I wonder if it is getting worse only because i am so focused on it or it just is. Don't know anymore. Soaking through my clothes right now typing on the computer. Any suggestions?
もし医学的な処置で代償性発汗を改善することができないなら、リバーサルをする価値なんてあるのでしょうか?私はこの2年を通じて、悪い方へ悪い方へ向かっています。悪くなっていると言うのが、それについて気にし過ぎているからなのか、それとも実際にそうなのか、疑問は尽きないです。これ以上は分からないです。パソコンにタイピングしている今も服はびしょびしょです。何か意見ありますか?



ここで区切ります。

次は Soda さんのレポートがあって、またコメントがいろいろと出てきます。

ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について⑥-2 につづく。

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

今日の神経の流れる感触(1/19)

前回の日記で体臭が気になることを書いて、仕事に行くのを心配したりもしていたのですが、今日週明けで出社しましたが、特に気にすることなく過ごしました。

週末すごく悩んで、ズボンや下着を買ったり、ネットでいろいろと調べてちょっとあやしいかもと思いながらも NULLA という消臭スプレーを買ったり、シャンプーやボディソープをちょっと高いやつに買い替えたり、そして今朝も下着を替えてから出社したりと、いろいろいろとやってました。。

でもやはり一過性のものだったみたいです。
先週のようにはなからなくて良かったです。

あと、神経の流れる感触が顔、頭にあるときですが、耳もとのあたりを流れるとき耳の奥がすごくかゆくなりそんなときは耳掃除をします。
耳あかが柔らかい人は多汗症の割合が多いようだという話を聞いたことがありますが、唾液とか涙とか手の汗とか耳あかとか、そういった分泌物は交感神経の流れに連動しているから可能性が高いということなんじゃないかと思っています。

では。

まるとん

2015年1月18日日曜日

ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について⑤-3

この記事は ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について⑤-2 からの続きです。

「ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について」は【リバーサル手術について】のページにまとめて置いてあります。


Author: SleepyMike
#15, 2012.09.26
Title: My reversal
Hey Everyone,
みなさんへ

I had my clamp reversal done by Dr. Connery last December 2011 (clips were put in June 2011) so I am coming up on about 10 months post reversal.
私は昨年2011年の12月に Dr. Connery によってクランプを外しました(クリップは2011年の6月にしました)。なので私はリバーサルを受けて10ヶ月ほど経とうとしているところです。

So far, I have to say I am pretty satisfied with the results.  I am able to sweat on my arms and a little bit on my hands.  That is a drastic improvement from where I was previously of no sweat whatsoever in those areas.
これまで、私はその結果について十分に満足しているということができます。腕に汗をかくこともできるし、手のひらにもちょっとの汗が戻りました。私が以前に全く汗をかかない場所だったので、これは劇的な変化になります。

Another issue I had prior to my reversal was severe fatigue and fogginess.
私がリバーサルを受ける前の他の問題というと、ひどい疲労感と視野がはっきりしないことでした。

I believe now I am better than I was in December but I am hoping and praying for more improvement.
私は12月の時の状態にくらべて今はもっと良くなっていると信じています。しかし、さらにもっと良くなることを望んでいて、そうなるよう祈っています。

I'm still a little out there on some things (like I'll zone out more than I did prior to ETS, but less than when I had the reversal) where I used to be on point and it's also a little hard for me to wake up sometimes (I know we all experience this, but this was like everyday prior to my reversal).
以前には出来ていたいくつかの点において不十分な所がまだあります(例えば、ぼーっとすることがETS以前よりもある、でもリバーサルをした時よりかは減っている。)。時々起き上がることが辛いこともあったりします(私達みなが経験することを知っています。しかしこれはリバーサル以前には毎日のようにあったことです)。

But I have to say that I am doing better than where I was previously.
しかし、私は以前にくらべてより良くなっているということが言い切れます。

Everyday is a struggle to get where I used to be but I won't stop until I get there.
以前出来ていたところまで辿り着くのに毎日が戦いです。しかし、私はそこにたどり着くまで立ち止まるつもりはありません。

I am working out consistently and eating healthy plus working full-time/returning to school in January to get my MBA.
私は絶え間なく働き、健康的に食事をし、加えてフルタイムで働いて1月には MBA を取得するために学校にも戻っています。

I'm a driven person and I refuse to let this get the best of me.
私は(情熱に)突き動かされた人であり、これが私のベストでもない。

Trust me guys, I know how hard this has been on us, but we have to keep fighting.
みなさんは私を信じて欲しい。これが私達にとってどんなに大変な状況か知っている。しかし私達は戦い続けなければいけない。

A positive attitude will help the healing process.
ポジティブな状況を言うと回復の過程にいるということです。

If you have any questions....send me a message on the website.
もし質問があれば、、Web サイト上で私にメッセージを送ってください。

I'll try to check back on this site a few times a month (I try not to think about the surgery too much anymore....and the less I'm on here, the less I'll think about it).
私は月に何度かはこのサイトに戻ってきてチェックしようと思います(この手術のことについてもうこれ以上たくさんは考え無いようにしています。。。そして、ここに来ないようになっていくことで、だんだん私もそれについて考えないようになるでしょう。)

Hope everyone is well and keep up the fight!
皆が良くなることを望んでいます。そして戦い続けてください。

Mike


Author: mitimatt
#16, 2012.09.27
Title: CS No Change for the better
Not sure how your doctor described diminished for you in terms of CS.  It does not diminish.
あなたの代償性発汗が減少するということをあなたの医者がどのように書いたのかは分からない。でも、汗は減少していない。

If you spend any amount of time on this forum, you'll see there are people who've been searching for a solution for years since their initial surgery.
あなたがこのフォーラム上でたくさんの時間をかければ、最初の手術を受けて以来何年もの間解決策を探している人がいるということが分かるでしょう。

No, nerve grafting is long from being an answer.
いいえ、神経移植は答えから遠く離れたものです。

If you speak with a wider variety of doctors, surgeons, I believe you will hear a much greater truth.
もしあなたが広く多様な医者とか外科医と話をすれば、あなたはもっと大きな意味での真実を聞くことができるんじゃないかということを私は信じています。

There still is not a perfected surgical approach to achieving nerve conductivity after nerve trauma, such as we've been dealt.
我々が受けたような神経の外傷を与えた後、手術をするアプローチで神経伝達を達成できる完璧なものは今のところ存在しない。

There are studies, most of them on animals, but nothing perfected, nothing quantifiable.
研究は存在しますが、大半は動物を使ったものです。しかし完璧なもの、数値で図れるものは存在しません。

So, your doctor may be speaking from optimism, but not from practical experience.
つまり、あなたの医者は実践的な経験に基づくものではなく楽観的な発言にすぎないかもしれません。

There  may be a solution in the future, but take into account this.
将来的には解決方法があるかもしれない、しかしこのことを考慮に入れるべきです。

Once those nerves have been cut, unless they are reattached within days/weeks of trauma, regeneraton is unlikely.
いったんこれらの神経を切ってしまえば、外傷をもってから数日とか数週間以内に接続し直さない限り、再生はありえないでしょう。

Also remember, reattaching the nerves does not mean successful conduction.
また次のことも覚えておいてください。神経をつなげるということが、神経伝達が成功するということを意味しているわけではない。

The contents of the nerves may perish due to lack of stimulation, and then there's the successful reattachment at the subcomponent level.
神経の中身が刺激の欠如によって滅んでいるかもしれない。でもサブコンポーネントのレベルでは再接続が成功しているかもしれない。

This isn't just tying string together, these' microcomponents have specific identities, and if not reattached correctly, will not function.
これは単に線で一緒に結ぼうとしているのではなく、これらのマイクロコンポーネントが特別なアイデンティティを持っているということを意味している。そしてもし正しく再接続されないのなら、それは正しく機能しない。

And then there's the areas that are affected due to loss of conduction..
そして、伝達できないことによって影響を受ける領域が存在する。

If I turn off a nerve function, that area formally stimulated by that nerve now needs to be stimulated by some other nerve/nerves or it will cease to operate properly.
もし神経の機能を停止してしまったなら、神経によって以前は刺激を受けていた領域は他の神経によって刺激を与えられることを必要としている、あるいは適切に働くことをやめてしまう。

So, if we're suffering from cs, it's because something in our bodies was turned off, heat tolerance whatever, and cannot be successfully be reengaged using today's surgical techniques.
だから、もし私達が代償性発汗に苦しんでいるならば、それは私達の体の何か熱に耐えるためのものが機能を停止しているからである。今日の外科的な技術で再活性化することができないものです。

We don't know how to turn it back on, that's why the cs does not diminish.
私達は汗を元に戻す方法を知らない。このような理由で代償性発汗を減少させることはできない。

So, your doctor, although a great story teller/optomist, is either not being very truthful or is highly suspect in the information she has given you.
すなわち、あなたの医者は話しがうまく楽観的に考えているが、真実をまったく分かっていないか、もしくは彼女があなたに与えた情報が著しく疑わしいのかのどちらかである。



と、以上になります。

見づらいし、ちょっとむずかしいかもしれないですね。

リバーサルを受けた人は数人出てきました。

1.リバーサルを受けてこれからどうなるだろうかと不安とか期待を持ってコメントしている人。(最初の投稿者:yllwjckt07)

2.リバーサルを受けたが全く効果が得られてないという人。汗が幾分減ったようだという人は多いが、QOL で改善出来たものはいないと否定的な主張が多い。(csmess)

3.クランプをしたが8日で外したばかりという人。外して1ヶ月後のコメントと書いていますが汗がたくさん出るようになったと書かれています。(frawldog)

4.クランプを外して10ヶ月ほど経ったという人。効果を得ていて必ず治ると強い意思でコメントしています。(SleepyMike)

※一番最後のコメントをした mitimatt という人はリバーサル手術には否定的で、リバーサルは受けないと他の所でコメントしていました。

いろんな意見があるけれど、どれが正しいかを議論したいと思ってまとめたわけではないです。でもいろんな状況の人、いろんな考えがあるのだというのが重要だと思っています。

私と同じようにリバーサル手術を受けて効果を得て満足している人の割合というのは本当に少ないのかもしれないと改めて思いました。
でも、ひょっとしたら全員ではないかもしれないけど、私は術後の運動だとかリハビリをすることによってもっと良くなれる人は多くいるんじゃないかって思ってます。自分なりにはやれるだけのことをやって回復してきたと思っているからです。

では。

まるとん

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

2015年1月17日土曜日

今日の神経の流れる感触(1/17)、そして神経の移動に伴う体臭のこと

前回このタイトルで日記を書いたのは1/4のことになります。

その時は顔、頭から汗が吹き出したことを書いたのですが、最近はお風呂に入ると肩から腕や頭への神経の流れる感触と共に、頭から普通にダラダラと止めどなく流れ続ける汗をかいています。

お風呂に浸かると早速肩の神経が激しく流れるのを感じます。それが頭にまで流れる感触まで感じるのですが、そうなると同時に、頭全体と額、鼻がしらから出る汗の量はもうびっしょりに汗が出ます。お風呂の時の頭の汗の出方については、完全に普通の人の汗の出方に戻ったんじゃないかと思います。

ここ数日でちょっと気になったことをいくつか並べて書いておきます。

木曜、金曜は雨が降りました。
雨が降ると、気圧の関係もあると思うのですが、神経の流れる感触も激しくなります。
今回のは今まで以上にものすごく激しかったです。右肩全体に痺れというか激痛がありました。
あと、ちょっと言いにくいことなのですが、ひどい体臭が出ました。
そんな調子だったので仕事を早退して家で休んでいました。

体臭が出たということについてなのですが、これも過去に何度かあったことで、多分交感神経の流れが変化していることで一過性に起きる症状の一つだと考えています。
そういった一過性の症状というのは、今までにいきなり目がしみてぼろぼろと涙が出ることとか、ドバっと背中から汗が出ることとか、息ができなくなって視界が真っ白になることとか、そんなことがありました。

体臭が出るのにもいくつかの種類がありました。

一つ目は腕とか頭とかの中で起きたことで、ETSによって途切れて枯れてしまった部分の神経があったと思うのですが、リバーサルをした後そこに再度新しく神経が流れ込むときに出たんじゃないかという気がしています。ちょと言いにくいのですが、浮浪者のにおい?に近い体臭がでました。

もう一つは脇とかのデリケート部分のにおいです。神経が移動するのに伴ってそういった部分から汗がいつも以上に出ることがあって、それに加えて周辺の(体臭の元になる)汗腺も過剰に刺激されることがあるのかもしれないと思ってます。
今回はこっちでした。かなり強かったのでショックでした。

もう落ち着いて気にならなくなっていればいいのだけど。。。
実は週明け仕事行くのがちょっと怖かったりします。

では。

まるとん

ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について⑤-2

この記事は ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について⑤-1 からの続きです。

「ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について」は【リバーサル手術について】のページにまとめて置いてあります。


Author: csmess
#6, 2007.08.22
Title: Re: there seem to be some who have gotten better from the gr
Casey,

Most of those folks had their reversal surgery around the same time as I did.
彼らの大半の人たちは私が行ったのとだいたい同じ時期にリバーサルを受けました。

 I used to personally correspond with a number of them.
沢山の人達に私は個人的に連絡を取りました。

There is no doubt that some people have benefited in one way or another from the surgery.
手術を受けたことで、なんらかの点で利益を受けた人もいるというのは疑いのない事実です。

Some sweating returning to dry areas and a return of energy are two things I've heard from a several reversal patients.
ドライになってしまった部分にいくらかの汗が戻ったとか、気力が戻ったという2つのことは、リバーサルを受けたリバーサルの患者の何人かから聞きました。

The reason I'm asking you to be cautious is because you have stated that your primary hope is to reduce your CS to the point where you can enjoy summers again.
私があなたに注意しなきゃいけないと伝える理由は、あなたが一番に望んでいることが夏を再びエンジョイできるようになるという点で代償性発汗を減らしたいということだからです。

However, if you read those testimonials closely, you'll notice no one reported any substantial decrease in CS.
しかしながら、そのサイトに書かれているtestimonials(証言)のところをよく読んでみると、誰も代償性発汗の量が減ったとレポートした人がいないのがわかるでしょう。

Some reported that the CS seemed to decrease a small amount, but not enough to make a difference in quality of life.
確かに代償性発汗が若干減ったようだとレポートしている人はいます。しかし QOL(生活の質)を改善できる十分なレベルではないとも合わせてレポートしています。

That been the line I've heard from every single nerve graft patient I have spoken with.
その一行は私が話した神経を一つ一つ移植した患者から聞いた内容でもあります。

Anyway, I'll shut up now. I've bugged you enough and said my peace.
私が話すのはここまでにします。私はしゃべってすっきりしたけど、反対にあなたを十分不安させてしまったね。

I wish you the best whatever you decide.
あなたが決断したものはどんなものでもあなたにとっての最善のものになることを祈ってます。


Author: csmess
#7, 2007.08.25
Title: Re: reversal
OK, so I can't shut up just yet because I noticed something odd when I followed that link Carole posted to Telaranta's website.
私が話すのはここまでって言ったんだけど、Telaranta の Web サイトに投稿されていた Carole のリンクを追いかけていたらちょっと奇妙なことを見つけたんでだまってられなかった。

One of the links is to a supposed newspaper article documenting a success story.
そのリンクの一つはサクセスストーリーを述べた新聞の記事を載せているものです。

There were several things that struck me as odd.
そこには奇妙に思えるいくつかの点があります。

First, the link isn't to an newspaper article online, but to a Microsoft Word document hosted on Telaranta's server. It's weird because if you request a copy of a newspaper article from a newspaper, they never provide it in an editable file format because it can be altered.
まず第一に、そのリンクはオンラインのニュース記事のリンクじゃなくて、Telaranta のサーバにホストされた Microsoft の Word ソフトで書かれたドキュメントでした。これは奇妙なことの一つで、新聞社にニュースの記事のコピーをお願いした時に、編集のできるファイル形式で渡すなんてことはしないはずなんです。

Next, I noticed that, although the article has a listed author (Evalena Ericsson), there are no other attributions. There is no indication where this article was published or the date of publication. All newspaper articles list the publication and date.
次に気付いたことは、記事には執筆者(Evalena Ericsson)については書かれているけれど、他のことが書かれていません。この記事が出版されたところとか出版された日付とかがないのです。すべてのニュース記事と言うのは出版社とか日付とかが書かれているものです。

Also, the article sounded a lot to me like Dr. Telaranta's voice (having read much of his writings) rather than than that of a layman journalist with no medical training.
また、記事の書かれ方が医療には素人のジャーナリストが書かれたものというよりも、Dr. Telaranta の声そのもののように見えるのです。(私は彼の書いたものもたくさん読んだから)

So, being a computer nerd at heart, I selected File->Properties from the menu and, lo and behold, the author of the document is none other than Telaranta himself. Surprise, surprise.
コンピュータおたくの気持ちでのぞくんです。[menu] から[File]→[Proparties] と選択して、注意して見ると、このドキュメントの Author は他ならぬ Telaranta 自身の名前となっているんです。あぁびっくり、びっくり。


Author: frawldog
#8, 2007.09.20
Title: Re: reversal
Hello all I had the reversal on August 29th, just 8 days after the ETS clamping.
みなさん。私はETSクランプをしてわずか8日後の8月29日にリバーサルをしました。

While most of the time I am sweating.
でも今私はほとんどの時間の間汗をかいています。

I do have periods of dryness....after talking with my DR he has told this is a good sign that I could see a dramatic dcrease in CS.
私はまた乾くようになると思ってます。私のドクターと話したところ、それは良い兆候であって、代償性発汗は劇的に減少するだろうと言っています。

Any thoughts on that?
この点について何か意見はありますか?


Author: alvinsduckie
#9, 2007.09.20
Title: Re: reversal
hey Frawldog =)
やぁ、Frawldog. (^^)

from what other people have posted--it may take a while for your system to adjust to whats going on. you may have a lot of cs one day..and maybe not as much the next.
他の人達の投稿からすれば、、、あなたの体のシステムが今行われていることに適合するのにはしばらくかかるかもしれない。あなたは多量の代償性発汗を持つかもしれないし、ひょっとすればこれからはそんなには出ないかもしれない。

I hope you and daveincayman are in touch. He's in a similar situation to yours,and he's been thru some changes post-reversal.
あなたと daveincayman さんが連絡を取り合うのが良いと思います。彼はあなたと似た様な状況で、彼はリバーサル後いくらかの変化を得ているようです。


Author: RCorkum
#10, 2008.03.26
found the site tonight, thanks...anyways had the surgery 3 years ago and have been deperately seeking a reversal from my cut nerves.
今日このサイトを見つけました。私は3年前に手術をしてしまい、がっかりしながら切除した神経のリバーサルを調べていました。

well after reading this and speaking with multiple doctors.
ここでの記事を読み、そしてたくさんの医者とも話ました。

does not seem that it is a good idea at all...
良いアイディアというものが全くないようです。

how about if the doctors informed us in the first place that these were the possible side effects...
医者は最初の段階で考えられる後遺症について私達に説明したらいいんじゃないでしょうか。

do you think any of us would be willing to take that chance.
私達のどれだけがそんなチャンスに喜んで飛び付くとあなたは考えますか?

this surgery is horrible and should never be done.
この手術は恐ろしいもので、絶対に行ってはいけないものです。


Author: alvinsduckie
#11, 2008.03.27
hey RCorkum..welcome =)
やぁ、RCorkum。よく来てくれました。(^^)

yea, it's disheartening to think reversals arent all we hope for.
リバーサルが私たちが望むものではないと考えるのは失望させますね。

Maybe stem cells can help us, no way to know just yet.
ひょっとしたら stem cells(幹細胞)が私達を助けてくれるかもしれないが、今のところそうかどうかを知る術はないようです。

and i think many of us agree with you....this surgery shouldnt be done, at least for cosmetic purposes.
私達の多数があなたの意見に同意していると私も思います。この手術は行うべきじゃない。少なくとも美容目的では。

the Dr's are unable to be honest about all the side effects
医者はすべての後遺症について正直となることはありえないです。

alex


Author: ChilliRedHot
#12, 2009.09.02
Dear Friend,

I did it all. Reversal is 1000000000000000000% a lie.
全くそう思うよ。リバーサルは 1000000000000000000% うそだ。



あと投稿は2コメントだけですが、ここまでにします。

ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について⑤-3 につづく。

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

2015年1月15日木曜日

今日は友人と会ってきました(1/14)

今日私は仕事を午前で切り上げ、午後はリバーサルを受けた友人とちょっとだけだけど、お会いしてきました。

私がリバーサルを受けたことを金魚板という掲示板に書いて以来、私に連絡をいただいたたくさんの友人がいるのですが、その中でも最も古い友人の一人になります。

はじめてメールで連絡をいただいたのはもう6,7年ほど前のことになります。

既にリバーサルを受けた友人もいらっしゃったので、私だけでなくその方とも連絡を取ったりして相談されたりとしていたんです。そしてリバーサル手術を受けるのを決められたのは4年前のことでしたから、リバーサルを決めるまでずいぶんと長い間悩んでいらっしゃったことになります。

手術はうまく行きました。
受けに行く時の悩みに ETS は1箇所ずつの切除を3回行っていたのでそれを心配されていたりもしていたのですが、そのこと自体は特に影響がなくリバーサルをすることができたことを聞いています。

ただ、回復はあまり実感できてなくて、変化は感じていないということでした。
でも、お仕事もされていて、そして今回は休暇を利用して東京に遊びに来たりとしていて、その合間にちょっとだけだったけど久しぶりにお会いすることができてすごくうれしかったし、本当に良かったです。

ブログにコメントをしてくれたらなってお伝えしたこともあるのですが、あまりネットは得意じゃないことを聞いています。リバーサル手術を受けた他の友人からもそうお聞きすることはあって、ネットへの書き込みが少ない理由の一つには不特定多数への発信に対する不安やリスク、そういった書き込みが残ってしまうこととか自分だと身元が分かってしまう心配、そもそもどうやって・・・と、そういったあたりのことも理由の一つにあるんじゃないかと思っています。

回復が実感できてみんなで良くなれることを祈っています。

では。

まるとん

2015年1月12日月曜日

ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について⑤-1

ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について、今までに4つの記事について書きました。
※「ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について」は【リバーサル手術について】のページにまとめて置いてあります。

次はリバーサル手術についてのスレッドですが、途中でリバーサルを受けて悪化したと言う人やクリップをはずした人のコメントが出てきます。
リバーサルを受けて悪化したと言う人は②の記事の人で、クリップをはずしたという人はこのブログで出てくるのは初めてですが③、④の記事で出てきた Dr. Connery に手術してもらっています。

私はもちろんリバーサル手術を実際に受けて効果も実感して満足しているわけですが、リバーサルについて否定的な人もいるし、そんな中でリバーサルを受けようとしている人もいます。
ちょっと長文で読むの苦痛かもしれないですが、いろんな考えの人がいることを理解するのに良いと思います。

Topic Title: reversal


Author: yllwjckt07
2007.08.20
Title: reversal
I have contacted many doctors about the reversal surgery, and from what it seems, they are able to do it, and that most people get some sort of relief from it, some none, some little, some alot.
私はリバーサル手術のことについてたくさんの医者にコンタクトを取りました。彼らはリバーサル手術をすることはできる。大半の人はリバーサルをすることで(症状を)幾分和らげることができるが、全く効果のない人もいる、ほんのちょっとの人もいる、たくさんの効果を得られる人もいる。そんな回答ですね。

Are there any on this board who have gotten better from this? I had t2 ganglionectomy. I want to reduce my CS. That is all, Just want to be able to go outside and enjoy the sunny weather.
その手術をして良くなった人というのはこの掲示板にはいますか?私は T2 の遮断ですが、代償性発汗を減らしたい、それだけなんです。太陽の下で外出を楽しむことができるようになりたいんです。

Also, one other thing, My doctor (neurosurgeon) who performed this, has been doing this for many years, and said to me many times, that my body is still trying to figure things out, and that it will get better with time.
あともう一つ、その手術を行った私の医者(神経外科医)は、何年もの間その手術を行っているのですが、私の体はまだまだ結果を出そうとしているところで時間とともに良くなっていくでしょう、と何度も私に言いました。

She is really a smart lady, and it seems that she may be right, like after this first summer, and a few months after the operation, things will settle down, and the CS will diminish and get better when my body gets used to the new circuitry kind-of.
彼女は本当に頭の切れる女性です。この初めての夏の後の状況を言い当てたように彼女は正しいのかもしれない、手術の後数カ月経ってから体は落ち着きだすだろう、そして私の体がある種の新しい回路に慣れてくることによって代償性発汗は減っていくだろうと言っています。

so in summary, anyone who has had a reduction in CS from nerve graft let me know, and also, let me know if you have had a reduction in CS after a few months post op.
まとめると、もし神経移植で代償性発汗が減ったと言う人がいるのなら、私に教えてください、そしてまた、手術後数カ月経ってから代償性発汗が減ったのかどうかを教えてください。

Thanks--- casey


Author: csmess
#1, 2007.08.20
Title: Re: reversal
casey,

You may have already read about my experience with the reversal surgery and my opinions about it.  If so, I'm sorry for repeating myself here.
あなたは私のリバーサル手術の経験談とそれを通じての私の意見を書いたコメントを既に見ているかもしれない。もしそうだとしたらここに同じことを書くからごめんね。

Since the information you are getting from various doctors sounds very similar to what I was told prior to my "reversal" operation, I feel I should speak up.
あなたがたくさんの医者達から聞いた情報というのは私がリバーサル手術をする前に言われたこととほとんど似ているので、私から話すべきだと思います。

First, I was also told that my side effects would "settle down" with time and my CS would diminish.
まず最初に、私の副作用は時間と共に落ち着き、代償性発汗は減っていくだろう、と私は言われました。

It never happened.
しかしそれは決して起こることがなかった。

I have read through dozens of medical journal articles regarding ETS and not found a single shred of evidence that CS diminishes with time.
私はETSに関する何十もの医療ジャーナルの記事を読みました。しかし、時間と共に代償性発汗が減っていくという証拠はかけらも見つけられなかった。

It seems that you like and admire your doctor, but I would ask her to provide definitive evidence that side effects diminish with time rather than take her at her word.
あなたは手術してくれた医者のことを気に入っていて尊敬もしているようですが、私だったら、時間と共に代償性発汗が減ると言うことを、彼女の言葉でではなく、明確な証拠を出すよう要求するだろうね。

Second, you should be aware that there is no verifiable evidence the placing a nerve graft on the sympathetic chain will reduce CS or any other side effect.
第二に、交感神経鎖へ神経移植をすることが代償性発汗やその他副作用を減らすことができるという検証された証拠はないと言うことに気付くべきです。

I had my nerve graft surgery six years ago and my CS has not diminished at all.
私は6年前に神経移植をしました。しかし、私の代償性発汗は全く減りもしなかった。

I have conversed with many other nerve graft patients and none have experienced any significant reduction in CS.
私はたくさんの神経移植を行った患者と会話しました。だけど、代償性発汗がはっきりと減ったと言う人はどこにもいなかったよ。

Again, you should demand verifiable, scientific evidence from any doctor promising you that a nerve graft will help your situation.
繰り返すよ、神経移植があなたの状況を助けてくれるということを約束する医者がいるのなら、あなたはその人に対して検証された、科学的な証拠を要求すべきなんだ。

Don't take them at their word.
彼らの言葉を信じちゃだめだよ。

Good luck and ask me any questions you want.
何か聞きたいことあったら何でも聞いてくれ。

補足
この csmess と言う人は ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について② のことろでも書いた人になるのですが、リバーサルを受けて症状は悪化したとコメントしています。


Author: stillflushed
#2, 2007.08.20
Title: Re: reversal
I'm afraid you won't be able to enjoy the sunny days while your head is bone dry.
あなたが頭がからからに乾くことで晴れた日を楽しむことができないのが残念です。

However bad your cs,even if it's not much,when you feel it on your back instead of your head, you'll still feel afreak,'cos it just ain't natural.
あなたの代償性発汗がどんなに悪くても、たとえあまりたくさんじゃないとしても、頭の代わりに背中に汗をたくさん感じる時、その汗は自然じゃないものだから、あなたは自分のことを代わり者と感じるでしょう。

Your head just feels the same every day,doesn't it?When you are unwell,which part of your body feels "wrong"?Your head.
あなたの頭は毎日同じ様に感じているんですよね?体調が悪いと感じる時、体のどの部分が悪いと感じますか?頭でしょ。

In the (nearly)six years since I had ETS,I've only had one day off work,even though I feel tired most of the time.I don't believe in all that time I've only been ill once.
ETS を受けてほとんど6年の間、仕事の休みというのはほとんどの時間を疲れを感じながら単に休むだけでした。こんな病気の状態でずっといることなんて以前はまるで信じられなかった。

Since we detect anything wrong through our heads,it's maybe just tiredness in the limbs which might indicate something wrong.
私達が頭を通じて何かが悪いと考えるので、何かが悪いと示す部分は手足の疲労感かもしれない。

Another thing:take a long deep breath through your nose,and fill your chest.
もう一つあるんだ:鼻から大きく長く息を吸って、そして胸いっぱいになるのを感じてみてください。

Can you feel the air reach your head?No.
頭に空気がたどり着くのを感じることができますか?ないでしょ。

Has anyone managed to get drunk after ETS?I can drink for hours and hours,and still not feel relaxed.
ETS の後、お酒を管理できている人はいますか?私は何時間も何時間もお酒を飲んでしまう、それでもなおリラックスできないでいる。

Isn't this because the pathway which carries the "fear" emotion,also carries the "pleasure" feelings,and which has now been destroyed.
恐怖という感情を伝達したり、楽しいという感情を伝達したりする経路が破壊されてしまったということだからではないかい?

Until this pathway is restored,enjoying a stroll in the sun is greatly reduced.
この経路が作りなおるまで、太陽のもとで散歩する楽しみは激減してしまう。

No reversal has worked so far.If it had,we would all know about it by now.
これまでリバーサル手術は機能しなかった。もし機能するものだったら今までにそのような話を既に全て聞いているはずだ。

SO DON'T DO IT.
だから、やってはいけない。



Author: alvinsduckie
#3, 2007.08.20
Title: Re:reversal
Quote:
Has anyone managed to get drunk after ETS?
ETS の後、お酒を管理できている人はいますか?

yes, I do...but not as often as i did when i first discovered ETS was what ruined me.
はい、私はできます。しかし、ETS が私を破滅へと追いやったとはじめて分かった時に、しょっちゅうできていたわけじゃなかったです。

That sent me into an alcoholic state. I'm unable to drink as much or as often now because if i do..my left ankle swells horribly. and stays that way for days.
このことは私をアルコール依存に追い込みました。私は今はたくさんもひんぱんにもお酒を飲むことはできないです。なぜなら、もし飲んだら、私の左のふくらはぎがひどくむくれてしまい数日間そんな状態となるからです。

I've had a lot of bloodwork done these past few months..everything looks good (so i'm told), so i guess i'll be happy i didnt ruin my liver.
私はここ数ヶ月たくさんの血液検査をしましたが、すべて良好でした(そう言われました)、だから、肝臓を傷めなかったので良かったと思っています。


Author: yllwjckt07
#4, 2007.08.22
Title: there seem to be some who have gotten better from the grafts
タイトル: 神経移植によって良くなった人というのもいるらしい

this seems to give me some optimism, i mean there are not a ton of people, but it seems that some are gettign some good relief after time with the nerve grafts....
これは私を楽観的にさせてくれました。たくさんの人がいるわけではなくとも、しかし、神経移植をして、時間がかかったとしても、良くなっているという人がいるようなら。。。

i like that there are people who have posted there stories, and some of these seem positive!
www.ets-sideeffects.net/home3.3.html
私はこれらの話しをした人がいて、前向きな人もいるんだということが聞けて良かったです。

補足:
本文中のリンクはリンク切れとなっていました。


Author: Dripping Silver
#5, 2007.08.22
Title: Re: reversal
Click on the link below, scroll down to the bottom of the page and click on "real patients experiences".....see where that takes you and then think about what a direct link from a surgeon's website could mean!
下のリンクをクリックして、ページの下までスクロールして、"real patients experiences"のところでクリックしてみて。あなたが遷移したところ、そして手術医の Web サイトからのリンクが意味するものについて見てみるといい。

Teleranta's reversal page

補足:
本文中のリンクはリンク切れとなっていました。



ここで区切ります。
まだまだ続くので、このスレッドは3ページになりそうです。
(この後 Dr. Teleranta のサイトに書かれたことについての議論があって、そのあとクリップを外した人のコメントが出てきます)

ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について⑤-2 につづく。

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

2015年1月10日土曜日

リバーサル手術を受けて13年になりました

昨日で私がリバーサル手術を受けて13年になりました。

手術を受けて13年経過したといえば、ふつうに考えたらもうすっかりそもそもの原因の症状は治っていて欲しいところですが、まだ私は回復過程になります。

体調はたまに落とすことがあってそれは辛いなと思うことがあるのですが、汗ではもうほとんど心配のない生活となっています。
まだちょっとばかり汗も多いかといえば多いですけどね。

引っかかっっていた右肩の部分の神経の流れもスムーズになってきていますから、今年はつながりきってくれたらなって思っています。

来週は4年前にリバーサルを受けた友人と会う予定になっています。
3年半ぶりなので、久しぶりにお会いするのを楽しみにしています。

では。

まるとん

2015年1月5日月曜日

今日の神経の流れる感触(1/4)

最近は寒い日が多いですね。

神経の流れる感触は夏の方が激しくて、冬はあんまり感じないというのがいつもなのですが、今年は冬もその感触は激しいです。
もちろん夏だったらもっと激しいということなのでしょうが、回復が進んで神経の流れが良くなって着ているために起きているのが分かっています。

手の左右差がいつも以上にはっきりしていて、右手だけ冷たくなっています。

パソコンやスマホをいじっている時とか料理をするときとか、左手は大丈夫でも右手はあっためてないとかじかんじゃって動かない、なんてときもあったります。


昨日は両腕の神経の流れが激しくなって腕全体、特に下腕部を中心に流れました。
それからボーリングをした後のような腕の疲労感があって、運動したわけじゃないのに肘から手首にかけての筋が悲鳴を上げてました。
リバーサルでつなげた神経の先が活発になっていく過程で起きているものと私は考えているのですが、これもリバーサルを受けたからといって皆が感じているものではないものだったりします。


今日はお風呂に入っていて、顔、頭からドバっと汗が吹き出てきました。
いったんドバっと出た後はそれほど出はしなかった気がします。熱いお風呂に入れば頭から汗は普通に出るようになっていますが、顔から吹き出すように汗が出たのは珍しいことでした。

では。

まるとん

2015年1月2日金曜日

ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について④-2

この記事は ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について④-1 からの続きです。

「ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について」は【リバーサル手術について】のページにまとめて置いてあります。


Author: avi8tor95
#10, 2011.3.22
I am the patient Dr. Connery is referring to, and the information he provided is 100% accurate.
私は Dr. Connery が述べている患者です。彼が伝えた内容は 100% 正確なものです。

For me, the reversal was successful on so many levels and yes, Dr. Connery is also telling the truth in that we are awaiting the 95 degree temperatures to see how my body responds.
私にとって、リバーサル手術はたくさんのレベルにおいて成功でした。私達は95度(=摂氏35度)の状況下で私の体がどのように反応するかを待っているという点においてもDr. Connery はまた事実を話しています。

I elected to go with Dr. Connery for a number of factors, his approachability, understanding of the problem, the precision of the DaVinci robot procedure and the neurological approach.
私は彼の親しみやすさ、問題への理解、DaVinci ロボット手術の正確性、神経の手法といったたくさんの観点から Dr. Connery と歩むことを選びました。

Since day one, Dr. Connery has been extremely accessible, there for me no matter how seemingly benign my question may have been, for me, he has followed through in every way he said he would.
初日から、Dr. Connery はとても親しみやすかった。私はどんなに見た目だけの良心に見えて疑ったとしても、私のために彼が述べたあらゆる方法でやり遂げてくれた。

The reversal was not an easy procedure, definitely more involved than the original ETS surgery, but the quality of care I have received from Dr. Connery, his staff and the Columbia University Surgical Team has been top notch.
リバーサル手術は簡単なものではなかった。オリジナルの ETS 手術よりも当然より複雑だった。しかし、Dr. Connery、スタッフ、コロンビア大学の手術チームから私が受けたケアの質は最高のものだった。

I just wanted to chime in here because so many people have suffered ill-effects from the original ETS procedure, myself included and Dr. Connery's care and approach exceeded my expectations in every way.
私はここでチャイムを鳴らしたい。それは私自身も含めてあまりにたくさんの人達がオリジナルのETS手術によって病的な症状に苦しんでおり、そして Dr. Connery のケアとその手法はあらゆる観点で見ても私の期待を超えていたということです。

Again, the surgery is "hard", recovery can be long, but the care and precision of the DaVinci robot for me, gave me what my family believed was the best chance for success.
繰り返します。手術は辛いものであり、回復は長くかかるかもしれない、しかし私にとって、ケアとか DaVinci robot の正確性は私の家族が信じているものを与えてくれました。成功のための最大のチャンスになりました。

-Avi8tor95


Author: ugyan
#11, 2011.3.23
just would like clarification on this: the surgeon proposes that the 'reversal' surgery will address the lack of stamina the patient suffered from after his ETS surgery, right?
詳しく知りたいです: リバーサル手術ではETS手術後苦しんでいる気力の欠如に対しても対処することを外科医が提案しているでしょうか?

1. Does this mean that they recognize the lack of stamina (or fatigue) as a valid side-effect of the ETS surgery?
1. 彼らが ETS の後遺症として気力の欠如(あるいは疲労)を認識しているということを意味しているでしょうか?

2. Do they inform prospective patients at St. Luke's Roosevelt Hospital  when they go in for a consultation to have ETS surgery that this is a possible outcome/complication?
彼らは St. Luke's Roosevelt 病院で、ETS手術を受ける相談でやってきた今後患者となる見込みのある人達へ、どんな結果とか合併症がありうるのかを、きちんと通知しているのでしょうか?

I have seen studies where they describe return of sweating in the hands, arms, face etc, yet the "compensatory sweating" remains unchanged - proving that CS ...is not really 'compensatory'.
私は彼らの次の研究結果を見ました。
手、腕、顔などの汗が戻ることについての記述があり、それでもなお代償性発汗は変わらず残る、というものでした。"代償" という言葉を使うのに実は正しくない汗なのです。

Can we have more details about the original condition of this patient, the  ETS surgeon's name, the type of surgery and the level cut/clamped and the list of side-effects and detailed description of the improvements seen.
この患者の元の状態、ETS外科医の名前、手術のタイプ、切除やクランプのレベル、後遺症のリスト、そして改善が見られた詳細な記述について、もっと詳細情報をもらうことができますか?

Would be helpful to have some facts.
事実を知る手助けとなるだろう。

Thanks.


Author: stand4d37
#12, 2011.3.23
Hello avi8tor,

Thank you for the response.  Just a few questions...
書き込みありがとう。いくつか質問します。

How long ago did you have the ETS procedure performed?...and at what level were you cut?  Where are you located?
ETS 手術を行ったのはどのくらい前のことですか?切除部位はどこになりますか?

I hope you see some success with your CS, please keep us updated.
情報のアップデートをお願いします。あなたの代償性発汗について成功することを願っています。

Thank you


Author: Erika
#14, 2011.3.24
Hi Avi8tor,

Is this your first time being on the forum?
このフォーラムに来たのは始めてですか?

Are you the first person to have this reversal operation with the DaVinci robot, and were you charged?
あなたは DaVinci robot を使ったリバーサル手術をした始めての人になるのですか?費用はいくらでした?

You speak very highly of Dr. Connery.  How are you feeling physically?  Any return of normal sweating?  Any decrease of CS/overheating?  A great number of us would be interested in speaking with you, especially in person.
あなたは Dr. Connery のことをとても高く話しています。肉体的にはどう感じていますか?通常の汗に戻っていますか?代償性発汗は発熱の減少はありますか?私達の大多数はあなた個人のことについてあなたと話しをすることに関心を持っていると思います。

Many of us have had our surgeons deceive us by putting a fake patient on the phone, and having them talk us into surgery.
私達の多数の人は、電話口で偽りの患者を置くことによって、外科医は私達をだまし、そして彼らは私達に手術をするよう話しかけてきました。

Many people have been conned this way.
たくさんの人達はこのようにだまされてきました。

We appreciate any help you could give us.
あなたが私達にしてくれるどんな手助けも私達は歓迎します。

I would really like to know 1)When was your ETS surgery and at which levels were you cut?  Was that surgery done by Dr. Connery as well?
私が本当に知りたいことです。1) あなたが ETS 手術をした時期、それと切除した部位は?Dr. Connery による手術は同じ様に行われた?

2)In your post you mentioned he used a neurologic approach, I am curious as to what this means?  I believe he is a cardiothoracic surgeon.
2) あなたの投稿の中で、神経的な手法と言う言葉を用いていました。この言葉の意味に好奇心があります。その医者は心臓胸部の外科医だったと思いました。

Thanks and best of luck,
Erika


Author: mitimatt
#15, 2011.3.24
Information I'm Compiling from Thoracic Surgeons Re: ETS Reversal
Hi Everybody,

I'm sharing this because I'm compiling an ongoing account of
Thoracic Surgeons and other health professionals that I come in contact
with in pursuing a reversal procedure and /or alternative to reduce
ETS side effects.
現在も行っている胸部の外科医や他の医療の専門家のアカウントをまとめているのでこの情報を共有します。リバーサル手術とか代償性発汗を減らすための他の代替手法を追及してコンタクトを取った人達です。

One of the things I recommend if you haven't done so already is obtain
the surgical records from the surgeon who performed the ETS procedure.
私が勧めることの一つは、もしあなたが既にそうしていないならだが、ETS手術をした外科医から手術記録を手に入れておくことです。

Anyone who is going to speak intelligently with you about your situation,
should have access to this, and it's a good idea to have a copy at your disposal
for this purpose.
あなたの状況についてあなたと知的に話す人は誰であってもこれを参照するべきであり、この目的のために自由に参照できるコピーを持っておくのは良い考えです。

mitimatt

~以下は簡単に~
Dr. Cliff Connery ・・・ Divinci Robot によるリバーサル手術の記事の執筆者の一人。9カ月前に1人リバーサルを行った。まだ夏は経験していないが効果を得ている。

Dr. GRhodes ・・・ 代償性発汗といった副作用については分かっていなかった。インデラルと言う処方薬が代償性発汗に効果があるか知りたくて問い合わせたのだが、無駄だった。

Joseph Shrager ・・・ 問い合わせたところ、Washington University School of Medicine の Dr. Susan McKinnon という外科医が末梢神経の神経移植をしていることを教えてもらった。

Dr. Susan McKinnon ・・・ 胸部外科のチーフだが、リバーサル手術としての成功の知識は持っていなかった。

Dr. Timo Telaranta ・・・ インターネット上で ETSとリバーサルを行っている。成功例を持っているそうだが、成功率を引用することはできないし患者への連絡を提供していない。信頼できるかどうかは分からない。

Dr. Rafael Reisfeld ・・・ ふくらはぎの経を移植することによってリバーサルを行っている。成功率を引用することはできない。リバーサルによって 30% ほど代償性発汗が減ると推測されている。cadaver radiated nerve を利用する新しい手法を行っている。成功率は公表されていない。彼の Web サイトに 2010 年から書かれている。
※ cadaver : 検視体(つまり死んだ人の神経を使っての移植ですかね。。。)


Author: avi8tor95
#16, 2011.3.25
All, I am a bit out of pocket until Sunday at a baseball umpire camp.
みなさん、私は少しの間、日曜まで、野球の審判のキャンプのために不在になります。

I am a very real patient, and I live in Maryland USA.
私はUSA、Maryland に住んでいるリバーサルを受けた患者です。

Dr. Connery and his team performed the ETS reversal process using The DaVinci robotd, message me and I will give you my private Email address.
Dr. Connery と彼のチームは Davinci robot を使って私にリバーサル手術をしてくれました。メッセージをくれれば、私はプライベートの email アドレスをお伝えします。

I have emailed before with BANET.
私は以前 BANET とメールをしました。
※BANET というのが何なのか良く分からないです。。。人?何かの組織?

Some questions may be too personall, and I will never post any negative info about my original ETS surgeon, etc or even the Financials surrounding my relationship with Dr Connery, and I hope everyone can respect this and there will always be some things which are private.
いくつかの質問は少し個人的過ぎるかと思います。私は最初に行った ETS 外科医のことなどや Dr. Connery との会計のことについて否定的なコメントをするつもりは決してありません。私はみなさんがこのことについて気を使っていただき、そして個人的なこともあるのだということを願っています。

I did however have major negative side affects after original ETS, and I have and continue to experience positive changes after DaVinci reversal, short of it many positive changes so far, but the road is a long one, for me personally though, and i believe each persons results could be markedly different.
しかしながら、私は最初の ETS の後、著しい否定的な副作用がありました。そして私はDaVinci リバーサルの後有益な変化を経験しており、今も続いています。短期間ですが、たくさんの前向きな変化です。しかし、その道のりは長いものであって、私個人的にもそうです。受けた個人の結果はいちじるしく異なるものになるのではないかとも考えています。

What was very important to me and my wife was the fact Dr Connery, his surgical team and staff have been phenomenal since our very first meeting, and subsequent procedure and evaluations; he maintains constant communication with me.
私や私の妻にとって非常に重要なことは Dr. Connery、彼の手術チームやスタッフは最初のミーティングから素晴らしいものであり、それに続く以降の過程、評価に至るまでそうだったという事実です。彼は私に絶え間ないコミュニケーションを維持してくれました。

The reversal itself and recovery were very intense, the DaVinci procedure was no walk in the park.
リバーサルそれ自身、そして回復はとても激しいものでした。DaVinci 手法は公園を散歩するような、そんな気軽なものではないです。

I am still recovering in some ways, but I am back doing two things I love the most, Baseball Umpiring and teaching Karate, each of which the original ETS procedure derailed for a Period of time.
私は未だに回復の過程にいます。しかし、私が最も大好きな2つのことを再び行えるようになりました。野球のアンパイアと、空手を教えることです。最初の ETS 手術はこの2つをしばらくの間脱線させてしまいました。

So feel free to message me, and I will respond because Dr Connery an and his team have been wonderful to me, my wife and 4 kids.
だから、気兼ねなく私にメッセージをください。Dr. Connery と彼のチームは私と妻と4人の子供達に対してとてもすばらしかった。

So without question, the DaVinci reversal was again, well worth it for me andy family personall but only you can decide I'd It will benefit you, and if Dr Cconnery is the right fit, even if the reversal ended up a bust, I would still think the world of Dr Connery and his Team.
そして、Davinci リバーサルは、繰り返しますが、私と家族にとってとても価値のあるものだったということは疑いのないものです。あなたにとっても利益をもたらすだろうと、あなたは決断することができます。そして、もし Dr. Connery が正しく調和するのであれば、たとえリバーサルがうまくいかなかったとしても、私は Dr. Connery とかれのチームの世界をまだ信じるだろう。

This is not an endorsement, but i am a real Person, who ended up in a difficult situation afte the original ETS Procedure.....avi8tor95.
これは宣伝ではないです。しかし、私 avi8tor95 は最初の ETS を受けたことによって難しい状況に陥ってしまったリアルな人間です。

Sent via the iPhone4 @ Verizon


Author: Theo
#17, 2011.3.25
Avi8tor95,

I am glad to hear that things seem to be working out for you.
あなたにとってうまくいったようでその話を聞けてうれしいです。

This is really good news, not only for you, but all of us.
あなたにとってだけでなく、私達すべてにとっても、これは非常によいニュースです。

Theo


このスレッドの会話は以上となっています。

私が Dr. Telaranta に対して持っている気持ちと同じ感情を avi8tor95 はDr. Connery に対して持っているんだろうなぁと思いました。

いろんな考えもあるかと思いますが、良くも悪くも、みなさんの参考になったらうれしいです。

では。

まるとん

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について④-1

先日書いた ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について③ に続いて気になった記事です。

この③の記事では Dr. Connery という人のリバーサルを受けた人のコメントのことを書きました。

次の記事は 2009 年に書かれたもので古いのですが、Dr. Connery のリバーサル手術のことについても書かれたスレッドになっています。

【注意】
英語の訳は私が作ったものなので、間違っている部分もあるかと思います。
正しい日本語訳で見ることが目的ではなくて、海外の掲示板でもリバーサル手術のことは話題になっているんだっていうこととか、新しいことを見つけたとき活発に情報を出して議論しているっていうこととか、海外の人もいろいろと調べたりしているんだなぁといったこと、そんなところが分かったらいいんじゃないかと思いました。
引用のつもりでまとめたのですが、ひょっとしたら削除するかもしれないです。


Topic Title: Columbia Study for a Reversal
リバーサル手術のコロンビアの研究 と言うタイトルです。

本文には New York の Columbia University と書かれているのでこのコロンビアはコロンビア大学のことを指しています。

※「ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について」は【リバーサル手術について】のページにまとめて置いてあります。


Author: cookiemonster
2009.7.25
Did anyone know that Columbia did a study last year that was directly for ETS reversal?
Columbia で去年行われた ETS reversal の研究について誰か知っている人はいますか?

It is a nerve graft but they use a surgical robot called the davinchi robot which can preform micro-surgery much more effectively than a human hand.
神経の移植なのですが、Davinci robotといって、顕微鏡手術を人の手でするよりもより効果的に行うことのできる機材を使っているんです。

I know that nerve grafts have not had alot of success, but maybe its beause a sufficent connection can not be made by a human hand.
私は神経移植はそうたくさんの成功例がないことを知っています。ひょっとしたら人の手で行うのではうまく繋げられないのかもしれない。

This robot is extremely precise and can do things that a human could not in a nerve graft procedure becasue of the precision that is required on such a small structure.
このロボットは極めて正確であり、そのような小さな精密機械が必要となる神経移植を人の手ではできない正確さで行うことができます。

I did not read the whold article but they did report that they saw promising results in animals.
記事の全部を読んだわけじゃないが、彼らは動物において期待のできる成果があったとレポートしていました。

I think this something worth looking into.
詳しく見てみる価値がありそうです。

I also think it is great that an acredited institution is working towards a reversal for ETS.
また、公式の機関が ETS リバーサルのために働きかけたということもすごいことだと思いました。

I have never heard of something like that before.
私は今までにこのようなことを聞いたことがなかった。


Author: ugyan
#1, 2009.7.25
Surely a sign that there is a need and demand for it, and hat the dissatisfaction rate is high enough.
リバーサルの必要性、それに対する要求があるってことだね。結果に満足できない割合も高いってことだ。


Author: jinnjucz110
#2, 2009.7.27
cookiemonster, thats the same divice that Dr. Nath uses in texas an he has already tried to perform an ETS reversal by grafting an there was not to much success!.. THANKS JIN
cookiemonster さん、Texas 州の Dr. Nath も同じ装置を使っていて、既に ETS reversal もやり始めているよ。だけどそれ程よい成功の成績はおさめていないよ。ありがとう。JIN。


Author: stillflushed
#3, 2009.7.28
Cookie, Do we have any results for this study?
Cookiemonster、この研究結果を教えてもらうことはできますか。


Author: cookiemonster
#4, 2009.7.29
I will look more into it. You have to pay to get the whole article...
もっと調べてみるよ。記事を全部読むにはお金を払わないといけないんだ。。。

Ill either do that or just ask the doc who is behind it, Im going to be talking to him anyway about taking out my clips.
お金を払って読むか、その背景にいる医者に聞いてみるか、します。私のクリップを取りはずすことについても彼に聞きに行くつもりです。

The little introduction for the article that I did read did say there was "promising results"
記事の簡単な紹介の所では "期待のできる成果があった" ということが書いてありました。


Author: Erika
#5, 2009.8.7
Are you speaking of Columbia University in New York?
あなたが言っているのはニューヨークのコロンビア大学のことですか?

If so, do you know who the doctors are?
もしそうだとして、その医者を知っているんですか?

I know that Columbia has a Center for Hyperhidrosis and does a lot of sympathectomies.
コロンビア大学は多汗症のためのセンターを持っていて、たくさんの交感神経切除手術を行っているっていうことを知っています。

Gee, their customers must have been really pissed off for them to start experimenting a reversal.
リバーサルの評価を開始したということなら、彼らの患者達はそうとうに腹を立てるに違いないです。

Maybe all of the other evil surgeons of the world should take note.
世界中の他のすべての悪の外科医は注意を向けることも必要です。


Author: cookiemonster
#6, 2009.8.11
Ya his name is Dr. Perin.
彼の名前は Dr. Perin です。

The same one that preforms ETS is the one who was behind the study.
ETS を行った人とこの研究の背景にいる人は同一人物です。

He won't call me back about clip removal so Im guessing he doesn't do it.
彼はクリップを取り除くために私を呼びたいとは思わないでしょう、だから彼がそうするとは思えないです。


ここからは 2011年となっていて、追記された内容になっています。


Author: mitimatt
#7, 2011.3.16
Davinci Robot Article
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/rcs.205/abstract

Here's what I found on that Davinci Robot and the Columbia Study.
これは私が見つけた Davinci Robot、そしてコロンビアの研究についてのページです。

Article Title: "Robotic intercostal nerve graft for reversal of thoracic sympathectomy: a large animal feasibility model"
記事のタイトル: 胸部交感神経節のリバーサルのためのロボットの肋間神経移植: 大きな動物への実現可能性モデル

They used pigs to determine feasibility of using robot to do nerve graft for reversing ETS.
ロボットがETS リバーサルの神経移植をする実現可能性を計るため、彼らは豚を使って行なった。

The result was that they saw the approach as feasible but that was it.
結果は、彼らはこの手法を実現可能性があるとしました。しかしあくまでそれは "実現可能性がある(feasible)" ということです。

Nothing here in terms of using this on people or success rates post procedure.
人間に対して行うことについてとか術後の成功率といったことは全く書かれていませんでした。

Article is dated 2008, so I wonder if anything came of this.
記事は2008年に書かれたものでした。だから何かこの記事から得られたものがあるのかどうかも疑問に思っています。

mitimatt


Author: mitimatt
#8, 2011.3.16
Additional Information
Hi,

Found out that one of the authors of this article, Faiz Bhora, is a cardiothoracic surgeon still on staff at Columbia University.
この記事の著者の一人が分かったよ。Faiz Bhora という人で現在もコロンビア大学のスタッフをしている心臓胸部の外科医です。


Author: mitimatt
#9, 2011.3.18
Davinci Robot Reversal Procedure Update
Hi Everyone,

I wanted to update you all if you're still open to a surgical reversal method.
もしリバーサル手術についてまだ関心があるなら、アップデート情報を書きます。

I had pursued one of the authors of the following article:
"Robotic intercostal nerve graft for reversal of thoracic sympathectomy: a large animal feasibility model"
Latif MJ, Afthinos JN, Connery CP, Perin N, Bhora FY, Chwajol M, Todd GJ, Belsley SJ.
記事 "胸部交感神経節のリバーサルのためのロボットの肋間神経移植: 大きな動物への実現可能性モデル"の著書は Latif MJ, Afthinos JN, Connery CP, Perin N, Bhora FY, Chwajol M, Todd GJ, Belsley SJ といるのだが、そのうちの一人を調べてみました。

It has been detailed in other posts on this site before.
それはこのサイト上の以前の他の投稿に詳しく説明されています。

The article was dated 9/2008.
その記事は 2008.9 に書き込まれたものでした。

BACKGROUND: A subset of patients who undergo video-assisted thoracoscopic sympathectomy for hyperhydrosis develop post-procedure compensatory sweating that is perceived as more debilitating than their initial complaints. We propose a novel treatment to reverse sympathectomy by implantation of an intercostal nerve graft using the da Vinci robot.
背景: 多汗症によって胸部交感神経切除手術を受けた患者の一部は、術後、より苦痛となる代償性発汗の症状を持つ人がいる。私達は Da Vinci robot を使った肋間神経を移植することによってリバーサルする新しい手法を提案します。

METHODS: A robotic swine model was established using single-lung ventilation and four ports. The pleura was incised and a representative segment of sympathetic chain was transected. A nearby intercostal nerve was harvested and sutured to the sympathetic chain using four interrupted 10-0 nylon sutures on the epineurium.
手法: 豚を利用したロボットのモデルは1つの肺の通気腔と4つの腔を使って行われた。胸膜を開し、交感神経連鎖の代表的なセグメントは切断されました。近くの肋間神経を採取し、神経上膜で4つの10-0ナイロン縫合糸を使うことによって交感神経連鎖をつなぎました。

RESULTS: The intercostal nerve was an excellent size match and post-procedure necropsy yielded successful anastomoses without apparent complications.
結果: 肋間神経はサイズが良く合っており、術後の確認では明白な合併症もなく、吻合は成功をもたらした。

CONCLUSIONS: Robotic intercostal nerve grafting for reversal of thoracic sympathectomy is technically feasible. The robotic device allows the principles of neural microsurgery to be maintained and provides a minimally invasive option for reconstruction of the sympathetic chain.
結論: ロボットの肋間神経移植によるETSリバーサルは技術的に有効だと言える。ロボット装置は神経の顕微鏡手術を維持する原則的役割を与え、交感神経連鎖を再構成するための低侵襲性のオプションを提供している。

I emailed Dr. Faiz Bhora about the present status of the approach discussed
in the article and whether they had tried it on human patients.
私はこの記事で議論された手法の現状について、そして人間の患者に試したかどうかについて、Dr. Faiz Bhora にメールをしました。

Today, I was contacted by Dr. Cliff Connery, one of the other authors this morning.
今日、私はこの記事の著書の一人であるDr. Cliff Connery とコンタクトを取りました。

He was responding to my email to Dr. Bhora.
彼は私が Dr. Bhora に出したメールに反応してくれました。

Dr. Connery is the Chief of Thoracic Surgery with Continuum Health Partners, which includes Columbia University College of Physicians and Surgeons and St. Luke's Roosevelt Hospital, both of New York.
Dr. Connery は Continuum Health Partners にある胸部外科チームのチーフです。この組織はニューヨークにある2つの組織、Columbia University College of Physicians and Surgeons と St. Luke's Roosevelt Hospital も含んでいます。

Dr. Connery advised me that they had completed a successful reversal procedure 9 months ago. 
Dr. Connery は私に次のように教えてくれました。9カ月前にリバーサル手術を成功裏に終わらせました。

The patient suffered severe cs and issues with lack of stamina.
患者はひどい代償性発汗と気力の欠如の問題に苦しんでいました。

As of this writing, the doctor said that the patient is doing dramatically better.
この記事の執筆時点で、医者は患者が劇的に良くなっていることを伝えてくれました。

He said it's premature to determine how successful the surgery has been because the patient has not gone through a summer yet, but that the initial results were that the patient has experienced a return of stamina and a return of sweating to his neck and other areas above the nipple line.
彼は次のようにも言いました。患者はまだ夏を迎えていないから、この手術がどのくらい成功したと言うのにはまだ時期尚早である。しかし、初期の結果としては、患者が気力が戻っており、首や乳首ラインよりも上の他の領域で汗が戻って来ている。

Dr. Connery also said that he is willing to speak with others from our forum to discuss their present situation and about their procedure.
Dr. Connery はさらに次のようにも言いました。彼らの現在の状況のこととか過程とかを、私達のこのフォーラムの他の人達とも喜んでお話することができます、と。

He was very approachable, and he contacted me from an email I sent to Dr. Bhora.
彼はとても親しみやすくて、私が Dr. Bhora にあてた email から私にコンタクトをしてくれた。

He was happy to discuss my situation and he was open to me posting his contact information on this forum for others to contact if they are interested.
彼は私の状況のことを進んで議論した。そしてもしこのフォーラムの中で誰か関心のある人がいたらコンタクトが取れるようにと、フォーラム上に連絡先を投稿することについてもオープンでした。

We didn't get a chance to talk alot, but he did say, that if we were to get the procedure done through them, that he wanted an assurance that we would stay in contact with them for evaluative purposes.
私達は長く話すことはできなかった。しかし、次のように言った。もしそれらを通じてプロシージャ(つまりリバーサル手術)が行われた時には、評価目的のためにコンタクトと取るのに留まってもらう保証を彼は望んでいました。

Here is his contact information:
彼の連絡先です。
(以下略)


まだスレッドは終わってないのですが、長いので一旦ここで切ります。

このスレッドの後半では Dr. Connery のリバーサルを受けた人が出てきます。
ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について③ のところでリバーサルを受けたと書き込みしていた人になります。

ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について④-2 につづく。

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

2015年1月1日木曜日

2015年 あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

うちは手作りのおせちで新年を迎えました。

まるとん