コメント広場利用の注意

コメント広場利用の際には アンケート の記載を必須にします。その後そのハンドル名を利用してください。

2019年10月31日木曜日

蒙古タンメンの味覚性発汗チェックと自作禁煙パイポのカスタマイズ

自作禁煙パイポはこのリバーサル手術のブログに書いても需要がほとんどない気もするんですが(ひょっとして邪魔??)、、やりかけてるのでやり切ります。
というのも、吸い口とかをいろいろと変えてみたりして、ベストな調整ができたんです。

吸い口なんですがシリコンの吸い口を使います。禁煙パイポだと吸い口はプラスチック製なんですが、かじってしまってすぐボロボロになっちゃうんです。でも、シリコンだとそれが全く無いです。
そしてこれに禁煙パイポの胴体を差し込むんですが、そのままではゆるゆるなのでシールを何周か巻いて厚みを作ります。それで抜けないようにすることができます。

禁煙パイポの胴体の中にL-メントールの結晶を入れます。
ただ、使ってると隙間からこの結晶が出てきちゃうんです。

なので脱脂綿を少しだけ詰めます。
これを上端と下端の両方やってあげます。

これで自作禁煙パイポのカスタマイズが完成です。
L-メントールはひとかけ入れてもそれで数日持つので、買い替えや補充の必要性が全くないです。つまり維持費がかからずたっぷり使えます。


ということで、写真の通り蒙古タンメンをゆうべ食べたんですが、昨日は顔汗はほとんど出てなくて普通に食べれました。日によって出たり出なかったりなので、どのくらい味覚性発汗が出るとかそれがどのくらい減ったかとかをまとめることができないでいます。

でもとってもおいしかったです。

2019年10月30日水曜日

コメント広場 - NEW

▶ Next
Back ◀
Back ◀
新しいコメント広場です。
以前は「コメント広場」と「リバーサル手術関連コメント広場」の2つがあったのですが、見直してこのページ1つに統合しました。(過去の書き込みを見るには上の2つのリンクまたは コメント広場(過去ログ) からどうぞ。)
  • ETS手術やリバーサル手術について、ご自身の状態や代償性発汗の対策などを書き込む場として利用してください。リバーサル手術の術後報告は特に歓迎です。
  • リバーサル手術についての質問についてはメールではなくこちらを利用してください。質問については私だけじゃなく他のリバーサル手術を受けた人達からの書き込みも大歓迎で、自由に掲示板のように利用してください。ただし、術後の状況も人それぞれだし、またリバーサル手術に関する考え方も人それぞれなので、あくまでも参考意見として判断する程度に留めるのが良いかと思います。
  • 多汗症関連のニュース記事のリンクを載せたりもします。もちろんみなさんから気になる記事を載せてくださってもOKです。
  • ハンドル名を決め アンケート に記載していただくことを必須にしています。ハンドル名も名乗らなかったり、ご自身が ETS にどう関わっているかといったことを伝えることもなく、匿名で単発のコメントや質問をするのはルール違反になります。
  • 誤ってGoogleアカウントでコメントしてしまったという間違いをたまに聞きます。
    Tips のページにやり方を書いておりますので、一度読んでいただくと良いと思います。また、もし誤投稿してしまった場合でもご自身で削除することが可能です。分からなかったらメールで連絡いただければ私の方で対応します。
  • スマホからコメントの投稿ができない場合があります。ブラウザを変更することで投稿できることがありますので、コチラ を参考にしてください。
  • コメントが投稿されたときにメール通知を受け取る方法があります。
    コメント入力ボックスが下にありますが、そこに「お知らせを受け取る」というチェックボックスがあります。そこにチェックを付けると、ブラウザ上に登録されている Google アカウントでメールを受け取ることができます(チェックを付けたページのみ有効です)。
どうぞよろしくお願いいたします。

まなかさんがまとめたリバーサル手術Q&A

先週リバーサル手術を受けて来たまなかさんから、リバーサル手術時にドクターに質問したことや気になったことをQ&Aにまとめてくれました。

私のブログに載せることについて了解をいただいたいので、ここに載せます。


①切れた神経と繋げた神経の写真がほしい
  • 3Dカメラを導入した為、以前より綺麗に写るようになった
  • すぐには渡せないが、後日通訳からメールに添付して送る
    (写真は希望しなくても全員に渡している気がしました)

②切った肋間神経に影響はあるのか?
  • 肋間神経への影響はほとんどない
  • 昔は足から神経を取っていたため足が無感覚になる部分が出ていたが、今はそれをしていない
  • 肋間神経に幹細胞をプラスして使用することで、速やかに回復傾向を示す
  • ETSで切った箇所により、長めに肋間神経を必要とする場合がある。その時は足から神経を取ることがあるので了承してほしい(←滅多にないそう)

③リバーサル後、妊娠・出産に影響はあるのか?
  • 妊娠、出産は特に問題ない
  • 運動は術後3週間は控えるように。妊活は無理をしないでほしい

④メチコバール、ビタミンB12の服用期間または用量は?
  • 6ヶ月〜1年は続けてほしい
  • 摂取は普通の用量で良い
    (g数までは教えてくれませんでしたが、日本の処方規定の量で良いかと)

⑤脂肪は取れるのか?
  • 身長、体重、見た目から取れるか分からないと言われた
  • もし取れなかった場合は肋間神経のみ使用になるため、差額分の手術代は返金する
  • ドクターはまず身長と体重をみて脂肪は取れないと思ったようです。
    その後問診にて最初の言葉が炭水化物は取った?でした。日本人は痩せすぎているため、今後もリバーサル希望者には伝えていくそうです。
    その後の触診にて脂肪があったようで、お腹と太ももから取るとのことでした。
  • 肋間神経のみの手術代は13,500ユーロ
    プラス幹細胞使用になると14,900ユーロ
    どちらを選択するかは患者の自由です。
    強制もされません。

⑥リバーサル後、日本の鎮痛薬を服用していいか?
  • 答えはOK
  • 通常は退院後に処方箋を渡して、薬局でPanacod(強力痛み止め)を貰うが、今回は処方箋も無しにしよう
  • 代わりにDiclomex(ボルタレンと同じ成分)とOxycontin (強力痛み止め)の2種類を退院時に処方する
  • 日本から持ち込んだ薬も服用しても良い
    (日本からボルタレンとロキソプロフェンを持参)
  • Oxycontinを半錠にして飲んでも良い
  • 日本人や小柄の人には、今後はこういう対応もしていこう
  • 海外の強い鎮痛剤は服用したくない、日本の鎮痛剤を服用したい、副作用が心配という事を事前に通訳さんに伝えていました。
    通訳さんは手術時に処方されるPanacodの説明をメールでしてくれましたが、詳しい事はドクターの問診時に聞くようにとのことで、上記の内容を聞きました。
  • ボルタレンはフィンランドでも一般的な薬。
  • 薬局で処方されるPanacodは50錠入りで、1回1〜2錠を1日3回まで服用できる。
    この量を処方する理由は、術後に痛みが出てもフィンランドでも日本でも診察ができない。よって自分で対処できるように多めに処方しているそうです。

痛み止めの服用の流れ
  1. 術前に Oxycontin (強力痛み止め)を服用(白錠剤の10mgを2錠)
  2. 術後、Painkiller (点滴の中に入れる痛み止め)を投与
    ※Painkiller を投与する時、1〜5段回の量があるけどどうする?と聞かれ、私は副作用が嫌だったのレベル1で投与してもらいました。
  3. 夜に2回目のOxycontin を服用(白錠剤の10mgを2錠)
    ※服用すると気持ち悪くなること、1錠にしてほしいとナースに伝えたが、ドクターの指示だからダメと言われました。
  4. 次の日の朝、3回目のOxycontinを服用(白錠剤の10mgを1錠、青錠剤の5mgを1錠)
    ※訴えが叶ったのか、胃薬(白錠剤)をプラスで処方してくれました。
  5. 昼に退院し、その後Diclomex(ボルタレン)に変更

その他注意点
  • リバーサル手術を申し込む時に簡単なモニタリングフォームを記入して送信。
  • ETSをしたカルテ等持っていかなくてOK。
  • 手術当日に問診票を記入。
  • 問診票の内容は日本と変わらず一般的な内容です。
  • その後通訳とドクターを交えて問診、診察をしてから、すぐに手術が始まります。
  • 日本だと術前採血や肺のレントゲンを取るのは当たり前ですが、全くそういった事はしません。
  • 心配になりその点についても伺いましたが、しませんと言われました。
  • フィンランドは信頼社会のようです。
    自分の発言に全て責任を持ちましょうということ。
    その言葉を信じてドクターも手術をしてくれます。
    問診票の内容には、虚偽の申告はしないで下さい。
    特に既往歴や持病など。

追記
まなかさんのリバーサル手術記もあります。その記事は コチラ

2019年10月25日金曜日

【番外編】L-メントールで自作シャツクールと自作禁煙パイポ

今日はちょっと番外編です。

アマゾンでL-メントールの結晶を買ってみました。

今回2つの使い道を予定していて、1つ目は自作シャツクールです。
エタノールで溶かし、それに水道水を加えてスプレーにします。
衣類に噴きつけて、自作シャツクールです。
まだやってないんだけど、必要部品はこれで全部なので、実際にやってみたら使用感を書こうかと思います。

もう1つの使い道は自作禁煙パイポです。
最近介護のストレスとかもあるのかなぁ、、禁煙パイポをスパスパ吸うようになったんだけど、禁煙パイポって3個入りで270円ですから1個あたり90円もします。でも2、3時間スパスパしてたらすぐ切れちゃうんです。これは高いので自作することにしました。今回L-メントールを買った主目的は実はこっちだったりします。

使い古しの禁煙パイポの胴体部と、別途購入したタバコ用の吸い口を使います。

パイポの胴体の中にメントールの結晶を入れて、、、

自作禁煙パイポができました。
爪が汚いのは庭作業で大変な思いをしたからなんですが、詳しくは コッチ
で、早速使ってみたんですが、清涼感は全く禁煙パイポと一緒です。スースーしてなかなかイイです^^
今回買った吸い口はたまたま最寄りのコンビニに売ってた5個100円のやつなんだけど、10個入り100円とかのもあるみたいなので、それにすればもっとお安く作ることも出来そうです。
※ネットでは禁煙パイポの胴体を使わずに脱脂綿で栓をする方法を紹介してたりもありますね。いろいろと試してみようと思います。



追記
続編があります。
→ 蒙古タンメンの味覚性発汗チェックと自作禁煙パイポのカスタマイズ

2019年10月22日火曜日

昨日もLINE会をしました

昨日もLINE会(ボイスチャット)をしました。
まなかさんが明日フィンランドに向かい明後日リバーサル手術を受けるので、その前にみんなでミーティングをしようということで、です。今年リバーサル手術を受けたゆーこさんとバッキーさん、それと来年受けようかと検討中のかもめさん、それと今週リバーサル手術を受けるまなかさんと私の計5人です。去年と一昨年はリバーサルを受けた人はいなかったみたいだし、ひょっとしたら直近リバーサルを受けたor受ける予定のみんなが揃っているのかもしれないです。

ちなみに、6年前にリバーサルを受けたしのぶさんや4年前に受けたChemaさんもLINEグループのメンバーに入ってもらったんだけど、スケジュールが合わなかったので今回のLINE会参加は見送りとなりました。次回は彼らも交えてLINE会したいなと考えています。

今こんな感じでリバーサル手術を受けたメンバーが集まっています。
もしリバーサル手術を受けた方でLINE会に参加したいという方がいらっしゃったら、私宛てにご連絡をお願いします。ボイスチャットのLINE会が主になりますが、LINEグループ内でメッセージのやり取りもしてるので、それだけの参加希望でも構わないです。
確かに私はリバーサル手術を受けたたくさんの方の連絡先を知ってはいるのですが、そのつもりのない方に連絡をしてお断りの返信をさせてしまうのも負担になるかもしれないので、連絡のくれた方を招待する形にしたいと思います。受ける時には良くメールしてたけどそれっきり、なんて方も沢山いらっしゃいますが、気軽に連絡していただけれるとうれしいです。

2019年10月21日月曜日

手のひらに対する神経の流れる感触と痒みと麻痺

神経の流れる感触について最近は全然書いてないですが、毎日激しく神経の流れる感触を感じながら過ごしています。

先々週あたりから手の平の痒みがものすごく激しくなりました。
最初は「庭作業をした時に毛虫にでも触れたのかな?」と思ってたんですが、汗疱みたいなのが手のあちこちにぷつぷつできて、「ひょっとしたら以前右手にちょっとだけできてた汗疱が激しくひどくなったのかも?」って思うようになりました。
保湿クリームを手にべったり塗って処置してました。

だけど、今日に限っては麻痺が出始めました。
麻痺が起きてるのは右手の人差し指先端で、やけどした直後のようなガサガサ感と感覚の鈍さがあります。痒みは両手のひら全体に起きてたんですけど、今回の麻痺は右手の人差し指先端のみで起きてます。

今までの傾向からすればリバーサル手術による神経の変調の影響だと思ってはいるんですが、はっきりとそう断言できるだけの自信もなく、かなり不安で不快な状態で、過ごしています。

これについてはもうちょっと様子を見ながらどうするか考えます。


あと、最近TwitterではビタミンB12のサプリが流行ってます。
薬局で買えるサプリだと・・・1粒50㎍とか程度
処方箋で買えるビタミン剤だと・・・1粒500㎍(メチコバール錠)
ネット通販で買える含有量の多いサプリだと・・・1粒5000㎍
で、この含有量の多い5000㎍を買って飲んでる人が多くいるみたいなんです。

だけど、私は薬局で買える50㎍のサプリを使っています。

含有量が多い方が効果が高そうっていうイメージがもちろんありますが、ビタミンは神経を作る基(素材)になるというよりかはむしろ神経を作るためのエネルギー源という認識です。そもそも食事で摂ることができればそれで十分なはずで、それ以上に追加で採りすぎなくても別に良いんじゃないかって言うのが私の(浅はかな)考えです。私は食事はバランスよく取れてる方なんじゃないかと、自分では思ってます。
こちらは今日の晩ご飯です。肉も野菜も魚もちゃんとあります。
※上の画像をクリックするとamebloの今日の晩ご飯記事にジャンプします。

それにいろいろと調べると気になる記事もいくつかあります。
例えばコチラ。
→ 日本人の間違いだらけのサプリ選び! 危ないサプリ、飲み方一覧
ビタミンBは水溶性ビタミンで、脂溶性ビタミンと違って一回に吸収できる量に上限があります。ですので、一回にたくさんの量を摂ろうとしないようにしましょう。
また、ビタミンBが高い状態が長く続くと、頭痛や神経障害を起こすことがあり、注意が必要です。ビタミンBは「にんにく注射」にも使われるように活力のもとになりますので、夜ではなく朝に摂るのがいいでしょう。夜にビタミンBを摂ると眠れなくなることがあるとの論文もあります。100mgの上限量を朝の空腹時に摂ることが効果的です。

人それぞれ適正量があるかもしれないですが、私は「いらない or 気持ち取ってるかな程度に飲めれば十分」っていう認識でいます。

2019年10月12日土曜日

バッキーさんのリバーサル手術記を読んで気になったこと

先週フィンランドにリバーサル手術を受けて来たバッキーさんが 自身のブログ に渡航記を載せています。

今は まで公開されていて手術が無事終わったところとなっているんですが、手術の所見には次のように書かれています。
T4は神経節が残っていて生きていたのでT3の肋間神経を使用し、T2とT4をロボット縫合してから、医療用接着剤で接着をし、両端に幹細胞を処置をした。

この記事のコメントに私は次のように書きました。
T4の神経節が残っていたらT4の肋間神経を使えば接続個所を1箇所だけにすることができる気がするのですが、そうではなくてT3の肋間神経を採取したということで損失箇所を極小にしたのかもしれないですね。ひょっとしたら幹細胞を使うようにしたことで「接続箇所を減らす」ことよりも「損失箇所を最小」にするアプローチになったのかもしれないですね。。。

何で私がこう思ったのかが分かりにくくて突拍子もない感じなので、ちょっと補足をここに書いておきたいと思います。

まず、T4神経節が残っていたという状況ですが、このような感じになっていたんだと思います。

私が「T4の神経節が残っていたらT4の肋間神経を使えば接続個所を1箇所だけにすることができる気がする」と書いたのはこういうことです。
下端はそのまま、上端のみ切り取って移動して接続してます。

だけど、今回の所見は「T3の肋間神経を使用し、T2とT4をロボット縫合」ということなので、次のようにしたのかなと思いました。
上端も下端も切り取って移動して接続しています。

接着面が1か所と2か所の違いがあって、一見すると1か所の上のやり方が接続箇所が少ないため良いようにも見えます。
だけど、移植元として使う神経がT4肋間神経かT3肋間神経の違いがあり、T4肋間神経は「活きている神経」ですが、T3肋間神経はT3神経節が無いため既に「死に体」の神経なんじゃないかと思うのです。そのため、T3肋間神経を使うことで損失箇所を極小にすることができるのかなと思ったということです。

今までのリバーサルを受けた人達から聞いてた話だと、こういった場合には(必ずしもでないですが)T4肋間神経を使っていた方が多かった気がします。
だけど、今回バッキーさんに対してT3肋間神経を使ったというのは、ひょっとして幹細胞を使うことによる神経再生の効果を期待できるためなのかな?(そのため接着面が2か所となったとしても神経の損失を抑えたかったのかな?)とも思いました。

実際のところはドクターに聞かないと分からないことなのですが、あくまでも私がこう思ったということで、そして図を使いたかったのでこのページに、書きました。

2019年10月2日水曜日

LINEのボイスチャット

昨日リバーサル手術関連の人たちとLINEでボイスチャットをしました。
詳しいことについては ゆーこさんのブログ に書かれているので、そちらを参照です。

今までLINEのボイスチャットは音質が悪くて使い物にならない(だからSkypeの方が良い)って聞いてたからLINEでやることにはちょっと心配したんだけど、それはもう昔の話みたいです。今回4人でやったのですが、全く問題なく、ものすごく鮮明に聞き取るができました。

先日も紹介したことのある、このBluetoothイヤホンを使いました。
左耳のところ、透明のぐるんとしているのがイヤーフックで耳に引っ掛けられるようになっています。そして黒いところにマイクが付いてるので、ハンズフリーでトークできます。そこまで目新しいわけじゃない今さら感のあるアイテムですが、これがすごく便利で今ものすごくハマってます。

ということで、本体のiPhoneはテーブルに置きっぱなしで、書類の整理とかしながら参加してました。


昨日のボイスチャットに参加したバッキーさんが今フィンランドに向かってて、明日がリバーサル手術予定となっています。
詳しいことについては バッキーさんのブログ に書かれると思うので、そちらを参照です。