コメント広場利用の注意

コメント広場利用の際にはアンケートの記載を必須にします。その後そのハンドル名を利用してください。

2017年2月23日木曜日

今日の神経の流れる感触(2/23)

ここ最近はずっと布団で横になっています。
神経の流れが激しくて、まともに起きれないでいます。
今日はさきほど濁流と言わんばかりの激しい流れを右腕に感じました。体を動かすことがまったくできずなすがままの状態でした。
今までにない激しさだったのですが、これで終わりなのかどうかも良く分からないです。
今は体中の力がまともに入りません。
心も体も弱ってるみたいです。
では。
まるとん

2017年2月20日月曜日

今日の神経の流れる感触(2/20)

今日は一日中さむけがしていました。
神経の流れる感触はつながったり途切れたりを繰り返していました。
途切れているときは不安になり、つながっているときは抗えない力強さで右腕の中を神経が流れたりするのでそれに身を任せるしかない状態になります。
代償性発汗を出している胸の中の大量の神経が、リバーサルした箇所を通じて上半身へ流れて抜けていっています。
では。
まるとん

2017年2月19日日曜日

今日の神経の流れる感触(2/19)

ゆうべは眠れましたが、今日も一日横になって安静にしていました。
寝汗は脇にちょっとしかかかなかったのですが、ちょっと日に当たっただけで背中から汗が出たりお風呂上りの汗が止まらなかったりとしました。
汗が出るのが神経が移動する合図になっていて、わっと出た汗の量がそのあとの神経の移動する量と比例しています。
腕の中への神経の流れる感触ははっきりしていて、今日は右の下腕に点滴が流れるような感触で流れました。
その後、親指をぐるっと包むような感じで流れ込み、その後、枯れた神経が活き返るような強い流れを上腕に感じました。相当の力強さで押し流されるような感じでした。
でもそれがあった後はまたいつもの弱い流れに戻っています。背中全体の神経が両手の平に移動しているのを感じています。
右肩は相変わらずぽきぽきと音がするし、両手のひらはさらさらです。
では。
まるとん

2017年2月18日土曜日

今日の神経の流れる感触(2/18)

ゆうべは全然眠れませんでした。
神経の腕へ流れる感触が強く、明け方までずっとその流れを感じていました。
そして今朝の寝汗は超ひどかったです。
お腹、背中が一面びっしょりとなっていました。ここまでひどい寝汗は数年ぶりのことだったんじゃないかと思います。
その汗を出した分、大量の神経が背中やお腹から右腕に向かって移動する流れを一日中ずっと感じていました。
食事もほとんど取れず、一日中寝ていました。
では。
まるとん

2017年2月17日金曜日

今日の神経の流れる感触(2/17)

今日は寝汗でわきの下がびっしょりになりました。お腹と背中もうっすらと汗をかきました。
そのせいもあってか今日の神経の流れは強かったです。
左側がつながりきったと感じたのはリバーサル手術を受けて1年半ぐらい経った時のことでしたが、その時に感じていた一番強い流れと比べて、だいたい同じくらいの強さにもなった気がします。
右側はリバーサルを受けて15年以上経っているだけあって、あと残りどれくらいかかるのかははっきりと言い切れないですが、もう最終フェーズになり、あとは両腕に流れる神経が満たされる状態にまでなって流れを感じられなくなったら神経はつながりきるじゃないかっていうのをほぼほぼ確信しました。
あと、一瞬だけだけど、顔の右半面全体に神経が流れるのも今日は感じました。
では。
まるとん

2017年2月16日木曜日

今日の神経の流れる感触(2/16)

今日は調子は少し良くなりました。
寝汗もなかったし、昨日までむかむかしていた胃はおとなしくなりました。そして神経の流れる感触はまた少し強くなり、時に上腕、時に下腕、時に親指と人差し指に流れ込むのを一日中感じていました。何度かまぶたや目の下あたりがぴくぴくしたりもしました。流れの移動元となる背中側も何度も何度もなでるような感じで崩れて流れていくのを感じてました。
また当分の間はこの調子で神経の流れを感じるんじゃないかと思います。
今感じている神経の流れは相当強い流れであり、これだけの神経の流れをETSではせき止めていたんだなぁと今日は改めて思いました。
では。
まるとん

2017年2月15日水曜日

今日の神経の流れる感触(2/15)

今日も一日中調子が悪くて横になっていました。
胃がむかむかして吐き気はするし、頭も重くて辛いです。
食事は何とか押し込みました。
肩、腕、手の平に向かう神経は激しく、両肩は引っ張られる感じがし、両手のしびれは余りにひどく、ちょっと体を動かすだけで肩はボキボキとなって神経の流れが激しくなり、反動で吐き気がします。
パニックが起きていた時はこれで回復が進むって内心喜んでましたが、今の状態は気持ち悪さが先に出て喜べないです。
今までの経験上一過性だと思うのですが、これが何日も続くとなるとちょっと体がもたなさそうで心配しています。
では。
まるとん

2017年2月14日火曜日

今日の神経の流れる感触(2/14)

今日は頭が重かったです。
神経の流れる感触はずっとしていて、それが頭にも流れているせいで起きてると思ってます。
胃のむかつきは数日前程ひどくはないものの胸やけみたいな感じで残ってて、あと、ここ数日は手のひらの汗はまったくないさらさらの状態になってます。痺れは相変わらずひどいです。
寝汗もここ数日あります。
昔のような背中一面びっしょりという汗はもう出てなくて、脇にだけちょっとにじむ程度の汗です。右脇の方が汗が多いです。

来週にmixi手掌多汗症コミュでのオフ会があり、それにエントリーしました。
とっても楽しみです。
では。
まるとん

2017年2月11日土曜日

今日の神経の流れる感触(2/10)

今日も激しく両手とも手のひらがしびれ、右手の親指はプルプルとふるえ、中指は無意識に動いてました。
胃のむかつきやめまいはなかったけど、なんどもふとももや胸がぴくっと動いて、神経の移動元となる箇所が反応していました。
右わきの下の流れの引っかかるところは、力を入れるとボキッ、ボキッと音がします。痛みに近い気持ち悪い感触で、それに伴い神経の筋が引っ張られる感じがします。
あと目がしみる気がして、流れるほどじゃないのですが、涙の量が少し増えたように思いました。
では。
まるとん

2017年2月9日木曜日

今日の神経の流れる感触(2/9 - 2)

今朝ブログを書いたのですが、それは昨日のことだったので、今日の分の更新です。
今日は一日中ひどく手のひらがしびれていました。
ここまでひどくしびれたのは久しぶりのことでした。今も両手ともしびれています。
最近若干の湿り気が戻っていた手は今日は両手ともかさかさで、プール上がりみたいな感じの違和感があります。
手首は右手の方が冷たいのですが、手のひらは両手とも同じくらいの温度であったかく、左右差があまり感じられなかったです。
昨日ひどかった胃のむかつきは昼間はなかったのですが、今はちょっとあります。
あと昼間何でもないところで何の前触れもなく2度めまいがしました。
良い面の変化でいえば、今日のご飯をいつもよりもおいしく感じられました。風味っていうのかな、それを感じれた気がしました。
回復のきざしならいいのですが、今までとはちょっと違った変化の感じ方なので、不安もあります。
では。
まるとん

今日の神経の流れる感触(2/9)

昨日は1日調子が悪かったです。
お腹下して、胃がずっとむかむかしていました。
何か悪いものでも食べたかなと思ったけど思い当たる節もなく、ずっと横になっていました。
夜になっても落ち着かなくて、両手もしびれてきたので、きっとこれは神経の流れる感触のせいかなって思いました。
で、早く寝たのですが、朝目が覚めたあと、右目だけがしみて涙がでたので間違いないようです。
今も両手がしびれてます。右肩はぽきぽきと音がします。

昔はパニックが起きていましたが、それが起きない代わりに胃がむかむかするのであればそれも辛いなぁと思いました。

では。
まるとん

2017年2月2日木曜日

味覚性発汗チェック(蒙古タンメン第2弾)

今代償性発汗仲間の間で蒙古タンメンがブームです。

12月に味覚性発汗チェックで蒙古タンメン中本に行きましたが、辛さ6の五目蒙古タンメンをクリアしたのでさらに辛いラーメンを食べに再度同じお店に行ってきました。
私の場合の味覚性発汗が、タイミングが遅くなったことで出なくなったのか、それとも汗の量が減ったから出なくなったのか、それを確認したかったのもありました。

そして今回頼んだのは10段階中の辛さ9の北極ラーメンです。

今日は混んでました。5分ほど店内で並んで待っていたのですが、並んでいる間にも口の中で大量のよだれが出てきました。一昔前ならよだれは出ずに顔から発汗していたかと思います。

注文は並んでいる間に取っていたので、座ってまもなくしてラーメンは出てきました。
赤いです。
赤いのは上澄みだけなのですが、唐辛子の赤いつぶつぶがスープいっぱいに浮いています。

最初の一口はむせました。
麺をずずずーっとは食べれません。
むせないようおそるおそるすする必要がありました。

辛さは激辛ですが、韓国で食べた激辛トッポギと同じ位の辛さで初めて体験ではなかったです。

食べ始めて3分ちょい。
鼻水が出てきました。
鼻水をずずっとすすって、麺はむせないようにおそるおそるすすって、泣いてる子のような感じです。一昔前ならもっとひどい鼻水だったような気がします。

そんなこんなで食べるペースがガタ落ちして、ここまででさらに5分かかりました。

顔から汗が出てきました。
流れる汗が左右1滴ずつこめかみあたりからです。

ですが、1度だらりと流れたら、それ以上はにじむレベルでしか汗は出てこなかったです。一昔前なら一旦流れ出したら後はぞくぞくと汗は流れていたと思います。もちろん汗の出るタイミングももっと早かったです。

さらにゆっくりと食べ、ここまで食べ終わるまでにさらに5分ほどかかりました。

ぬぐったティッシュが山になってますが、この程度でした。
でもぬぐった後から続々汗が出てくるわけではないので落ち着いて食べることができました。

味覚性発汗ですが、もう全くない一般人と同レベルと言っていいと思います。
感じたのは唾液の量が増えるのに反比例して鼻水や味覚性発汗が減ったということでした。出るタイミングも遅くなったし、その量も減りました。

北極ラーメン、辛くてとってもおいしかったです。

では。

まるとん

胴体・背中用のイオントフォレーシス装置

今回はちょっと番外編です。

イオントフォレーシスって知ってますか?
電気を流すことで汗を止めることで、手の汗や足の汗を止める装置のDrionicが有名で記事を書いたことがあります。(※Drionic (ドライオニック)について 参照)

それの胴体・背中版というのをネットで見つけました。
Idromed 5 PS - Ideal for Torso and/or Back

どういう装置かはページ中で紹介されている動画が参考になります。

たぶん設置面に対して有効だと思うので、パッドを背中とお腹に当てるのかな?と思いました。(ちょっと良く分からなかったです。だとすればカバー範囲が狭すぎるかなぁ。)

イギリス製で値段は £595、2017.2.2 現在で8.5万円程度みたいです。

値段も高いし、問題は代償性発汗に効くかどうかですね。

私は試したことないです。
ただ、そういった機器があるかないかと言えば、実際に存在するという紹介でした。

それほど重度ではない一般の汗っかき用のような気がしていて代償性発汗には難しいんじゃないかと思いますが、もし試す人、試した人がいたら代償性発汗でも効いたかどうか教えてくれたらうれしいです。

では。

まるとん