2014年12月31日水曜日

今日は友人と会ってきました(12/30)

今日はリバーサルを受けた友人と会ってきました。

リバーサルを受ける前に1度お会いしたことがあったのですが、この年末に都心に来るということで、横浜の中華街でお会いして、ご飯を一緒に食べてきました。

では、術後の話しで盛り上がったかというと、Skypeで状況のお話は既にしていていたこともあって、あんまりしなかったです。

次のオフ会、東京でやろうかそれとも大阪でやろうか、実は私が最近あまりオフ会に対して前向きじゃなくなってきているのですが、もしやるならいつやろうかと、そんなことは話したりしました。
でも、それよりも、食べ放題だったので、何を食べようかとそっちでいっぱいになってました。

これは今回私が一番食べたいと思っていた北京ダック。
帰り道は食べ過ぎでゲップリとしてました。。。


そうそう、今日友人と話したこととは全然関係ないのですが、実はここ最近も調子を落としたりしていました。
今年では10月に熱中症にもなった時以来2度めのことでした。

右脇の神経の流れが引っかかっている部分、ここがスムーズに流れるとき、ものすごく激しい流れになります。
そんなときは脇から指先に至るまでどこに神経があるかがはっきりと分かるまでの流れになって、手のひらや頭に流れているのもずっと感じています。
今回も右腕がしびれて動かくなったりはしましたが、息が乱れたり、視界が真っ白になったり、パニック症状にまではならないですんでいます。

もうじき私がリバーサル手術を受けて13年になります。
来年こそは神経がつながりきって欲しいなと、そう考えています。

では。

まるとん

2015.1.5 追記
中華街の日記 も出来ていますから見てくださいね。

2014年12月23日火曜日

ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について③

ひさびさに海外の掲示板 ETS And Reversals Discussion Forum をちょっとのぞいてみました。

何点か興味深い記事が書かれていました。

まずは1つ目です。

Is there any reversal that has worked?

効果があるリバーサル手術というのはあるのでしょうか?というタイトルとなっています。

最初の人のコメント

Author: California
The only one I know is the one with the Davinci Robot spoke to the gentlemen personnely he is doing great. 
私が知っている唯一の人は Davinci Robot(医療ロボット)で行っていて、個人的に話したことだが、とても良くなっているということです。

I think it was more mental for him than anything else but he did say had some reduction in CS but still takes small doses of meds to control it.
何よりもメンタル面での回復を感じている様に思います。代償性発汗もいくらか減っているが、汗を制御するために少量の薬も服用しているとも言っていました。

 Looking for other stories.
他の話を探しています。


で、下に行って #4 では リバーサルを受けていない人からの否定的なコメントが書かれています。

Author: Guimuco
My doubt about reversals working or not, is related to the fact that I doubt about the origin of our current problems.
リバーサルが効果があるのかどうかということについて疑いの目で見ています。それは私たちの現在の問題の原因について持っている疑問とも関連しています。

If we talk about compensatory sweat, the problem is that the nerves do not regenerate so easily, so reversals have not worked so much for this.
私達が代償性発汗について語る時の問題は、神経はそう簡単に再生するものではないということであり、それ故リバーサルがそううまく効果が得られることはないだろうということです。

Anyway, doctors claim at least a 50% success rate.
医者は少なくとも 50% の成功率を主張するかもしれない。

Whether that is true or an unconscious (or conscious) bias from the doctors in order to get new patients to operate, I will not discuss here.
事実なのか、それとも新しい患者を獲得するためにドクターが無意識なり(意識的なり)偏見なのか、ここで議論するつもりはありません。

If we talk about all the other effects related to fatigue, which are the ones that bother me, it seems the results are a bit better, if we listen to Telaranta et altri.
もしわたしたちが 疲労 についての効果について話しをするならば、この疲労というのが私を悩ませている症状なのだが、Telaranta から聞くには結果はかなりよくなるらしい。

Fatigue seems to be one of the effects that gets better after the reversal, but is it only af first?
疲労 はリバーサルの後で得られる効果の一つのようです、しかしまず最初にやってくるのでしょうか?

I know of some people, related to this forum, for which the reversal has not been successful in terms of fatigue, in the long run.
この Forum では何人かの人を知っているが、長期に渡って、疲労という言葉で考えると、リバーサルは成功とはいえないのです。

That, and a reluctancy to get my body further modified, is the reason I haven't had the reversal yet (and probably won't do).
このような理由で、そして私の体は不運にもはるかに変わってしまったということで、私は今だにリバーサルを受けていない(おそらくこれから受けることもないだろう)

~以下略~


さらに #8 では Dr. Connery という人のリバーサル手術を受けた人のコメントがあります。

Author: avi8tor95
All, most of you know I am the guy who underwent first Davinci Robot reversal with Dr. Connery, to nerve graft T2-T4, in 2010.
ほとんどの人は知っていると思いますが、私は Dr. Connery の最初の Davinci Robot(医療用ロボット)のリバーサルを受けました。2010年、T2-T4の神経移植でした。

It's no myth that I am 100% better in so many ways.
私はあらゆる面においても 100% 良くなったということは疑いの余地のないことです。

Almost 4 years out from Reversal, Cardiac, BP, HR all returned to normal...pre-reversal my ultra low BP/HR were well documented by my primary care physician.
リバーサルからほとんど4年が経ち、心臓の異常、血圧(Blood Pressure)、心拍数(Heart Rate)の全ては元に戻りました。リバーサル前それらの値は極度に低いと主治医に書かれてました。

Axillary swearing returned, CS was reduced by about 70%, sweating on lower arm (wrists) has returned.
脇の汗も戻りました。代償性発汗はだいたい 70% 減りました。腕の汗も戻りました。

Sweating has not retuned to face/head/hands, but heat tolerance now seems very close to those I know who have never had ETS.
顔、頭、手の汗は戻っていないです。しかし、暑さの耐性について言えば、今は ETS を受けてない人にも近い状態になってきています。

I am careful however to keep my head wet when I workout, Umpire baseball games, teaching Karate and other times when I am exposed to high heat/high humidity.
しかし、外出する際、野球の審判をやったり、空手を教えたり、その他高温多湿にさらされる時、頭を濡れた状態に保つよう気をつけています。

Mentally my personal life returned to Normal....actually 1 year post-reversal my wife battled Leukemia (she is now cancer free) and I was able to be her caregiver without any issues....
メンタル面でいうと、私の私生活もノーマルに戻りました。実際リバーサル後1年で、私の妻は白血病(今はもうがんのない状態)と闘うことになったが、私は何の問題もなく、彼女の介護をすることができました。

I do not believe I could have done this before reversal.
リバーサル前にはここまでできるとは思いもしませんでした。

So as I have told most in this Forum, the reversal did not return 100% of function, but it certainly proved to be physically and mentally successful! to the point where I can have a Normal life.
私がこの Forum で書けるかぎりを書きましたが、リバーサルで 100% 元通りの機能には戻らなかった。しかし、肉体的にも精神的にも成功だったことは確かなことです!私は通常の生活に戻っているという点でそう言えるのです。

In fact this year I was selected to Umpire in my 2nd Little League Baseball World Series being played in Livermore, CA, July 29-Aug 5 2014.
実際、今年私はセカンド リトル リーグのベースボール ワールド シリーズの審判に選ばれ、2014.7.29 - 8.5 の間カリフォルニアの Livermore でプレーしました。

These selections are ridiculously competitive; I am the only Maryland Little League Baseball Umpire to ever be selected for 2 World Series throughout Little Leagues 75 years.
この審判の選出は途方もない競争率でした。私はリトルリーグの75年の中で、2つのワールド シリーズに選ばれた唯一の Maryland のリトルリーグのベースボール アンパイアなんですよ。

I can promise I am the only guy in the East Region to officiate these high levels oh has had ETS surgery, and certainly with ETS-Reversal.
私は ETS を受けた(というか ETS-Reversal も)ここまでのハイレベルの職務を果たした東地域の唯一の男だということは間違い無いと思ってます。

Dr. Connery has followed me medically and emotionally since day 1, I would think after 4 years there would be some improvements in the surgical protocol which was used on me.
Dr. Connery は初日から医療面、感情面で私を支援してくれました。この4年で私が受けた手術手法もいくぶん改善されたんじゃないかと思います。

I hope this shares enough information to give you a picture of my 4 year journey.
私の4年の軌跡を伝えることでこれら情報を共有できることを望んでいます。

訳:まるとん(なので間違ってたらごめんなさい。細かいニュアンスは違ったとしても、意味が全く違うとかそんなへんなことにはなってないと思います。)


抜粋で訳を載せようと思ったのですが、部分的な抜粋だとうまく伝えることができなそうだったので、結局3箇所のコメントをまるまる訳してしまいました。

海外でもリバーサルについて否定的な人、受けたけど良くならなかったという人、そしてこのように受けて良かったという人といろんな人がいるんですね。


オーストラリア メルボルンのリバーサル手術というスレッドもあったので、それはまた時間があったときにまとめようと思います。

では。

まるとん

※「ETS And Reversals Discussion Forum で見かけた記事について」は【リバーサル手術について】のページにまとめて置いてあります。

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

2014年12月16日火曜日

激辛ラーメンを食べました

土曜日のことなのですが、激辛ラーメンを食べました。

お店見つけるまで寒い中歩き回っていたこともあってお腹や背中に汗はかかなかったのですが、辛いもの食べた後の汗はまだまだ健在で頭にものすごい汗をかきました。

手で触るとびっしょりでもうお風呂あがりそのものの頭になっていました。
食べ終わって外に出た時には「まるとんさん、雨降ったみたい」とまで言われてしまいました。

「うん、辛いの食べるといつもこうなんです。」

そんな頭びっしょりで寒い中歩いたこともあって、昨日はちょっと風邪っぽかったです。


新宿にあるラーメン屋「利しり」のオロチョンラーメン。
韓国人の同僚達と私の5人で入ったので、店員さんも「あんたら韓国人でしょ。10倍だよね。」と黙って10倍のがやってきました。

ものすごい辛くて、実は1/3ぐらいしか食べれなかったです。

では。

まるとん

2014年12月8日月曜日

今日は友人と会ってきました

今度の10日(水)にリバーサル手術を受けることになっている友人と今日は会ってきました。

九州に住んでいる方なのですが、リバーサルとは関係なく別の用事があって東京に来ることになったそうなんです。そして東京で2泊してからフィンランドに行くというということだったので、東京にいる間に会いましょうということで会うことになったんです。

実は一度このブログ上でも「希望者がいたら一緒にお会いしてオフ会にしましょう」と案内したことがあります。(※こちらを参照
だけど特に誰もいなかったので、2人で会ってきました。

リバーサルを受けると決めたことはもうずっと前からお聞きしていて、スケジュールの問題とか費用の問題とかで時間がかかっちゃってたんです。
その間にも何人もの共通の友人がリバーサルを受けて来たりとしていて、自分も早く、自分も早くってずっと聞いていました。それがやっと実現したんです。

今までにもたくさんのことを話していましたからもうだいたいのことは分かっていると思ってて、あとは言葉の問題とかあるかもしれないけど気合いで乗り切るしかないってこととか、今できることは体調を整えることだから風邪とかには気を付けなきゃねってこととか、術後の運動はすぐはまずいかもしれないし良く分からないから通訳さんに聞かなきゃねとか、運動は絶対に必要ってこととか、おみやげのこととかオーロラのこととか、まぁそんなことをお話してきました。

横浜、みなとみらいも一回り散歩しながら案内してきました。

中華街でお昼を食べて、コクリコ坂見て、山手の洋館を見て、山下公園歩いて、さん橋と像の鼻の埠頭のこととか横浜三塔の歴史のこととか、そして赤レンガ倉庫にランドマークタワーを遠くから見てといったコースです。

リバーサル手術がうまくいくことを祈ってます。
写真は友人とは別れた後、ひとりで散歩しながら撮った写真。
日記もこれから作ります。

では。

まるとん

2014年12月5日金曜日

お散歩

土日にジョギングをしたこともあって月曜や火曜は汗が出やすくなっていて、お風呂あがりに汗がびっしょりと出たりしました。

でも日中汗をかくことはないです。
オフィスでセーターも着ているからちょっと汗かいたりもしますが、それでも気にならない程度です。

それよりもオフィスでセーターを着るようになったのは今年になってからで、少し寒がりになったかもしれないです。

休みの日はジョギングをしていますが、平日は仕事上がりにお散歩に出かけたりしています。

12月に入りイルミネーションもあちこちで始まってますから、そんなのを見たり、です。

こちらが汐留の写真。
※汐留で撮った写真をまとめた日記は こちら

そしてこちらが新宿。
※新宿で撮った写真をまとめた日記は こちら

まだまだ行きたい所がたくさんあって、行ってきたら日記の方にまとめようと思います。

では。

まるとん

2014年11月30日日曜日

今日もジョギング

昨日に引き続き、今日もジョギングをしました。

これはスマホのアプリで GPS を使って計測したものですが、走った距離は 11.5km で時間は1時間半弱、平均速度はおよそ8kmとなっています。

時速8kmだと早歩きにちょっとおまけがついたぐらいの速度なので息が切れるほどじゃないです。

このぐらいの速さで時間をかけてのんびりと走るのが私には一番合ってるみたいで、昔からこのぐらいのペースで走っています。

ペースは人それぞれ。
でもリバーサルを受けた後、運動はした方がきっと良いと思っています。

では。

まるとん

2014年11月29日土曜日

ジョギングをしました

今日はちょっとだけジョギングをしました。

最近さぼってて走ったのは久しぶりだったので、軽く体をほぐす程度にです。

寒い季節になったためか、走り始めは胸のあたりで引っ張られる感じがします。
しばらくして体があったまってくると気にならなくなります。

そのころは汗が出てくるんですね。
でも、みぞおちのあたりはびっしょりになってましたが、あとはそれほど汗でませんでした。
手の汗もちょっと出てました。

走り終わってゼェゼェと息を整えてるあたりのときに汗は良く出るのですが、今日はそれも全然気になるほど出なかったです。

もうちょっと体軽くしたいので、またちゃんと走ろうと思います。

では。

まるとん

2014年11月27日木曜日

リバーサル手術後の経過報告用コメント広場 Page.6


リバーサル手術を受けた人が自身の状況について書くためのページです。6ページ目を作りました。
リバーサルを受けても回復にはすごく時間がかかります。私の場合、体の変化はたくさん感じていたものの、実際の代償性発汗で言えば3年ぐらい経ってやっとちょっと減ってきたという程度でした。だからひょっとしたら否定的なコメントも出てくるかもしれないですが、そういったことでも書いていただけたらと思っています。
ここは自身の経過報告を書いてもいいよという人が書くのに用意したものになります。もしリバーサルを受けた人へ質問をしたいと言う場合には【リバーサル手術を受けた人への質問コーナー】を使ってみてください。

2014年11月21日金曜日

今日の神経の流れる感触

一昨日同僚たちと飲んで、飲みすぎというほど飲んだわけではなかったのですが、昨日はずっと気持ち悪くて調子が悪かったです。

頭痛はなかったのですが、吐き気と寒気がものすごかったんですね。
そして早くに家に帰って横になってました。
案の定、神経の流れる感触は激しかったです。
そういえば左側がつながりきるときもなんどもこんな風に気持ち悪くなって仕事早退したりもしたなぁと思い出してました。

先日のこと、9月にも同じように大きく調子を落としましたが、その時は暑い中外にいて起きました。そして今回は2日酔いがきっかけでした。
でも私の場合、何で調子を落とすかではないんです。
神経の流れる感触は起きてる間ずっとしていて、お腹側のどこかが移動元になって流れるのですが、ある程度流れて移動しきるとまたお腹側の別の新しいところが移動を始めるんです。
このタイミングで、神経が逆流しようとして、軽ければパニックになるし、ひどいときはこんな感じにまでなってます。

だから今回はたまたま辛いものを食べてお酒飲んで起きたんですが、運動しても同じように起きていたと思うし、サウナ行ったり、電車乗ったり、炎天下外にいても、どっちみち同じことが起きていたはずなのです。

今回はひどくて、吐いても治らず、ちょっと体を動かすと吐き気がこみ上げてとなって辛かったのですが、こういった症状が激しければ激しいほど、神経の移動が進んでいて、かつこれから移動しようとしている神経も大きいからだと考えてます。

気持ち悪いのは予兆の段階の時で、家に帰って横になったあと、神経が激しく流れ始めたのを感じてからは楽になってました。

では。

まるとん

2014年11月16日日曜日

寒くなりましたね

11月も後半にさしかかり、寒くなってきました。

関東では、最高気温は16度とか17度とかで20度を下回るようになりましたし、朝方の最低気温はひと桁になりました。
今の外出はジャケットですが、もうセーターも必要になってきてますね。

ちなみに私の住んでいる神奈川だと、箱根のあたりの紅葉が今がちょうど見頃で、鎌倉のあたりは来週には見れるかなといった感じになってます。
まだこれからですが、今年も紅葉を見に行ってこようと思ってます。

皆さんの住んでるところは今はどんな感じでしょうか。
そして、通常の生活を送れてますでしょうか。

風邪には気をつけてくださいね。

では。

まるとん

2014年11月8日土曜日

今日の神経の流れる感触(11/8)

先日のどの下のあたりで神経がつながった感じがしたことを書いたのですが、それ以来の神経の流れる感触は激しさをさらに増しています。

天気や気温にも左右されてます。
今日は寒かったから今まで通りのぽきぽきひっかかるような流れに戻っていました。

でも昨日は天気が良くて、神経が活発に流れていました。そのときの感触はちょっとまとめていて、こんな感じになっていました。

脇ではぽきぽきとひっかかって流れていたところはつながっていて、むしろ勢いよく飛び出すように流れています。せき止めた湖の水をダムから放水するような感じで流れていて、脇から先、つまり腕のコントロールが効かくなったりもしてました。
手のひらはスポンジに水がしみ込むような感じで流れ込んでいます。
手の指は激しい流れで引っ張られて痛くなったりしていました。

こういった激しい流れをしながら毎日少しづつ右腕を流れる神経の流れは強くなっていて、腕の中の神経が太さを取り戻しているのも実感しています。

たまに手の指先が湿るようになりますが基本は手の汗はかかないでいます。
手のひらに向かってこのような神経の流れる感じがしているときはむしろかさかさになっています。

これから寒くなるにつれてこういった神経の激しい流れを感じる機会も減るかもしれないです。
でも、電車に乗った時にも激しく流れるので、ペースは落ちるけど毎日少しづつの回復はすると思ってます。
※反対にもし神経の流れを感じないようにと何もしないで家で過ごす生活をしたら、ひょっとしたらしぼんでしまうんじゃないかって心配になります。

手のひらのスポンジのようになっているところへ神経が流れて浸み込んで満たされるのもきっともうじきだと思っています。
経験から言えばまだ上腕、下腕それぞれも綿状にくるんでつつまれるような神経を持ってるし、頭もてっぺんのあたりとかもあるから全部の移動が終わるのはまだなのかもしれないです。

でも勢いよく流れるのを感じるとき、移動しきってつながるのはもう時間の問題、っていつも思っています。

では。

まるとん

2014年10月25日土曜日

神経がつながる瞬間の感触のこと

昨日の夜寝る前のことなのですが、胸のあたりで途切れていた神経がつながる感触がしました。

私は昔腰部交感神経節ブロックをやったこともあるのですが、遮断箇所につめていたアルコールがきれた瞬間と同じような感触でした。

場所は図の☓の位置です。
喉元よりちょっと下、骨の奥です。
いつも神経の流れる感触がする肋骨の隙間の赤丸の箇所の、ちょうど真横の高さになってました。

ツッツッツッツッ・・・としばらく亀裂から漏れるような感じがして、それからザーっと流れました。

この神経のつながる感じがした時は布団で横になっていたのですが、お腹の左側がびくびくびくとしばらくの間けいれんしていて、両腕とも激しくしびれていて、あと、頭全体が発熱してました。

こんな胸の中心でも途切れていた箇所があったんだなぁと思いながらちょっとの間過ごしてました。
その後そのまま寝ちゃったんだけどね。

肩、腕への神経の流れは両側ともすごく激しかったです。ちょうど真ん中らへんだったこともあり、リバーサルでつなげた箇所のうちの右側の部分なのか左側の部分なのかもよくわからなかったです。つまり今まで神経の流れる感触のしていた箇所なのか、それとも新しく別の箇所がつながったのかも、それさえももう何がなんだかわからなかったです。

今日の昼間はまたいつも通りの感触でした。少し神経の流れもスムーズになったかもしれないですが、気のせいかもしれないです。
いつも通りとは言っても、腕の痺れはひどいです。もう何年もの間腕は両腕とも痺れて麻痺していて、温度とか気圧とかあとは姿勢とかいろんなことにも影響しているのですが、特に暑い所にいる時や電車に乗ったりした時に、腕の自由が効かなくなることもいつものことだったりします。
パニックの症状にまでならなくなっただけ状況は良くなっているのですが。。。

新しく神経がつながった感じもしたことで状況が良くなってくれればいいのですが、痺れがさらにひどくなるとさらに生活に支障が出そうで少しばかり心配もしています。

では。

まるとん

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

2014年10月22日水曜日

祝☆90000アクセス

今日このブログのアクセス数が90000になりました。

今までのアクセスはこのような感じです。

2012.6  ブログ開設
2013.2  10000アクセス
2013.7  20000アクセス
2013.9  30000アクセス
2013.11 40000アクセス
2014.1  50000アクセス
2014.4  60000アクセス
2014.6  70000アクセス
2014.8  80000アクセス
2014.10 90000アクセス

最近は2ヶ月で10000アクセスとなっています。

では。

まるとん

2014年10月15日水曜日

今日の神経の流れる感触(10/14)、そしてリバーサルを受けた人たちとのSkype会のこと

前回 10/10 の日記ではめまいが起きてることとか胸から肩までの神経の流れを感じていることを書いたのですが、これらは数日でおさまりました。

今は右肩から両手の平への神経の流れが中心で、たまに背骨一帯で下から上へと流れる感じがしています。パニックやわっと出る汗は起きてないスムーズな流れです。


先週の土曜日のことなのですが友人たちとSkype会をしました。
私を含めて6人で全員フィンランドのリバーサルを受けた人たちです。
私がリバーサルを受けたのは12年前と古いのですが、私以外のみんなは去年または今年と比較的最近受けてます。そのため術後の長期的な状況のこととかよりも受けた直後のこととかテラランタ先生とランタネン先生の話が中心でした。


術後の痛みとか、手術後頭がすっきりしたかどうか、といったことはひとそれぞれでした。
特に痛みについては、現地で痛み止めが必要だったけど日本に戻ってきてからはほとんど通常の生活ができたという方もいれば、反対に日本に戻ってきてから術後疼痛(とうつう)があって治まるまで1ヶ月ほどかかったという人までいました。ETS が片側だけだった方もいたのですが、リバーサル前から顔の左右差があったためかリバーサル直後に変化がはっきり感じられたということでした。

今年の夏は汗が若干増えたという人もいましたし、手術直後から汗が気持ち減ったみたいだという人もいました。ちなみにリバーサル後汗が増えたというのは今までも何人もの友人たちから聞いたことがあります。もものあたりという人が多かった気がします。でもこれはおそらく短期的な影響で、これからリバーサルによる効果を得られるようになることで汗は減ってくれるんじゃないかと思っています。

傷跡も胸の正面にあって気になるという人もいれば脇にしかなくて気にならないっていう人もいました。必ずしもではなさそうなのですが、ひょっとしたらドクターによっても考え方は少し違うのかもしれないとちょっと思いました。

現地での対応も人によってちょっと違うところもあったりして、手術中の胸の中の写真をもらってきた人もいればもらえなかった人もいました。でもこれはドクターとは関係なさそうな気がします。


あと、リバーサル後の神経の変化を感じているという人もいました。
私の神経の流れる感触とは全く同じではないちょっと違うような感じでした。きっと個人差がいろいろとあるのかもしれないです。
私はリバーサルを受けたあと、数ヶ月後といった早いうちから神経の流れ(つまり変化)を感じていましたが、汗の変化というと最初の3年は汗が出るタイミングが遅くなったり汗が引くタイミングが早くなったりという変化しかなくて、一旦出だした汗の総量は変わらなかったです。流れ出る汗の量が減ったのは、私は3年経った後の夏でした。

とはいっても、今まで友人たちの話しを聞いてみて、私が感じているこの神経の流れる感じは全く感じない人が圧倒的多数だったりします。それでも汗の変化を感じている人はたくさんいますから、この神経の流れる感触は回復に必須というわけでもないみたいなんです。もちろん私にとってはこの神経の流れる感触があるからこそ回復することができていると思っているんですけどね。


ちょっとややこしくなってしまいました。

何が言いたいかというと、リバーサル手術を受けたところで、ひとそれぞれ全く違うのだということです。
この点で 「リバーサルを受けたらどうなるか」 を知ろうとすることはあまり意味がないと思ってます。(自分が受けたらどうなるだろうかと当てはめてみるにはあまりに個人差が大きいので参考になりにくいんじゃないかということです。)

それよりも、「リバーサルを受けて自分はどうやって回復するか」 を考えて進めたり、「リバーサルを受けて自分はどうなった」 と自身の体験をまとめたりすることの方がより大事なことなんじゃないかと思っています。

では。

まるとん

2014年10月13日月曜日

ETS手術・代償性発汗・リバーサル手術関連 コメント広場 Page.6


コメントのための専用ページです。6ページ目を作りました。
私のお答えできる範囲ということであれば質問もお答えしますし、感想や意見、ご自身の対策や体験などを書いていただりといったことにも使っていただけたらと思います。
特別私宛てにコメントしたものでないものについては私はスルーします。返信の書き込みとかもみなさんでしていただいたりと掲示板の様に利用していただけたらと思います。
万一トラブルの種となるようでしたらコメントを承認制にしたりこのページを削除したりする可能性もありますので、そこはあらかじめご了承ください。

2014年10月11日土曜日

今日の神経の流れる感触(10/10)

先週は久々にパニックに近い症状が出て激しく神経が流れて移動する感触があったのですが、それ以来神経の流れは強くなっています。

肩のぽきぽきと音を立ててひっかかっている神経は日中つながって流れていることが多いです。
神経の流れが強くなっていることで手の平や腕、それと頭へも流れ込んでいるのがよく分かります。そのためか、めまいが頻繁に起きています。

胸のETS(つまりリバーサル)をした箇所と思われる所から肩までの神経が糸を引っ張っているかのようにびびびーんとつながって流れる感触がするときが何度かありました。
肩から手の指先にかけても神経が途絶える箇所なくつながって流れているっていう感じがすることも何度もありました。こっちはざざざーっと腕に向かって大きく流れていく感じです。肩のあたりがぽきぽきと引っかかっているときはむしろ流れが途絶えている感じがします。

ここ最近は神経の流れの激しさの変化がそこまで大きくはなかったのですが、先週をきっかけに少し変わったみたいです。

明日はリバーサルを受けた友人たちとSkype会(ボイスチャット)をする予定です。
私を含めて6人、全員フィンランドのリバーサルを受けてます。
去年、今年受けた人が中心なので、術後の心境、今年の夏のこと、とかをみんなで話せたらいいかなと思ってます。

リバーサルを受けた人へ
リバーサルを受けた人全員に連絡をとれている訳ではないのでこの場で伝えますが、リバーサルを受けた人限定のSkype会をしたら参加したいという人がいたら連絡をくださいね。(パソコンかスマホに Skype のアプリを入れれば無料でできます。Skype はいつもボイスチャット(カメラは使わず声のみ)でやってます)
それと、もし今年の夏を過ごしてどうだったかを リバーサル手術後の経過報告用コメント広場 に書いてくれたらうれしいです。(私は過度の期待をするべきではないと思っていて、変化がほとんどなかったとしてもそれはそれで自身の状況を書いて欲しいんです。リバーサルを受けても辛いこと、途方もない時間がかかるっていうことも私は知っています。)
それと リバーサル手術を受けた人への質問コーナー に新しい質問もあるので、こちらも見てくれたらなと思います。

リバーサルを受けた人じゃなくても人が集まれば Skype 会をすることはできます。
だけどオフ会とかでお会いしたことのある人とか既にリバーサルを受ける前提でいる人とか、そういった方達になります。

では。

まるとん

2014年10月10日金曜日

リバーサル手術後の経過報告用コメント広場 Page.5


リバーサル手術を受けた人が自身の状況について書くためのページです。5ページ目を作りました。
リバーサルを受けても回復にはすごく時間がかかります。私の場合、体の変化はたくさん感じていたものの、実際の代償性発汗で言えば3年ぐらい経ってやっとちょっと減ってきたという程度でした。だからひょっとしたら否定的なコメントも出てくるかもしれないですが、そういったことでも書いていただけたらと思っています。
ここは自身の経過報告を書いてもいいよという人が書くのに用意したものになります。もしリバーサルを受けた人へ質問をしたいと言う場合には【リバーサル手術を受けた人への質問コーナー】を使ってみてください。

リバーサル手術を受けた人への質問コーナー Page.7

▶ Next
Back ◀

リバーサル手術を受けた人に質問をするためのページです。
術後の経過の話だけではなくて準備のこととかでも構わないので使ってみてください。
メールで私宛てに質問を頂くこともありますが、そういったものも全てここを使うようにお願いします。
状況も考え方も人それぞれだと思ってます。リバーサルを受けた人も差し支えなければご自身の意見で返信を書いてくれるとうれしいです。
そのようなこともあり、あくまで参考として捉えてくださいね。

まるとん

リバーサル手術を受けた人への質問コーナー Page.6


リバーサル手術を受けた人に質問をするためのページです。
術後の経過の話だけではなくて準備のこととかでも構わないので使ってみてください。
メールで私宛てに質問を頂くこともありますが、そういったものも全てここを使うようにお願いします。
状況も考え方も人それぞれだと思ってます。リバーサルを受けた人も差し支えなければご自身の意見で返信を書いてくれるとうれしいです。
そのようなこともあり、あくまで参考として捉えてくださいね。

まるとん

2014年10月5日日曜日

リバーサル手術のあとで起きている神経の流れる感触と熱中症

昨日は会社の運動会がありました。
晴天で、10月初旬とは思えない強い日差しでした。

そんな中、またいつもの神経の激しく流れる感触が起きて、熱中症になってしまいました。
とは言っても私にとってはいつものパニックの伴う発作と一緒の症状です。

最初神経が激しく移動する予兆のように息苦しくなってきたので座っていたりしたんだけど、わっと汗が出て、その後は激しく神経がおなか側から腕や頭へ逆流する流れを感じていました。
そのため空調の聞いた場所に避難しておとなしくしていました。

激しい神経の流れを感じている時ですが、特に胸部から肩のあたりに向かうところと首の裏側付け根のところとこめかみの左右両側では神経の熱を持った熱い流れを感じていました。
首の裏側の付け根というのはよく熱中症になった際には両脇や首の付け根の所を冷やすと良いと言われるその首の所の部分です。

これは過去に数度書いたことがあるのですが、私は交感神経それ自体が熱を持っていて体の発熱に関わる機能を持っていると思っています。よく興奮した時とかは交感神経が血管を広げる作用があって血流がよくなるから発熱するっていうことが書かれていたりするけど、私はそうじゃなくて、緊張した時の頭の発熱とか、恥ずかしい思いをした時の耳たぶまで熱くなる現象とかも交感神経が直接熱を持って流れているから起きているんじゃないかと思っています。

そして、熱中症もこういったメカニズムだと思います。
暑いところにいると背骨で交感神経は激しく生成され、でもしばらくは許容量の範囲だけが頭に流れるように耐えている。だけど、その許容量を超えた(背骨の)交感神経の生成が長く続いて耐え切れなくなった時、頭に向かって交感神経が許容量を超えて頭に向かって激しく流れ出す。この頭に神経が激しくなることで、めまい、頭痛が起きたり、さらに激しくなると意識を失ったりとかそういった症状が起きているんじゃないかということです。
別の言い方をすれば、私の今まで書いてきたパニックの症状も原理的には同じだと思ってます。

ただ、私の場合、リバーサル手術後の神経の流れを感じているから起きているのであって、熱中症が普通の人と全く同じ症状になっているのかは分からないです。普通は過剰に交感神経が流れ続けることによってオーバーヒートするかもしれないし、そうであればこうは(つまり私と同じようには)ならないかもということです。

ちなみにこの日、座ればもう気持ち的には大丈夫になっていて、あとは神経の流れが落ち着くまでおとなしくしてました。ある程度落ち着いた後もまた動くと流れが激しくなったりしてめまいがしたり視界が真っ白になっちゃったりするから、ずっと休んでいて、懇親会だけ無理しない程度に参加しました。


夜は先月リバーサルを受けた友人のあやさんと Skype で話をしました。
・フィンランドではカタコトの日本語が通じることもあったりもして英語わからなくても大丈夫だったということ。
・リバーサル手術後目が覚めてすぐ、胸は痛かったけど頭がすっきりしたのを実感でき、満足感があったということ。
・痛み止めは飲みながらだったけど、退院した日から観光もできたということ。
・日本に戻ってきて、季節もあるかもしれないが若干汗は減った気がするということ。
そんなお話をお聞きしました。

リバーサル手術が終わったことでこれからは回復が目標になると思うのですが、みんなで回復できるようにって祈っています。

では。

まるとん

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

2014年9月30日火曜日

九州旅行に行ってきました

9月20日から28日まで九州旅行に行ってきました。
もちろん このページ で事前にアナウンスしていた通り、21日には博多でオフ会もやりました。

日記のブログを別に持っているので詳しくはそっちに載せるつもりですが、ここではダイジェストで今回の九州旅行を紹介します。

9月20日 博多観光
初日は飛行機で博多に行き、博多市街を観光しました。

櫛田(くしだ)神社や福岡大仏を見学し、水上バスで川下りをしたり、夜はオープントップバスで夜の街をドライブしました。屋根がなく風を受けながら走った首都高速はまるでジェットコースターそのものでした。
9月21日 太宰府観光そしてオフ会
2日目は午前中太宰府に行って、午後博多でオフ会をしました。

オフ会ではみなさんの状況をお聞きしたり、私の神経の働きについての考えをお話したりしました。
特に このページ のことを中心にお話ししました。読んだだけではわかりにくくても、話しを聞いてきっと今見たらここで私が何を伝えたいのかがよく分かるんじゃないかなと思います。

写真は太宰府で引いたおみくじ。
9月22日 佐世保観光
3日目は博多の宿をチェックアウトし、荷物を持って佐世保に行きました。

九十九島を遊覧船で走ったり、水族館にも行きました。

かきは時期じゃなかったので食べれなかったのですが、佐世保バーガーはばっちり食べてきました。

そして長崎に移動して宿泊しました。

写真は水族館で見たカブトガニ。
9月23日 長崎観光
4日目は長崎を観光しました。
長崎市街は見どころがコンパクトにまとまっていて、1日で見どころを回ってきました。
全部は見れなかったのですが、昼間は洋館、出島、原爆資料館と平和記念公園といったあたりを中心に周り、夜は世界新三大夜景にもなっている稲佐山にも行きました。
土砂降りになっちゃったので楽しみにしていた夜景写真はうまく撮れなかったのですが、素敵な景色でした。
その後オクトーバーフェストも見に行って、大盛り上がり(そして超土砂降り)でした。

原爆は1945年8月9日11時2分、長崎に投下されたのだそうです。
9月24日 熊本に移動
この日のスケジュールは長崎を出てバスを使いながら雲仙観光、島原からフェリーで熊本に出る予定でした。

でも台風が来ちゃったから高速バスで長崎から熊本へ移動しました。
だけど熊本についた頃にはぐずついた天気はもうおさまっていて、台風は消えてました。

ひょっとしたら雲仙観光しても大丈夫だったかもしれないなぁと思いながら過ごした一日でした。
9月25日 熊本・阿蘇観光
この日はオフ会にも来てくれたホランドさんが車で熊本に来てくれて、熊本と阿蘇を観光しました。

まずは熊本で熊本城を案内してもらって、阿蘇ではパワースポットの宝来宝来(ホギホギ)神社に行ったり大観峰の絶景を見たり、どんどこ湯で温泉に入ったり、そしてスーパーで馬刺しを買って公園で馬刺しパーティーをしたりしました。

9月26日 山鹿温泉そして南阿蘇へ
ホランドさんと熊本のカプセルホテルに泊まり、翌日は泉質でおすすめという山鹿温泉に行きました。
お昼には今までに食べたことのないすごくおいしいうなぎを食べたあと、最寄りの駅まで送ってもらってホランドさんとは別れました。

それから電車に乗ったのですが電車の乗り継ぎがものすごく悪かったです。途中1時間半待ちだったりもして高森の旅館についた時はもう夜になってました。

高森は田楽で有名なところ。そんな田楽もとってもおいしかったです。

9月27日 WONDER ASO 2014
午前中は高森や白川水源を散歩して、そして午後はWONDER ASO 2014というイベントを見に行きました。
大原櫻子やMay J、氣志團といったアーティストのライブを見て、夜は花火を見ました。

間近で見る42分間1万発の音楽花火はとっても良かったです。

9月28日 トロッコ列車に乗って帰宅
最終日は南阿蘇鉄道のトロッコ列車に乗りました。
車掌さんのガイドがすごく面白かったです。
とっても楽しい九州旅行でした。

では。

まるとん

2014年9月29日月曜日

ETS済みで九州地方にお住まいの人のためのコメント広場 Page.2

▶ Next
Back ◀

コメントのための専用ページです。
各地方別になっていて、こちらは九州地方にお住まいの人のためのコメント広場になります。
ローカルな話題やETSを受けた人どうしでのコミュニケーションを希望している人、オフ会の案内などにも使ってみてください。メールなどのコミュニケーションで特に地域にこだわらないという人もいるかもしれないですが、そういった人もこの場を使ってコメントで補足してみるのが良いと思います。
  1. 私は連絡を取り持つことまではできないです。メールアドレスはフリーのものを取得して載せるなどの注意もした上で、発言はみなさん個人の責任でお願いします。
  2. 地域別のコメント広場については、お住まいの所のみにコメントし他の地域へ同じコメントをするマルチポストはしないようにしてください。今の更新頻度なら誰かがコメントをしたときには「最新のコメント(5件)」の欄でチェックすることができると思います。
  3. 万一トラブルの種になるようでしたらこのページは削除します。ページの提供まではしますが私は個々のコメントの管理をするつもりはないです。つまり問題があった時にはページごとの削除となりますのであらかじめご了承ください。
  4. 他にこんなコメント広場のページが欲しいという要望があったら考慮しますので「ETS手術・代償性発汗・リバーサル手術関連 コメント広場」の方に書いてくださいね。
まるとん
コメント広場 に戻る

2014年9月17日水曜日

神経が指先までつながる感触

3連休の間、ちょっと体調を落としてました。

胸のあたり一帯は神経が崩れて流れて行く感じがして、右肩のぽきぽきと引っかかっている所もまっすぐになって流れ、両手の平、特に右手は5本の指先すべてに至るまで神経がどこを流れているのかはっきりとわかってました。

両腕とも麻痺して動かせず、気力もおきず、そんなときは横になってました。

頭にもずっと流れていました。
興奮したあとに頭に残る感触!?、うつ?そんな状態にもなりました。

背中から汗がどばっと出たりもしました。

こういったことは季節替わりによく起きたりしているのですが、今回のは特に激しかったです。

左胸がつながったときも同じことが起きていましたが、そのときの一番激しかったのとほとんど一緒だったんじゃないかと思います。

それで完全につながればいいのだけど、今日は肩の神経の流れ方もまたぽきぽきとした状態に戻ってました。

そんな風につながっては途切れてというのを何度も何度も繰り返しています。
あとどれだけこんな状態が続くんでしょうか。。。


ここ数日そんな状態だったので、友人がリバーサルを受けにフィンランドへ行く直前にお話する約束をしていたのですが、守れなかったんです。

今日が手術日で今回は2人が同じ日に受けています。
きっともう2人とも終わってる頃、手術がうまくいっていることを祈っています。

では。

まるとん

2014年9月5日金曜日

九州旅行の準備を進めています

九州オフ会も2週間ちょっととなりました。

私にとっては8泊9日の九州旅行が2週間ちょっとになったということになります。

今だいたいスケジュールはできていてこんな感じです。

【博多】
9/20 飛行機で福岡へ 博多泊
9/21 九州オフ会 博多泊

【佐世保・長崎・雲仙】
9/22 長崎へ移動 佐世保観光 長崎泊
9/23 長崎観光 長崎泊
9/24 雲仙地獄観光 フェリー 熊本泊

【熊本・黒川温泉・阿蘇】
9/25 熊本観光 バスで黒川温泉へ 黒川温泉泊
9/26 バスで阿蘇へ 阿蘇泊
9/27 阿蘇山観光 阿蘇泊
9/28 熊本空港から飛行機 帰宅

既に飛行機、博多/長崎/阿蘇の宿、それと黒川温泉往復のバスは押さえました。

あとは熊本や黒川温泉の宿探し、それと各地の見どころの整理です。
9/27 には阿蘇で大きな花火大会があるらしいので、それが見に行けるかどうかも気になっています。

九州オフ会ですが、もしまだ希望される方がいらっしゃいましたら こちら を参照の上、連絡をくださいね。

既にアンケートや希望のコメントをされた方はメールをお願いします。
まだ希望者全員からのメールが揃っていないのですが、もしメールしたのに返信がもらえてないという人がいたら、もう一度メールをお願いします。

では。

まるとん

2014年8月29日金曜日

昨日から涼しい日が続いてます

今日は最高気温が23度となっていました。
通勤の間は長袖を着ましたがそれでちょうど良かったです。
明日も東京の予想最高気温は25度となっていて、今日ほどではないものの涼しい日になるみたいです。
来週はちょっと上がるみたいだけど、それでも関東は最高気温が30度とかなのでまだ良い方でしょうか。

ここ数日の体調はというと、この前の土日もジョギングをしたせいか汗の出方がちょっと多くなっています。
さらに雨が降ると気圧が下がったり湿度が高くなって蒸したりとして、汗がさらに出やすいです。

今日はちょっと汗を気にしてましたが、でも仕事上がりにちょっと寄り道をしたりもしてきました。
日本橋のコレド室町というところでアートアクアリウムというのを見てきました。(※日記はこちら

四国のコメント広場 の方にも書きましたが、9月の四国のオフ会は見送ることにしました。
九州・四国の旅行計画も九州満喫計画で見なおししなくちゃ。

では。

まるとん

2014年8月19日火曜日

ジョギング復活。そしてリバーサルを受けてからまれに起きている飛蚊症のような症状のこと。

最近サボってましたがジョギングを復活しました。
この週末は久々に走ったので無理せず 30 分ほどにしました。
これからまたちゃんと走ろうと思います。


今日は朝から汗が出やすかったです。
通勤中の電車でも汗が出てましたし、日中のオフィスもいつもよりも暑く感じて汗が出ました。

週末墓参りをするのに炎天下を歩いたり(※こちらを参照)ジョギングで運動したりとしたことで汗が出やすくなっているのか、それとも毎日暑いから体も汗が出やすい体質になってきているのかとか、いろいろと考えてました。


さらに夕方になってからなのですが、視界がぼやけて細かい文字とか全然見えなくなったんです。
でもあんまり状況が理解できてなくて、「あれ?疲れてるのかな。ひょっとして目が悪くなったのかもしれない。」なんて、考えてました。


そんな調子で視界がぼやけたまま、疲れてるから目に負担かけないようにと遠くを見ながら家に帰ったんですね。

でも、家に帰ってから頭に流れる神経を感じました。後頭部全体に広がる流れです。

それと飛蚊症のような症状も出ました。厳密には飛蚊症とはちょっと違っていて、視界の中で水が流れているように見えてました。Wikipedia の内視現象のページ をみるといろんな症状があるのですが、網膜脈管視現象という項目のところには 「自分自身の網膜の樹状に枝分かれした血管が適当な条件のもとで見えることがある。 」ということも書かれていました。なんとなく書かれている雰囲気が近いのでひょっとしたらそれなのかもしれないとも思ったのですが、そこに書かれていた条件というのがいずれもあてはまらなかったです。
さらに読んでみると「脊椎動物の網膜は光を感じる細胞の前面に血管や神経線維がある」とも書かれていて、そういった血管や神経線維が見えないように視細胞や脳が工夫しているのだそうです。でもそれがうまくいかないと視覚に現れると書かれていました。
長々と書きましたが、私の結論は「私の感じている神経の流れによって網膜の前にある神経繊維が乱れ、それが視覚に現れた」んじゃないかということです。明確にはそういった事象について書かれていないのですが、そうであれば理屈が通るんです。

痛みもなかったし苦しくもなかったです。


もうひとついつもと違うことがあって、その後食べた今日の晩ご飯がいつも以上においしかったです。
食欲に作用したのか味覚に作用したのか、そんな何かに作用したんだと思います。
味もはっきり分かって不思議なくらいおいしいご飯でした。


最後に先日私のブログに リンク集 を作りました。

リバーサルを受けた友人のブログや匿名掲示板のリンクを載せています。
代償性発汗の人が作ったブログなども載せようかと思って今は枠だけ用意しました。
もし掲載して欲しいというサイトがあったら連絡してくださいね。
(ブログは持ち主からの連絡に限ります。それと必ずしも連絡のあった全てを載せるというわけではないです。)

では。

まるとん

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

2014年8月16日土曜日

お墓参りに行ってびっしょり汗をかきました

今日はお墓参りに行ってきました。

お墓は家から電車使って30分、バスで15分、さらにそこから坂を登りながら歩いて10分ちょっとと、遠いところにあります。

汗じみの目立たないポロシャツを着ていたので見た目には分からないですが、汗でびっしょりになっていました。
服は汗で湿ってましたが背中を流れるような汗までは出なかったし、ズボン(腰以下の部分)はまったく汗をかかなかったです。

夜ジョギングをしました。
最近さぼり気味なので、無理しない程度にと軽めに30分弱公園を走りました。
走っている間、左手はぬるぬるになるぐらいに汗をかいていたのですが、右手はちょい湿ってる程度で左右差がありました。
顔は右半分は汗がよく出ていて走りながら汗が流れてましたが、左半分は汗は出てはいましたが流れる程には出なかったです。

私の場合では、手の汗と顔の汗は左右が逆転しています。

今日は家で送り火をしました
(本文とは全然関係がないです。。。)

では。

まるとん

2014年8月15日金曜日

祝☆80000アクセス

このブログも80000アクセスを達成しました。

このブログを開設したのは2012年の6月のことになりますので、2年ちょっとになります。

・記事数は今296個でもうじき300になるところです。
・コメントの総数は499個でこちらももうじき500になるところです。

管理ツールの画面

引き続き、よろしくお願い致します。

では。

まるとん

汗日記(東京駅のお散歩)

今週は世間はお盆休み。
電車もいつもよりも空いていて、おかげで空調の効きがよくて席にも座れています。

そのうえここ数日は天気も曇っているので、さらに通勤が楽になっています。

私はこの季節窓全開で寝ているのですが、朝、暑くて目が覚めたときと、涼しくて足が冷えてると感じながら目が覚めたときでは通勤中の汗の出方は全然違っています。

朝暑くて目が覚めた場合、その時すでに交感神経は活動を始めていて、それが故に汗が出やすくなっていると思います。
今日は涼しかったので、通勤中に汗をかかなかったです。


そして昨日のことなのですが、東京駅そばのkitteというところで水花火というイルミネーションを見に、仕事上がりに散歩がてら東京駅に行って来ました。

今年の汗の調子はすごく良いので、きっと散歩しても大丈夫だろうという自信もあったのですが、小雨が降ってきてすごく蒸してきて、そのせいでシャツびっしょりになるまで汗が出ました。

前の日にこういった形で汗が出るときも、交感神経は活動しやすくなっていて、それが故に汗が出やすくなっていると思います。


今日は通勤中には汗はまったくかかなかったのですが、日中はいつもよりもはるかに多くの汗をかきました。
それはきっとこういうことだろうなと思って、まとめてみました。

Kitteの屋上庭園から見た東京駅

では。

まるとん

2014年8月11日月曜日

ETSの後で背中が発熱すること

今朝駅に歩いている途中で忘れ物に気づいたため、一旦家に引き返してから駅に向かいました。

いつもだと駅に行くのに10分弱で行けるのですが、15分ちょっとかけたと思います。

たった数分の違いですがやはり大きくて、駅についた時には背中が発熱して、汗が流れ出していました。背中が発熱するまでになったのは久しぶりのことでした。

でも電車に乗ってすぐに汗は引きました。背中の発熱した部分も神経の流れる感触とともに背骨を通じて上半身へ流れた感じがしました。

この背中が発熱することについて調べてみたのですが、Wikipedia の発熱の項目にヒントになることが書かれていました。

脳・脊髄からの発熱シグナルによる末梢の体温上昇反応は、主に交感神経系と運動神経系を活性化することによるものである。褐色脂肪組織と呼ばれる効果器を支配する交感神経が活性化すると、その脂肪組織における代謝性熱産生が上昇する。

※ 熱産生というのは物質を代謝して熱を放出すること。と辞書に書かれていました。
※ 代謝というのは生命の維持のために外界から取り入れた無機物や有機化合物を素材として行う一連の合成や化学反応のこと。(Wikipedia の代謝の項目参照)

簡単にいうと、「交感神経が活発になることで、それに連動した脂肪組織が発熱を促す」と理解しました。

ETSによって胸部の交感神経が遮断されたことで、背中の交感神経が集中的に刺激されてその現象が起きやすくなっているということでしょうね。
リバーサル手術で作ったバイパスが、その反応を上半身側へも逃してくれていると感じています。

午後はそんな神経の活動は治まっていましたが、胸がボコボコと動いていて、胸から上半身への流れをずっと感じていました。

途中で取りに戻ったお弁当
(ごぼうの煮物、ほっけ、ゴーヤチャンプル、鳥の唐揚げ、ポテトサラダ)

では。

まるとん

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

2014年8月9日土曜日

二日酔い、そしてしめさば食べて味覚性発汗

8月8日 金曜日 くもり
朝起きてから一回り唾液の量が増えてました。
通勤中、ほんのちょっとだけどぽつぽつの雨が降っていたから、気圧の影響もあったかもしれないです。でもここ数日神経の流れる感触も激しかったから、それによる変化もあるんじゃないかなと思います。

通勤中に汗は出なかったです。
ここ数日背中の汗もちょっと多かったのでそれも変化があるんじゃないかと思ってるのですが、単純に天気がくもっていたから汗が出なかった気がするので、もうちょっと様子をみます。

夜は飲み会でお酒をたんまり飲みました。
席は空調が抑え気味だったのですが、汗も出なかったし楽しかったです。


8月9日 土曜日 くもりときどき雨
二日酔い。
頭痛とかはなかったのですが、だらだらと1日を過ごしました。
首からこめかみにかけての神経の流れる感触が活発で、二日酔いも交感神経の働きなんだなと実感しました。
唾液は昨日に引き続き増えていました。

去年の GW にリバーサルを受けた友人の shinobuさんのブログ をのぞいてみて、今年の夏は数日というサイクルで体に変化があるって書いてありました。
リバーサルを受けた直後から頭のスッキリした変化を感じられたということはお聞きしていて、でも確か去年の夏は汗の変化はほとんどなかったって聞いてた気がします。

夜はしめさばを食べたのですが、おでこから汗がじっとり出ました。ほおは汗が出そうなすっぱい気配まででした。
汗が出たといっても気になる量ではなかったからいいのですが、酢で味覚性発汗をかくことはあまりなかったけどこれが出るようになったのもここ最近の変化かもしれないです。
焼きたてのなすがおいしかったです。

では。

まるとん

2014年8月8日金曜日

今日の神経の流れる感触(8/7)

ここ3,4日汗が増えていたのですが、今日はほとんど治まっていました。

朝の通勤で電車に乗って、ほんのちょっとは汗が出てたけれど、そのまま汗が引きました。

帰宅の通勤電車中、右肩の外側で神経が新しくつながって流れる感じがしました。
そんな感触がしたのは図の緑のあたり一帯で、ひょっとしたら綿状の毛細部の神経なのかもしれないです。

脇の下のところの神経の流れる感じが激しくて、かゆいというかくすぐったいというか、程度は軽いのですが不快な感じがしています。

こんなことも何度も何度もいろんな場所で起きていることなんですけどね。

また明日から汗が減ってるといいんだけどなぁ。。

では。

まるとん

2014年8月6日水曜日

昨日・今日の汗はちょっと多いのですが、気分はとても良いです

昨日と今日なのですが通勤中の汗が気になるくらいに出るようになりました。
去年よりもひょっとしたら多いんじゃないかって気がします。

昨日の朝目が覚めた時、部屋の温度は既に29.5度と30度近くになっていたのですが、寝汗はなくてお腹も背中も汗は全く出てなくてさらさらでした。むしろ背中がさらさらなのが変に思うぐらいでした。

そして通勤で駅まで行くと背中からの汗が流れるくらいには出てきました。ここまでは去年と一緒です。

電車に乗るとすぐ汗が止まってたのですが、昨日今日は電車に乗ったあともしばらくの間(とは言っても10分ぐらい)汗が出続けていました。
もちろん車内の空調が効いていたのでその後は汗もちゃんととまり、2本目の電車に乗って降りる頃にはも背中の汗もそれほど気にならないぐらいには乾いていました。

汗は増えているかもしれないとはいえ、どのくらいかというとそんな程度です。

帰りの電車では神経の流れる感触がものすごく激しかったです。
肩から指先に至るまでで、正中神経と呼ばれる親指から薬指までの中の神経がすべて分かる感じでした。
そしてこの神経の激しい流れを感じながらものすごい眠気にも襲われました。

これは汗のことではないのですが、今年は気分が晴れた日が多くて爽快という気持ちになることが多々あります。
これはリバーサルを受けて12年半経った今年感じた一番の変化で、調子がすごく良いといえるぐらいになってます。

では。

まるとん

2014年8月3日日曜日

今度も汗日記(江戸川花火)

昨日は江戸川の花火を見に行きました。

電車で1時間半以上かかり、さらにそこから歩いて30分とすごく遠い所だったのですが、そこまでかけて行ってきました。

昼間は真夏の太陽が照ってて、そして花火の会場はものすごい人混みの熱気で、すごい暑かったです。

昼間の炎天下だと背中からじとーっとなるぐらいの汗がでました。腕とか顔とかからは汗を感じることはなかったのですが、それは炎天下だと汗が出ても乾いちゃうからかもしれないです。
会場に行くまで、会場に着いてからもうろうろしたりして1時間以上ずっと外で歩いていたのですが、それでも大丈夫でした。

そして花火を見た後だと今度は日も落ちて真っ暗になってるのですが、人混みの熱気の中だと腕とかもべたべたになってました。
腕や首の裏は汗でべたべたになり、おでこは手で拭えば手にきらきらと水滴が付くぐらいの汗をかいてました。

お茶を 500ml のペットボトルで4本飲みました。水分補給は重要ですね。

着替えは念のため持って行きましたが、着替えることもしなかったです。(でも、帰りの電車に乗った時には汗たんまりかいちゃったから着替えといても良かったな~と思ってたんですけどね。)
まるとんの日記 に花火の動画も載せています

では。

まるとん

2014年7月31日木曜日

今日の神経の流れる感触(7/30)

今日はお昼ごはんを食べてしばらくした頃、右腕で鳥肌の立つようなゾワゾワした感触がしました。
ぞわわーーっと手の方へ向かって数回流れるように右腕全体に広がりそしておさまりました。

この鳥肌の立つような感触というのはリバーサル手術を受けた何人かの友人から聞いたことのある症状で、私には全然起きていなかった感触です。みんなの言っていたことがピンとこなかったのですが、このことだなって思いました。

その後しばらくの間お腹が発熱して暑いのか寒いのか全然わからなくなりました。
一昔前ならパニックの前兆に思っていた感触と同じものですが、今日はお腹が熱くなったけど汗はほとんどまったく出ませんでした。

それからも2度3度ほど腕や肩を動かすと腕で鳥肌のようなぞわぞわした感触がしたり、空調が効いたり背中が熱くなって温度がわからなくなったりするのを何度も繰り返しました。

今日は足の汗がいつも以上に乾いてさらさらでした。
もともと私は冬の寒い季節に足の汗をかく体質で夏の間は気にならないのですが、今日はさらさらすぎて気になるぐらいになっていたということです。

夜はブログを見たということで連絡をいただいた方とお会いしてきました。
リバーサルについて私が考えていることについてはお伝えしました。
受けるかどうかは本人が考えて決めること。
納得のいく結論ができることを祈っています。

では。

まるとん

2014年7月27日日曜日

リバーサル手術の後で私が感じている「神経が流れる感触」について⑩

今日お風呂に入っている時、胸の中で神経が激しく流れる感触がしていました。

今までは肩のあたりで砂時計が流れ落ちるような感じの流れ方をしていたのですが、今日は胸の中でボコボコボコ・・・といったそれよりも激しい感じの移動の仕方でした。

これは今日初めてじゃなくて先週にも同じような感触がありました。
プールを行った後に起きているようなので、つまり運動したことによってその後の流れが激しくなって起きているようです。

ボコボコボコ・・・といった神経の流れる感触がしたのはこの図でいう白いあたりです。
乳首の高さをちょうど真横に内側に来た所、心臓とかにも近い所なんじゃないでしょうか。

今まで私は神経が激しく流れて移動する感触がするときに息苦しくなったりパニックの症状が起きたりしていたわけですが、このように心臓に近いところで起きた交感神経のいろんな変化が影響していたんじゃないかと思っています。

今はもう全体的に強い流れを取り戻しているから以前のように息ができなかったりひどい汗が出たり視界が真っ白になったりといったパニックにまで陥らないで済んでいるんだと思っています。ただ、今日もそうですが、このときちょっとばかり息苦しくはなりました。

では。

まるとん

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

今日は汗日記(盆踊りにSkypeにプールにカレー)

金曜日は職場の近くでやっていた盆踊りを見に行きました。

ものすごい人ごみで暑かったですが、ビールをのみ、ウインナーやじゃがバターを食べ、そしてほんのちょっとだけど踊ってきました。

最近の盆踊りはものすごく激しい踊りもあるんですね。
ついて行けず私の踊りは雨ごいの祈りの様でした。。。

でも汗の心配は全然いらなかったです。

家に帰ってから友人と Skype しました。
リバーサルを受けることを決めたという連絡をもらって、この前の月曜日にはあらかじめ通訳さんに連絡していたんですね。(※こちらを参照)
そして木曜にモニタリングフォームを送ったけどうまく送れたか心配ということだったのですが、この日(金曜)にピンポイントの希望日で手術 OK と連絡をもらって手術日が確定しました。
2カ月後の希望日でここまで急ピッチで手術日が決まったのは初めてのことなんじゃないかと思います。

そして昨日の土曜日は昼間プールに行ってきました。
プールに行ったのは3週連続で、これだけ暑いとプールに行くのが調子がいいです。
帰りがけコンビニにちょっと寄った時、小学生の子供が2人外で座りこんで遊んでました。
背中びっしょりになって変色してましたが、とっても楽しそうでした。

夜はレトルトだけど激辛レッドカレーを食べました。
ほんと激辛で辛かったですが、額のあたりからちょっと汗が出るぐらいでした。いわゆる味覚性発汗は出なかったです。
まるとんのお弁当ブログ にはカレーのパッケージの写真も乗せてます。

では。

まるとん

2014年7月26日土曜日

このブログを見てくださっている方へのお願い(私へメールをする前に)

このページは古いページです。
新しいページは こちら

まるとんです。

このブログを見てくださっている方へのお願いです。

夏本番になって本格的に暑くなってきて、メールでも連絡をよくいただいています。

代償性発汗を持っている人にとって夏がどれだけ辛いかというのは私自身もよく知っています。
長文で時間をかけて書いたんだろうなぁというメールもたくさんもらっています。
だから返答は出来る限りしたいのですが、ひとつひとつ返事を書くのはちょっとばかり負担が大きすぎてしまっています。

このブログの冒頭にも書いている通り、質問はメールではなく コメント広場 にお願いします。
コメント広場にもたくさんのページがあるのですが、もしたくさんあってどこに書いていいかわからないということであれば ETS手術・代償性発汗・リバーサル手術関連 コメント広場 を使えば大丈夫じゃないかと思います。Page.5 へのリンクですが最新のページに遷移してそこに書いてくださいね。

このブログは見やすく整理できているとは言いづらいですし、古い内容のことが書かれているところもあります。
だから質問する前に過去ログを確認しろと言うつもりもないですし、何を書いちゃいけないとも特にいうつもりもないです。

ただしブログへの書き込みをする際はまずハンドル名を決めて アンケート への記載をお願いします。
そこで記載のハンドル名を名乗ってコメントの記載をお願いします。
コメントをして知り合いにばれるのが心配という方は、コメントを書く際に「コメントの記入者」のところで「匿名」を選べば大丈夫です。特に Google アカウントを持っている方は注意してください。

コメントの投稿に失敗するという話を良く聞きます。
その場合には私宛てにメールで文章を送っていただければ私の方で貼り付けます。メールは右欄にある詳細プロフィールのリンク先にあります。

ハンドル名も名乗らなかったり、ご自身が ETS にどう関わっているかといった背景をアンケートで伝えることもなく、単発でのコメントや質問をするのはルール違反になります。

どうぞよろしくお願いいたします。

では。

まるとん

2014年7月23日水曜日

今日の神経の流れる感触(7/23)

関東は昨日梅雨明けしました。

今朝はいつもより早くに目が覚めました。
7時前に起きたのですが、そのとき部屋の温度は28度で暑くて目が覚めたみたいです。

そんな暑い朝を家で過ごしたせいだと思うのですが、通勤で駅まで歩きホームで電車を待ってる間、ダラダラダラダラっと汗が流れました。
今年初の代償生発汗ですが、一瞬どばっと流れた汗の勢いは去年よりちょっと多かった気がします。

そしてそれと合わせて神経の激しい流れも感じました。一昨日プールに行ったことも影響した気がしますが、回復が進んで神経の流れる感触が強くなることで神経の移動に伴う汗が増えたかもしれないです。

空調の効いた電車に乗るとすぐ汗は引きました。通勤電車に1時間ほど乗っているので空調が効いていると汗が引くだけじゃなくて服に着いた汗も全て乾ききります。これもその昔は電車に乗るとどんなに空調が効いていても汗がダラダラ出てましたから(多分気圧の影響?)見違えるほどの変化になます。

では。

まるとん

2014年7月22日火曜日

今日の神経の流れる感触(7/21)

先週に引き続き今日もプールに行ってきました。

プールには1時間半ほどいたのですが、大半はのんびり浸かってて、泳ぐのは軽くでした。

プールに浸かっていると体が水圧を受けるのを感じるのですが、それだけでなく神経の激しい流れも感じます。
脇を中途半端に開くぐらいのところが腕への神経が引っ掛かることなくスムーズに流れるので、その姿勢にずっとしていました。そうすると肩~上腕部~下腕部~手の内側で、神経の管がどこにあるのかがよくわかりました。

この神経の流れて移動する感触があとどのくらいかかるのかは分からないのですが、今つながろうとしている神経が最後の1本でここがつながりきれば私のリバーサル手術後の回復は終わるだろうと思ってます。
今つながろうとしている神経はものすごく太いものだからです。

夜はリバーサルを受けることを決めた友人と Skype で話をしました。
そして、手術の希望日を聞いて、通訳さんに連絡を入れました。
うまく手術日が決まってくれることを祈ってます。

では。

まるとん

2014年7月13日日曜日

手汗の対策のためのコメント広場と代償性発汗のためのコメント広場をページリストに追加しました

これからの夏の間、2つのコメント広場を目立つ所に置くことにしました。

手汗の対策についてのコメント広場(ETS 手術を受けないことにした人限定)
代償性発汗の対策についてのコメント広場(ETS 手術を受けた人限定)

先日作ったばかりなのでまだ2つともコメントの書き込みはないのですが、みなさんで是非利用してくれたらと思ってます。
では。

まるとん

2014年7月12日土曜日

今年の夏は暑い夏となるみたいです

今日神奈川は晴れてて、昼間公園までのんびり散歩したりとして過ごしました。
30度ちょっとな感じでしたが、汗をかくことも全くなく、気持ちよかったです。

天気予報でこれからの天気、今年の夏どうかなぁと調べてみました。

来週の天気について
来週は梅雨空が戻るみたいですが、暑い日が続くそうです。Wethernews の週間天気予報を見ると、東京・神奈川は 33 度までいきそうな感じです。

梅雨明けについて
5月頃は今年の夏エルニーニョの予想があって、エルニーニョだとペルー沖の海水は高くなるものの日本は梅雨明けは遅く冷夏になりやすいということでしたが、今の予想ではエルニーニョが発生するのは夏ではなく秋以降となってました。
梅雨明けがまだ平年よりも早いか遅いかはまだ分からないみたいです。関東の場合、平年の梅雨明けは 7月21日 となるようです。

今年の夏について
平年並みかそれより暑いということで、暑い夏になりそうという予報が主流みたいです。

昼間暑いから、明日はプールに行ってこようと思ってます。

では。

まるとん

ETS手術・代償性発汗・リバーサル手術関連 コメント広場 Page.5


コメントのための専用ページです。5ページ目を作りました。
私のお答えできる範囲ということであれば質問もお答えしますし、感想や意見、ご自身の対策や体験などを書いていただりといったことにも使っていただけたらと思います。
特別私宛てにコメントしたものでないものについては私はスルーします。返信の書き込みとかもみなさんでしていただいたりと掲示板の様に利用していただけたらと思います。
万一トラブルの種となるようでしたらコメントを承認制にしたりこのページを削除したりする可能性もありますので、そこはあらかじめご了承ください。

2014年7月6日日曜日

ETS手術・代償性発汗・リバーサル手術関連 コメント広場 Page.4


コメントのための専用ページです。4ページ目を作りました。
私のお答えできる範囲ということであれば質問もお答えしますし、感想や意見、ご自身の対策や体験などを書いていただりといったことにも使っていただけたらと思います。
特別私宛てにコメントしたものでないものについては私はスルーします。返信の書き込みとかもみなさんでしていただいたりと掲示板の様に利用していただけたらと思います。
万一トラブルの種となるようでしたらコメントを承認制にしたりこのページを削除したりする可能性もありますので、そこはあらかじめご了承ください。

2014年7月3日木曜日

代償性発汗の対策についてのコメント広場

ETS 手術を受けた人の代償性発汗の対策についてのコメント広場です。

代償性発汗の対策それ自体は既にいろんなサイトで紹介され尽くしていると思ってます。
プロバンサインといった飲み薬、塩化アルミニウムといった塗り薬、シャツクールといった衣類への対策、フレッシュマックスシャツといった衣類の対策、汗わきパット、制汗スプレー etc

こんな対策をして良かったとか、これは効果がなかったとか、気休め程度にはなってるとか、そんなことを自由に書いてくれたらと思っています。

このページについては  アンケート は特に必須ではないです。(書いてくれたらうれしいですが。。)

ちなみにこのブログは Blogger という Google のブログツールを使っています。
コメントを書いたのが自分だとばれるのが心配という方は、コメントを書くときに「コメントの記入者」のところで「匿名」を選べば大丈夫です。
ただ、誰が書いたかを単純に識別できるようにだけはしておきたいので、ハンドル名を決め、(適当でいいです。アンケート のページを見るといろんなハンドル名を使っているのが分かります。)、コメント本文中でそれを名乗るようにしてくれたらと思います。

まるとん
コメント広場 に戻る

手汗の対策についてのコメント広場

ETS 手術を受けないことにした人が手の汗をどう対策しているかについてコメントできるようコメント広場を作ってみました。

このブログはリバーサル手術のことが中心だし、手汗のいろんな対策それ自体はよそのサイトでも語られ既に出尽くされていると思っています。
その上で、ETS を受けないことに決めた方達が、実際にいろんな対策をしてみて良かったこととか効かなかった対策のこととかを、自由に書ける場があったらと思って用意しました。

そのような理由で用意したので同じ意見が重複してもできる限りたくさんの意見が欲しいです。
誰かが同じことを書いているからということで書くのをやめたりせず、私もそうだった、とか、私もそれは試したのだけど効かなかったとか、そんな意見が自由に出るようになったらうれしいです。

・手の汗のレベルはどうか
・塩化アルミニウムを使ってどうだったか
・ドライオニックは試してみたか
・ボトックスは試してみたいか、またはどうしてやることにしたか、費用効果はどうだったか
・漢方はどんなのを使っていくらかかってそれは効果があったか
・他にこんな対策が効果があった、とか、反対に無駄だったなど
と、いろいろと書いてくれたらと思います。

このページについては  アンケート は特に必須ではないです。(書いてくれたらうれしいですが。。)

ちなみにこのブログは Blogger という Google のブログツールを使っています。
コメントを書いたのが自分だとばれるのが心配という方は、コメントを書くときに「コメントの記入者」のところで「匿名」を選べば大丈夫です。
ただ、誰が書いたかを単純に識別できるようにだけはしておきたいので、ハンドル名を決め、(適当でいいです。アンケート のページを見るといろんなハンドル名を使っているのが分かります。)、コメント本文中でそれを名乗るようにしてくれたらと思います。

まるとん
コメント広場 に戻る

2014年7月1日火曜日

お酒を飲んでほおが発熱する感じのこと

今日はお酒を少し飲んで、その後ほおがほてって発熱した感じがしばらくしていました。

ずっと昔、それこそ ETS 手術を受ける前にはあたりまえに起きていた(かもしれない)感触だったと思います。
ETS 手術やリバーサル手術を受けてからもあったものなのかどうかは、あんまりよく覚えていないのですが、、多分なかったんじゃないかと思います。。

今は発熱した感じにも顔の左右差があって、左半分の方が熱いです。左側は後頭部から耳のあたりまでにかけても熱くなってる感じがしています。

最近ほおだけじゃなく、耳たぶだったり、首すじのところだったり、いろんなところで発熱した感じが起きています。
発熱自体は血流によるものだけど、その血流をコントロールする作用は交感神経が行っていると思うので、こういったことも頭へ向かう交感神経がつながりつつあるなかで機能を取り戻しているために起きているんだと思っています。

それと、最近暑くなってきましたが、通勤中に汗をかくことが全くなくなりました。7月になったばかりというところですが、汗でじとっとすることもなくさらさらのままです。
一昨年あたりではパニックに近い息苦しい感触やそれと連動してわっと汗をかくこともあったのですが今年はそれもまだ起きていないです。これから起きるようになるかもしれないという心配はまだありますが。。。

今年の夏はこれからですが、去年に比べれば調子がよくなってきているのが実感できています。

では。

まるとん

2014年6月29日日曜日

アンケート投票のガジェットを付けてみました

このブログにアンケート投票のガジェットを付けてみました。

質問項目は「ETS を受けてどうですか?」です。

私のブログはリバーサル手術のことが中心ですから、このブログを見てる人はETSに受けて後悔している人が多いとは思います。
なので純粋な割合が分かるわけではないと思いますが、どのくらいの人が見ているんだろうというのは参考になるかもしれないと思ってます。

投票の期限は1週間。7/6(日)の23:59 までです。

クリックするだけでできるので、やってみてくださいね。。

このアンケート投票は Blogger (このブログのブログサービス。実は Google が提供しているサービスだったりします。)の標準機能を利用しています。誰が投票したのかといったことを特定することはできないのであまり深く気にすることなく使ってくれたらなと思います。
一度投票すると投票内容が保存され、重複して投票することはできないようになっているみたいです。つまり「投票する」、「投票する」、「投票する」、と連打して、意図的に結果が偏ったものにすることはできなさそうです。

パソコンからはできたのですが、私のスマホ(iPhone)はうまく動かなかったです。
ダメだったら投票はあきらめ、結果あとでまとめるのでそれ見て下さいね。

あと、もしこんな質問項目があったら、というのがあったらそれも教えてくださいね。次回の参考にします。

では。

まるとん

過去の日記の一覧 #8



ブログに書いた日記の一覧です。
一番新しい記事が #1 の一番上で、あとは作成日付の順に並んでいます。


2014年6月26日木曜日

ETS済みで近畿地方にお住まいの人のためのコメント広場 Page.2

▶ Next
Back ◀

コメントのための専用ページです。
各地方別になっていて、こちらは近畿地方にお住まいの人のためのコメント広場になります。
ローカルな話題やETSを受けた人どうしでのコミュニケーションを希望している人、オフ会の案内などにも使ってみてください。メールなどのコミュニケーションで特に地域にこだわらないという人もいるかもしれないですが、そういった人もこの場を使ってコメントで補足してみるのが良いと思います。
  1. 私は連絡を取り持つことまではできないです。メールアドレスはフリーのものを取得して載せるなどの注意もした上で、発言はみなさん個人の責任でお願いします。
  2. 地域別のコメント広場については、お住まいの所のみにコメントし他の地域へ同じコメントをするマルチポストはしないようにしてください。今の更新頻度なら誰かがコメントをしたときには「最新のコメント(5件)」の欄でチェックすることができると思います。
  3. 万一トラブルの種になるようでしたらこのページは削除します。ページの提供まではしますが私は個々のコメントの管理をするつもりはないです。つまり問題があった時にはページごとの削除となりますのであらかじめご了承ください。
  4. 他にこんなコメント広場のページが欲しいという要望があったら考慮しますので「ETS手術・代償性発汗・リバーサル手術関連 コメント広場」の方に書いてくださいね。
まるとん
コメント広場 に戻る

2014年6月25日水曜日

祝☆70000アクセス

このブログも70000アクセスを達成しました。

このブログのアクセスがどんな感じで増えたかをちょっとまとめてみます。

2012.06 ブログ開設 ← ブログ上への初めての記事
2013.02 10000 アクセス達成
2013.07 20000 アクセス達成
2013.09 30000 アクセス達成
2013.11 40000 アクセス達成
2013.01 50000 アクセス達成
2014.03 60000 アクセス達成
2014.06 70000 アクセス達成(今回)

最初1年程は大したことなかったのですが、その後 2013.07 に2万アクセスとなった後からはだいたい2~3カ月で1万アクセスとなっています。
2~3カ月で1万アクセスということは1日に換算すると 150 アクセスとかそんなもんです。

引き続きそんな感じでやってこうと思います。

では。

まるとん

2014年6月21日土曜日

ETS手術をこれから受けようと考えている方からもらったメール

このページは コメント広場 に置くことにしました。
本人も多分まだ悩んでいるんじゃないかと思うので、もし意見のある人がいたら是非コメント欄にコメントをしてもらえたらなと思います。

先日 ETS 手術をこれから受ける予定という方からメールで連絡をもらいました。

代償性発汗が心配で、調べているうちに私のブログを見つけたということでした。

私は ETS 手術を受けて後悔し、切った箇所を再度移植によってつなげるリバーサル手術まで受けています。なので基本的な考え方として ETS は否定的です。
頂いたメールの内容と状況により返す内容はもちろん変わるのですが、今回私は下記の通りに伝えました。
※いくつか読みやすさや理解しやすさのために細かな加筆修正はしていますが、意図は一切変えてないです。

メールでお伝えした内容。ここから。

レベル2というのであれば、生活に極度の支障があるというよりかは人とのふれあう中で気になったり抵抗があるという感じになるでしょうか。

本当に生活に支障がある人というのは、テストの用紙がぬれてやぶれるとか、パソコンやスマホが操作できなかったり壊れたり、手は荒れて水ぶくれができたりと、そんな症状にまでなってしまいます。ひょっとしたらそこまでではないのかなという気がしました。

まず、低位のETSだから昔のようにはならないという説明もひょっとしたらあったのかもしれないですが、去年ETSを受け、今年リバーサル手術を受けた友人も既に2人います。リバーサル手術はフィンランドでそして180万近い費用がかかるものです。

片側のETSで様子を見て、それから反対側を受けるかどうかを決めればいいという話もあるかもしれないです。
まず、片側を受けると代償性発汗そのものは悲惨にはならない可能性は高いです。でも汗の左右差がでます。
特に顔の左右半分で汗の量が違うのを女性ですとお化粧することを考えてみてください。手の汗のほうが隠せるだけましだと思いませんか?
左右差が辛いことを医者に相談したところ「それでは反対側も切りましょう。そうすればその問題はなくなりますよ。」と言われた友人もいます。
片側では大きな問題にまではならない代償性発汗も、両側切ることによって致命的となるケースは非常に多いんです。

ETSでメンタル面では確実に落ちます。
こういった後遺症は医者に相談しても残念ながら気のせいだと言われ何もしてもらえないのが現状です。

手の汗の対策ですが、ダメ元でも必ず試して欲しいのがドライオニックになります。
私のブログでも紹介しています。
それと塗り薬ですね。塩化アルミニウムなどを試してみるのもいいと思います。
SCM といったマニュアルはやめた方がいいです。

まだETSをしなくてもやれることが残っているならそれらをすべてやってみてからにするというのはどうでしょうか?

ここまで。

ETS 手術を片側やった時は代償性発汗が許容できても両側だと致命的になるのはどうしてかは こちらのページ に私の考えをまとめています。
ドライオニックは私のブログの このページ で紹介してます。
マニュアル商材がどうしてやめた方がいいと私が思っているかは この Yahoo の記事 を参考にしてみるといいと思います。
私は ETS 手術は誰にも受けて欲しくないわけですが(ここを参照)、最終的にどうするかは本人が決めること。
ETS 手術、受けないでいてくれたらなと思ってます。

では。
まるとん


2014年6月17日火曜日

おとといは友人たちと会ってきました。そして今日の神経の流れる感触(6/16)

今日は涼しい冷房の効いたところにいて座っていたのですが、背中からドバっと汗がにじみ出てきました。
流れるほどではなくて、にじむ程度に出たら汗はおさまるのはいつもどおりでした。。
ただ今日はそれからずっとお腹はむかむかしていていました。肩は引っ張られる感じがしていて、指先はプールから上がった時のようながさがさな感じになってました。

前回このような汗が出たのが6/7に日記を書いたときなので、1週間ちょっとぶりになります。
汗が出る、神経が流れて移動する、のサイクルが、暑くなってきたことで短く、そして症状も少し激しくなってきたみたいです。今ぐらいの症状であれば昔のように動けなくなるほどでも吐き気がするほどでもないのですが、もっとひどく、昔のようにならないかはちょっと気になってます。

おとといの土曜日のことなのですが友人たちと会ってきました。
去年の 10月にオフ会をした時のメンバー4人で集まりました。GW にリバーサルを受けてきた tom さんもいらっしゃったりもして、リバーサルを受けて1ヶ月の現在の状態とか痛みや傷跡のことについて、フィンランドどうだったかとか、ドクターは元気だったかとか、そんなことをお話ししたりしてきました。

時間はかかっても、みんなで回復できることを祈ってます。

では。

まるとん

2014年6月10日火曜日

今日の神経の流れる感触(6/9)

今日は日中外出をしました。
午前中はどしゃぶりの雨が降ったせいで気温がたいして高かったわけでもなかったのですが、日中に電車に乗ったこともあり、汗がどう出てくるかと気にしていました。

日中1時間以上電車に乗りましたが、今日も全く汗をかくことはなくさらさらのままでした。
その間、肩を通じた神経の流れはものすごく激しくなり、手の平の五本の指に至るまで神経の流れ込む感触があって、そして耳が発熱して熱くなったりとしていました。

耳の発熱自体は血液によるものだけど、その作用は交感神経によるものって以前調べた時にどこかで読んだことがあります。上半身へ向かう神経の流れがじょじょにじょじょにと強くなっているなかで、背中に汗が出ることなく上半身へ向かって流れて抜けていくことができていて、今年も汗が減っているようです。

反対に今日のお風呂あがりには背中からドバっといつも以上の汗が出てきました。
今日の神経の流れが激しかったので、明日からの神経の流れがまた変わってくる予兆なのかと考えています。

では。

まるとん

2014年6月7日土曜日

梅雨入りしました

おとといの5日に関東も梅雨入りして、今日は一日中雨が降ってました。
しとしととした感じの雨です。

先週は30度を超えていて暑かったですが、今日は肌寒い感じでした。
私は真夏よりも梅雨時の雨が降ってる時の方が汗が出るので、この季節が早く過ぎ去って欲しいです。。。

あと、昨日のことなのですが、九州に住んでいる友人とSkypeで話をしました。
リバーサル手術を8月頃に受けるつもりで準備を進めていて、これからドクターにコンタクトを取る予定なのだそうです。

それと来週の14日に東京で友人たちとお会いする予定です。
最初は GW にリバーサルを受けてきた tom さんと会う話をしていたのですが、去年の10月のオフ会に来た他の友人達や他のリバーサルを受けた友人にも話してみたりして一緒にお会いすることで進めています。

もし一緒にお会いしましょうという方がいらっしゃったら連絡してくださいね。
連絡する際には例によって アンケートのページ への記載をお願いします。

では。

まるとん

2014年6月3日火曜日

先週末はとっても暑かったですね

先週末ですが、土曜は家で過ごし、日曜は昼間外出して過ごしました。

まだ5月だったというのに、部屋の室温は30度を超えてました。
そんな暑い部屋でおとなしくしてました。

おとなしくしてると流れる汗はかかなくて、冷房しなくてもいけるかななんて思って、そのまま過ごしました。
もちろん ”あつーーーい” とは思ってました。汗でべたつくのが気持ち悪いなんて思うくらいには汗をかいてました。その程度のことは普通の人の普通の汗だと思います。

日曜は外出をしました。

午前中に用事があって出かけた後、午後は横浜で有名なラーメン屋に行ってみました。
行列だったので店の外で並んで待ったのですが、待ってる時にお腹にも背中にもにじみ出るような汗が噴き出ました。
直接背中を手で触れてなでたら手についた汗がびっしょりで滴り落ちる程度にはなりましたが、シャツが染みるほどじゃなかったです。着いてすぐはこのように汗が出ましたが、待ってる間にすぐ治まりました。
暑い中で動いた後、立ち止まってすぐというのが、体の熱がこもりやすくて汗の出やすいタイミングだったりします。

そんな暑い中並んで食べたラーメンもとってもおいしかったです。
横浜家系 吉村家のラーメン。

ここ最近の生活の中では、汗が私を悩ますことは全くなく過ごしています。
たまにものすごい満員電車に乗ることもあるし、オフィスの空調が物足りなかったりすることもあるのですが、それでも普通に過ごしています。

神経の流れる感触は相変わらずで、右肩から脇の下を通って手のひらに向かうまではっきりと分かります。砂時計のような流れで、(昔は胸が境目だったのですが)今は脇の下のところが境目になっています。
平常時にもそれなりの流れも感じるのですが、暑い時には代償性発汗があったときにお腹や背中に出ていた大量の汗に匹敵するぐらいの(液体の)流れを感じています。私が感じている神経の流れる感触というのはそのくらいの激しさの流れだったりします。

では。

まるとん

2014年5月23日金曜日

今日の神経の流れる感触(5/22)

前回 5/8 に書いた時は今現在の日中がどんな感じかまだ実感できていないということを書いたのですが、先日満員電車に乗ったりもしたものの今の時点全然汗をかくことはなく過ごしています。

去年の今頃の日記を見返してみると「日によってはダラッ、ダラッっといった程度に汗が出ることがあります。」ということを書いていたので、去年と比べても汗の出方が減っていると思います。

右側の肩や脇を通じた神経の流れる感触はずっとしています。でも以前は肩や腕に力を入れられずにだらんとしたまま過ごすということもよくあったのですがそれも今はなくなっているので、つながりつつある中で肩や腕の調子もちょっとずつ良くなっているみたいです。

反対に左足の大腿部のあたりで神経の流れて移動する感触がここ最近頻繁にあります。ぶるぶるっと震える感じで、ズボンのポケットに入れた携帯が震えているのかと何度も間違えた程です。

ドバっと汗が出る症状もGWの旅行中に満員電車の中で1度起きたのが最近では最後でここ最近は起きてないです。

暑くなってくると神経の活動も活発になってくるのでまたいろいろな変化をもっと感じるようになってくるんじゃないかと思います。そうしたらまたまとめようと思います。

では。

まるとん

2014年5月18日日曜日

オフ会をしました

昨日は友人達とオフ会をしました。

最初は2月にするつもりだったのですが、その時は大雪のため中止になっちゃったんですね。
それから何度かオフ会の計画はしていたのですが、やっと昨日実現しました。

いつものように昼の部と夜の部の構成で、そして昼の部は5人、夜の部は1人が帰って2人が追加になっての6人でしました。

去年リバーサルを受けた友人も2人来て、フィンランド現地でどうだったかとか、術後の傷跡のことや汗の状況などたくさんのことを話しました。

これからリバーサルを受けるつもりという方もいました。
具体的にはまだこれからということだったけど、実際に受けた人達とお話できたことはきっと良かったんじゃないかと思ってます。

今回は東北から2人、九州からも1人来ていただいて、東北オフ会があった時には私も参加するということと、次は九州オフ会をすることを約束しました。

九州オフ会については今のところ9月にできたらというところまで話しをしています。
もし九州オフ会をしたら参加を希望するという人がいたら是非教えてくださいね。

では。

まるとん

2014年5月8日木曜日

GW が明け、少し暑くなってきました

GW が明け、少し暑くなってきました。
私はオフィスで仕事をしているので平日日中に外出する機会はあまりなく、また、今年はGWの間まるまる旅行に出かけていたので、今現在の日中がどんな感じかまだ実感できていなかったりします。

でも、私が初めて代償性発汗を感じたのはETSを受けた直後ではなくて、ETSを受けた後のGW中に会社へ向かう途中のことでした。
その後ひと夏でリバーサル手術を受けたわけですが、それ以降も何年も GW を境にして汗が出るようになるというのは相変わらずだったので、GW を過ぎると汗が出始めると考えるようになってました。

もちろん今はもうそこまで思わなくなっています。
そればかりか今では GW には毎年旅行をするようになっています。インドエジプトといった暑い所にも行ってきましたし、今年はトルコへ行ってきました。
トルコ旅行記もこれからですが作ろうと思ってます。

3月に大阪オフ会をしたり、フィンランドから追跡調査の依頼が来たり、それと来週末の東京オフ会の準備をしている中で、ここ最近もリバーサルを受けた何人かの方達とお話したり連絡を取ったりしています。
やはりリバーサル後の状況は人それぞれで、手術直後に頭がすっきりするなどの変化を感じた人もいる中で、3年経っても何一つ変化を感じられないという人も何人もいらっしゃいます。プロバンサインもたくさんの方が使ったりもしています。
私は手術直後からいろんな体の変化は感じていたものの、代償性発汗の汗の量で効果を感じることができたのはリバーサルを受けて3年程経ってからでした。何年もかけて今は真夏でも着替えなしで通勤できるようになっているのですが、私もリバーサルを受けてもう12年になりました。

何人かの友人たちにはご自身の状況をネットに書いてみてはどうですかってお伝えしてみました。
私のブログでも、ご自身でブログを持つのも、その他の所でもいいと思ってて、良い意見でも悪い意見でも、どんな内容であれ実際にリバーサルを受けた人のたくさんの率直な意見がもっとネットに出てきたらなと思ってます。

では。

まるとん

2014年4月22日火曜日

"English Articles" 対訳

このブログの英語のページ(English Articles)の対訳です。
※間違ってるところがあるかもしれないですが、そんなことがあっても笑って許してくださいね。

英語の記事(English Articles)

私はかつて2000年の11月に日本で ETS 手術を受けました。しかし、ひどい代償性発汗を持つようになってしまった。
それで私は 2002年の1月にフィンランドで ETS リバーサル手術を受け、そこで私は右側のふくらはぎの神経を移植元として切り取りました。

私は多大な回復を得ています。

レポート

  • 私の報告 - ETS リバーサルを受けた後9年後
    Dr. Telaranta へ私の状況を書いて報告しました。
    2011年4月に書いたもの
    注: このページの訳はこちらにあります。("ドクターに伝えた私の状況のレポート" の所です)

  • ETS リバーサル手術後の長期追跡調査
    Dr. Rantanen(と Dr. Telaranta)から受けた追跡調査の返答です。
    2014年4月に書いたもの
    注: このページの訳はこちらにあります。

  • 私のリバーサル手術後15年間の状況
    2017年1月に書いたもの
    注: このページの訳はこちらにあります。
コメント

Mia 2014年4月22日 9:17

興味深い。その回復のうちリバーサルを受けなかった場合の自然回復の結果が実際どのくらいなのだろうか。もし長期追跡調査の研究(the long term follow-up studies)を見れば、多数の患者で元の症状の再発が起きているのが分かるだろう。Telaranta もまた "切除"術は特に有害であり、これは悲惨な副作用を引き起こすことを主張している。にもかかわらず、彼が言うには、彼は中脳への入力/神経 刺激を与えるために、"リバーサル" の際に交感神経鎖を切っている。。。

一般的に、私は次のように考える。ETS/ESB 手術は十分には解明されていないもので、そのふるまいのメカニズムと生理的機能について語る時そこにはたくさんの推測(それと希望的な考え)がある、そしてすべての種類の "リバーサル" についてもそれが宣伝するとき同じことがいえるのだ。神経発芽/神経成長 といった自然回復によって起きるもののために、Telaranta は人々に請求し、クレジットと $$$ を要求している。

文献にも述べられているものがある。
「だから、交感神経切除術の結果は予測不可能で、非常に多くのバリエーションがありうる。神経の切除が不完全であれば、神経の副次的な発芽や再生のために、交感神経経路を通じて過剰反応にさえ至ってしまうかもしれない。」*13
and:
「手掌多汗症や赤面症で行われる胸腔鏡を使った交感神経切除の効果は患者ごとに様々であり、多数の副作用が記録されている。」*14
and:
「複雑に入り組んだ ETS によるひどい代償性発汗(CH:Compensatory Hyperhidrosis)は予測不可能であり、そして本質的に治療することが不可能なものである。この手術を受けた患者の小さいがかなりの割合の人たちは長期的な影響に深くがっかりし、結果心理的な後遺症を持ったりもしている。」

or
オーストラレーシア大学とロイヤル・カレッジのペイン医学部の麻酔医、ロバート・ボアス准教授によってされた声明は以下のことをよく示している。
「交感神経切除術は我々も限定的にしか分かっていない手法であり、我々がほとんど理解していない疾患に適用される。」*21

and:
「交感神経切除術は長年行われてきた。しかしこれが働きかけるメカニズムは全然クリアになっていない。」*22

ISSS(International Society of Sumpathetic Surgery) の元代表の M. Hashmonai はキャンパス ウィーン オーストリア大学で2005年3月におこなわれた第6回のISSSのオープニングスピーチで次のように申し出ました。「これはいくつかは分かっているが未知の部分がいまだ存在する分野となっています。(実践フェーズではなく)まだ議論が必要なフェーズです。」*23

以降で少しは変更されたのですか?(あるいはもし今は異なった考えの人がいて、どこに研究があって、どこに証拠がある?)

13 American Journal of Anatomy, Volume 124, Issue 2, pages 149–162, February 1969
14 The Journal of the Norwegian Medical Association, 4 - 20 February 2003 JNMA 2003; 123:442:
15 2006 Blackwell Publishing Ltd • Clinical and Experimental Dermatology, 31, 818–825
21 The Journal of Pain, Vol 1, No 4 (Winter), 2000: pp 258-260
22 ANZ J Surg. 2003 Jan-Feb;73(1-2):14-8.
23 Clin Auton Res (2005) 15 : 130–145


まるとん 2014年4月22日 21:18

コメントありがとうございます。

私は医者ではなくリバーサルを受けた一患者です。
自身の神経の流れる感触や私の回復に関心はあるのですが、研究資料を理解することやそれについて議論することはほとんど興味がないことをお伝えします。

リバーサル手術を受けて以来、私はたくさんの変化を感じてきました。12年です。そしてそれを通じてすこしづつ回復しています。

私は一度切除した神経がリバーサルなしでつながることはないことを知っています。

私は次のように考えています。
ETSの後は上半身の無数に分岐した神経がどこかで弱り別の場所では枯れ、そして年々その流は変わるかもしれないが、上半身の神経の総量は変わらない。そして下半身の代償性発汗も多いままであり、バイパスを作ることによってその流れを強くする可能性があるということです。

これは私の意見です。

maruton

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

ETS And Reversals Discussion Forum にコメントしてみました。

リバーサル手術のことが書かれていることで有名な海外の掲示板 ETS And Reversals Discussion Forum にコメントをしてみました。

[ETS And Reversals Discussion Forum(=ETSとリバーサルについて討論するサイト)]

[Treatments for Side Effects(=副作用の処置)]
Forum: Nerve graft surgery(=神経移植手術)

ここにあるトピックの中で
Topic title: my reversal experience report(=私のリバーサルの体験の報告)
が私が書いたものとなっています。※Author が maruton です。

とはいっても書いている中身はこのブログの英語のページ(つまりこのページ)の紹介をしているだけなんですけどね。

きっと外人が見たらおかしな英語もひょっとしたらあるかもしれないです。「この英語、ネイティブにはこう伝わります」みたいな残念な例とかね。。。そうかもしれないけど、意味はきっと分かってもらえる程度には書けているんじゃないかと思ってます。

リバーサルに否定的な人も多い掲示板だから、どんな反応が出てくるのか気になります。

では。

まるとん

2014年4月16日水曜日

English articles

This page is already old.
Here is new page.

Once I took ETS surgery in Japan in Nov. 2000. But I had severe compensatory sweating.
So I took ETS Reversal surgery in Finland in January 2002, in which my sural nerve of right foot was cutted as a porting source.

I have gained a great deal of recovery.

Report

Long-term follow-up query after the Endoscopic Thoracic Sympathectomy (ETS) reversal operation

I reported this to Dr. Rantanen and Dr. Telaranta.

1. What was the reason(s) for ETS?

A. Hand sweating
B. Facial sweating
C. Underarm sweating
D. General sweating
E. Blushing
F. Social phobia
G. Trembling of the hands?

2. What was the degree of your symptoms before ETS?

A. Hand sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
B. Facial sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
C. Underarm sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
D. General sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
E. Blushing
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
F. Social phobia
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
G. Something else? if yes, what?
Foot Sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable

3. What was the degree of your symptoms after ETS?

A. Hand sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
It is because my hands became too dry.
B. Facial sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
C. Underarm sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
D. General sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
E. Blushing
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
F. Social phobia
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
G. Trembling of the hands
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable

4. Did You have fatigue after ETS? If Yes, was it mild, moderate or severe?

Nothing.

5. What kind of energy level did You have after ETS?

A. Normal, B. mildly lowered, C. Moderately lowered, D. Severely lowered

6. Where and when was the ETS done?

Nov. 2001. Japan.

7. What was the reason(s) for the ETS reversal operation??

It is because I had severe compensatory sweating.

8. What was the degree of your symptoms before the ETS reversal operation?

A. Hand sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
It is because my hands became too dry.
B. Facial sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
C. Underarm sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
D. General sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
E. Blushing
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
F. Social phobia
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
G. Trembling of the hands
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable

9. When the ETS reversal operation was done?

Jan. 2002

10. What was the degree of your symptoms 3 months after the ETS reversal operation?

A. Hand sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
B. Facial sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
C. Underarm sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
D. General sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
E. Blushing
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
F. Social phobia
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
G. Trembling of the hands
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable

I didn’t feel the change in three month after the surgery.

11. What was the degree of your symptoms 6 months after the ETS reversal operation?

A. Hand sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
B. Facial sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
C. Underarm sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
D. General sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
E. Blushing
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
F. Social phobia
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
G. Trembling of the hands
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable

I didn’t feel the change in six month after the surgery.
There was no trembling of the hands immediately after the surgery. but it occured after a while. My hands are always trembling while awake.

12. What was the degree of your symptoms 1 year after the ETS reversal operation?

A. Hand sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
B. Facial sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
C. Underarm sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
D. General sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
E. Blushing
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
F. Social phobia
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
G. Trembling of the hands
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable

13. What is the degree of your symptoms now?

A. Hand sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
B. Facial sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
C. Underarm sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
D. General sweating
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
E. Blushing
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
F. Social phobia
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable
G. Trembling of the hands
1=normal, 2=mild, 3=severe, 4=unbearable

14. Do You have fatique now? If Yes, is it mild, moderate or severe?
If Yes, is it milder than after ETS?

I have sometimes lethargy feelings rather than fatigue. It occurs in unstable early spring season or rainy season. The degree is severe at that time.

15. What kind of energy level do You have now?

A. Normal, B. mildly lowered, C. Moderately lowered, D. Severely lowered
Sometimes I am in bad condition. But almost normal.

If energy level is not normal now, is it better than after ETS?
Absolutely yes. My energy level has greatly improved.

16. Did you get some new symptom(s) (Pain?) after the ETS reversal operation? If Yes, how long this symptom lasted? Or is this symptom still?

I feel my nerve flows after the ETS reversal operation. At first, it was in my left chest. One and a half year later, I felt my nerves were connected.
After that, the same occurred in my right chest. Though 12 years have passed, I feel the flow even now.
When  I get nervous, ride on train, or am outside in summer, feel the flow of my nerve become violently. Sometimes my sight was lost.
I also experienced panic symptoms. I believe that it occurs when my nerve moves extremely violently from abdomen to upper side. It was terribly painful. I don’t have this symptom recently. I think that it is because the balance of the upper half and the lower half has been better through the bypass which was made by reversal surgery.
I still feel my nerve flows. My hands were trembling for it.
I felt dozens of times that my nerve was connected with crunch noise in my head or shoulder. Without pain, I think that it occurs when the nerve move into withered nerve. Usually it is happening in a different place.

I also feel that the nerve to come out from (the gap of) shoulder blade may break and block the flow. As I hear the noise of  snapping at the place, I feel that nerve repeatedly flows and stops. That flow leads toward both arms and head, so therefore I think nerves of various point is connected.

Now I feel the flow of the median nerve of the right arm. When nerve of right shoulder flows, nerve of arms also flows violently and trembling of right hand also occurs.

I often felt fatigue of the muscles of the arm around several years after I took reversal surgery. After that I felt the pain of the shoulder.
In the process of my recovery, I felt my eyelids lightened, the amount of saliva was increased, sensible temperature drops with increasing sweat of the head, and concentration and appetite recovered.

As I felt so many small changes immediately after reversal surgery, I found my nerve had surely connected. But in terms of compensatory sweating, during the first 3 years, my benefit was only like this. “It took more time to become sweaty when I was under summer sunshine”, “It took less time to stop sweat when in air-conditioned room”, so there was no change in the amount of sweat flowing peak.
It was more than 3 years to reduce the amount of flowing compensatory sweating and to get acceptable effects.

17. Would you still be ready for the ETS reversal operation now when you know the results of ETS reversal operation?

Surely, I will take this operation.
I know the possibility of unconnected, enormous amount of time of recovery, particular importance of rehabilitation doing exercise, and severe painful in the process of recovery. But I know the benefits of receiving more than that.

18. Can You say what was the severity (Give the number between 0 and 100; 0= the best possible situation, 100= the worst possible situation) of your symptoms before ETS, after ETS and now after ETS reversal operation?

Hand sweating
Before ETS  0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
After ETS 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
Now 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10

Facial sweating
Before ETS  0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
After ETS 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
Now 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10

Underarm sweating
Before ETS  0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
After ETS 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
Now 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10

Not the amount of sweat but the score of severity.
I sweat more than before ETS, but it is no longer a big problem.

General sweating
Before ETS  0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
After ETS 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
Now 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10

Blushing
Before ETS  0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
After ETS 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
Now 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10

Social Phobia
Before ETS  0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
After ETS 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
Now 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10

I became to avoid having contact with people because of compensatory sweating.
Now, it is no longer a problem at all.

Trembling of the hands
Before ETS  0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
After ETS 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
Now 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10

During awake, hand (especially thumb) is always slightly trembling, though I don’t think serious problem.
As this trembling become violently when I am in tense, it is also usual for me.

Gustatory sweating
Before ETS  0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
After ETS 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
Now 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10

I lost appetite after ETS. I could not have contact with others. So I had eaten only one meal a day at home.
I began to eat spicy food at much later, after I took reversal operation, but I sweated pretty hard.
I may sweat more than usual now. But I found many heavy sweater than me, so I don’t mind about it.

What was/is your general well-being? (Give the number between 0 and 100; 0= the best possible situation, 100= the worst possible situation)
Before ETS  0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
After ETS 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
Now 0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10

I bothered about foot sweating during winter. Though I had no changes not only after ETS but also after reversal, I took good benefits of drionic of iontophoresis machine. I also quitted smoking and finally sweat of the foot stopped without drionic. I am no longer worried at all now.

When I go out in hot summer, the sweat running down in drops. But both the number of sweat drops and the amount of it are reduced significantly. I also sweat from my head now, so it can cool head part without burning head.  I freely go out in summer, because even if I sweat I soon stop sweating after changing clothes.

I travelled to Egypt three years ago, and to India two years ago. Though both countries were extremely hot, I enjoyed sightseeing. This may be the evidence that I am fully recovered.

I have a question.
As described herein, I have a feeling of nerve flows from abdomen to hands and head through chest after ETS reversal surgery.
I think there are countless places after ETS where sympathetic of the upper body  had been withered, and recovery progresses flowing to the withered nerves after reversal surgery.

Is it right idea?

Back to English articles