コメント広場利用の注意

コメント広場利用の際にはアンケートの記載を必須にします。その後そのハンドル名を利用してください。

2013年10月23日水曜日

リバーサル手術後の経過報告用コメント広場 Page.2


リバーサル手術を受けた人が自身の状況について書くためのページです。2ページ目を作りました。
絶対数が明らかに少ないので書く人がいるかどうかは分からないですが、一応作ってみました。
リバーサルを受けても回復にはすごく時間がかかります。私の場合、体の変化はたくさん感じていたものの、実際の代償性発汗で言えば3年ぐらい経ってやっとちょっと減ってきたという程度でした。だからひょっとしたら否定的なコメントも出てくるかもしれないですが、そういったことでも書いていただけたらと思っています。
ここは自身の経過報告を書いてもいいよという人が書くのに用意したものになります。もしリバーサルを受けた人へ質問をしたいと言う場合には【リバーサル手術を受けた人への質問コーナー】を使ってみてください。

17 件のコメント:

  1. 初めて投稿させていただきます。silverです。ようやく念願のリバーサル手術をうけられました。
    リバーサル手術を受けてちょうど一ヶ月経過しましたので術後報告をさせて頂きたいと思います。
    まず手術は無事成功したとドクターから聞きました。10年前のETSで左右T2を切除し、今回T3からT1へ採取した肋間神経をバイパスしてもらいました。
    ・術後1日目から5日目 冬のフィンランドにいたので汗はかきませんでした。体の変化を感じたのは、目元がすっきりしたように感じました。いきなり変化を感じられたので安心しました。
    ・術後1週間後から現在(4週間) 室温のわりにはリバーサル前よりも代汗がひどいです。さらに手がさらに乾燥していて、ハンドクリームを使っています。試しに辛いものを食べても味覚性発汗が少なくなりました。術直後はすっきりしていたまぶたが今は逆に重たく、眠そうだねと何度も指摘されます。朝でも夕方でも同じ眠そうな顔をしていると笑
    まとめると現在の状態はリバーサル前よりも悪くなっています。少し心配ですが、新たにT1、T3に触れていることですし、一時的な反応だと信じ、これから回復に向かうと思っています。

    これらの反応はリバーサル手術を受けた方々に共通しているのでしょうか。できたらご意見を伺いたいです。

    傷口もかなり回復しましたが、みぞおちより少し上(切除した肋間神経の部位だと思います)にまだ痛みが残っていて、力を入れたりくしゃみをすると少し痛みます。

    今回は書けるのはこれくらいです。また定期的にコメントします。

    返信削除
    返信
    1. silverさん
      まるとんです。
      コメントありがとうございます。
      まずは手術の成功おめでとうございます。
      初めてsilverさんからご連絡をいただいたのが2011年の4月のことでしたね。その時からリバーサルを受けるつもりでいらして、お会いしてお話したり、オフ会にもいらしていただいたこともあったりしました。費用面も大変だったことよくよく存じています。本当にお疲れさまでした。
      あと皆さんにも紹介すると、先日こちらに書いたコメントもsilverさんからいただいたものになります。

      術後目元がすっきりしたというのはよかったですね。リヨルデさんが首の痛みがなくなったことに効果が感じられてたっておっしゃってましたし、他にも頭が軽くなったり目つきが良くなったって聞いた方もいらっしゃいますから、術後すぐに顔や頭に対しての効果を感じる人もいるみたいですね。

      以前ドクターに術後の状況報告をした友人がいて、そのときにもらった返答を共有します。

      ○まぶたが重くなったことについて
      手術の際、T1神経節に非常に近い所までいかざるを得ませんでした。その神経節が刺激されると、手術部位の小さな膨満の結果として一時的に瞼が下がる原因となります。

      ○下半身の汗が少し増えた
      はじめのうちはそうなることもあります。神経を移植神経と繋げる時には、常にその神経を新たに切らざるを得ないため、始めのうちはそうなってしまうこともあります。新しい神経の接続が改善してから、胴部の汗の減少は本当に始まるでしょう。

      皆さんの話を聞く限り、くしゃみをすると痛みが残るのは長く残っちゃうのかもしれないです。
      そこについてはみなさんとお話をするのがいいですね。
      では。
      まるとん

      削除
    2. まるとんさん、情報の共有ありがとうございます。私も、一時的なものだと受け止めて、ドクターのおっしゃる通り、まずは半年か一年気長に待とうと思います。
      肋間神経の障害は多少なりとも残ってしまうんでしょうね。
      一つ疑問なんですが、交感神経節というのは、脊髄に通っていると考えていいのでしょうか?自分でも調べてみましたが、もう少し胸(体の前面)に近いとETS後はずっと考えていましたが、ドクターに背中を指差されて説明されたので。
      私の仮説ですが、腰痛でマッサージをすると脊髄や腰椎の神経の圧迫が緩和されるようにリバーサル手術でつないだ箇所に近い筋肉をマッサージでほぐすと、神経の流れがよくなるんじゃないかと期待をこめて思っています。
      silver

      削除
    3. silverさん
      まるとんです。
      もし待てるようなら待ってみて、もし不安だったらドクターに問い合わせるのがいいでしょうね。
      今Wikipediaの訳をちょっとづつ作っているところで、まだ訳していないのですが、Sympathetic ganglionというのがあります。Sympathetic ganglion は交感神経節のことで、ここに下記の記述があります。
      They contain approximately 20,000–30,000 nerve cell bodies and are located close to and on either side of the spinal cord in long chains.
      (それらはおよそ20,000~30,000の神経細胞体で構成され、長い鎖の脊髄の両側に密接しています。)
      close to を密接って読んじゃったのですが、そのため私は背骨にへばりついているものというぐらいに思ってました。
      私はサウナに行った時にジャグジーを背中に当てると神経が流れているような気になって気持ちいいです。落ち着いたら一度やってみてはどうでしょうか。
      私は回復にはバイパスを作った箇所自体がつながることと上半身全体の神経の流れを取り戻すこととの2つがあると思ってます。
      そういったことは感じ方、考え方によりそれぞれとなるかもしれないところですね。
      では。
      まるとん

      削除
    4. まるとんです。
      Wikipedia の Sympathetic ganglion (交感神経節)を訳してみました。→ こちら
      全部理解するのは難しいのですが、「神経節は脊髄のちょうど前面側部に位置しています。」と記載がありました。この前面というのは背骨よりも前を意味していますね。
      そして、ここのページ → 慶応義塾大学病院のサイト
      背骨に肋骨がつながってて、それより身体の内側にあるってぐらいに考えるのが良さそうな気がします。
      では。
      まるとん

      削除
    5. silver さん 皆さん ともともです。
      リバーサル手術後の報告をさせていただきたいと思います。

      手術同意書の、予想される手術の副作用、に記載のあるように、しばらくの間、両手や顔面が以前より乾燥する恐れがあります、まさにこの状態です。特に手の平はカサカサです。でも、昨夜、目覚めた時、初めて左手の平から発汗していることに気づきました。その一時だけでしたが、驚きました。冷たかった手の平が、術直後から、常にポカポカ温かくなりました。
      代償性発汗の範囲と量が増え、発汗スピードも速くなりました。下腹部・足の甲と側面は術後、初めて発汗するようになりました。ドキッと緊張した直後に発汗する量はかなり増えました(特に脇)。2日前、美容院へ行ったのですが、短時間だったにもかかわらず、帰り時、椅子に汗の跡がくっきり付いており、とても恥ずかしかったです。汗質は以前よりサラリとしています。
      味覚性発汗は、手術前と同じ品・同じ環境で食べてみた所、3分の1程の発汗量が減った様に感じました。私の場合、以前から辛味に反応はなく、特にレモン・お酢などの酸味、あんこの塊、大量のピーナッツ、蒸かしたサツマイモなどで多く発汗します。
      傷口も、順調に回復していると思います。右胸上部・両胸下部・両脇下部(ETS手術跡から1センチほど離れた位置です)の計5箇所です。まだ、透明な糸がチクチク出ている箇所もあり、傷の形も違ったりします。少し前までずっと痒みがあったのですが、今はなくなりました。
      帰国後から続く左腰痛が若干気になります。
      一時期、腹部・背部の皮膚が発汗するにもかかわらず乾燥するのか、ポロポロ粉吹き状態でした。
      これも初めての経験でした。
      以前から極度の冷え性でしたが、術後は、体の芯から全身ブルブルくるほど寒さに弱くなりました。そのためか、手がよく震えます。
      私の場合、術後、胸腔内空気漏れが少し発生し、1日入院が延長になりました。
      幸い、直行便の関係で1日延泊予定だったため、予定変更なしで済みました。帰国後1週間ほど、熱が下がらず、息苦しさ・痛みでほとんど寝ていました。電話で話すだけで、呼吸が荒くなりしんどかったです。でも、不思議な位、食欲はありました。
      処方していただいた抗生物質・痛み止め全て服用し、今は痛みもほとんどなく、階段も息切れせず上り下りでき、日毎に回復していると感じながら、ゆっくり過ごしています。
      このようなこともあり、リバーサル前に退職(パート)し、良かったと思いました。
      100%気のせいだと思いますが、帰国後、あまり怒らなくなったと、家族から言われています。

      まとまりのない長文になりましたが、とりあえず、近況報告となります。

      それでは、失礼します。


      削除
    6. ともともさん
      まるとんです。
      リバーサル術後についての詳しい報告ありがとうございます。報告していただけたこと、すごくうれしいです。
      ともともさんもリバーサル後に汗が増えたのですね。
      でもsilverさんも同じことをおっしゃってましたし、みんなと同じ道を歩んでいて、そしてこれから回復するんだと、そう考えることができれば良いなぁと思っています。
      手のひらが発汗したっていうの、リヨルデさんも コメント広場のここ で言ってましたね。リヨルデさんはそのとき1回きりだったのかなぁ。他の人たちもそういったことがあったのか、良かったら教えてくださいね。
      傷跡に糸が出ているのは次第に消えると思いますので、無理に引っ張ったり気にする必要はないんじゃないかと思います。

      「あまり怒らなくなったと、家族から言われています。」ということについて、私はそれも術後の変化の一つなんじゃないかと思います。リバーサルを受けたということについての自身の気持ちの持ちようもあると思うし、それ以外にも「明るく前向きに考えたりする神経の回路」にも作用したんじゃないかなって思います。メンタル面のことについて、気の持ちようだけでは片づけられない物質的なものが頭に作用していたっていうのを、私はリバーサルを受けた後の回復の中ではっきりと感じています。

      これはリバーサルを受けたみなさんへなのですが、オスカーさんやそしてともともさんのように、是非受けた人同士で、自由にコメントをしてみてくださいね。

      もちろんETSを受けた人が自由にコメントする場も用意しています。
      そういったところにみんなが書くことによっても自分だけじゃないことが分かることもあるし、また別の視点を見つけられたりします。良かったらそういった場も活用してみてくださいね。
      では。
      まるとん

      削除
  2. リバーサル手術を受けてから3ケ月経ちました。傷跡が思ってたよりもヒドイので、相変わらずアットノンを塗り続けてます。相変わらず右側からは汗がでてきませんが、起床時にジュワーと手のひらに汗をかいていることが多くなってきました。日中も普通に汗が出てくれれば良いのですが、それにはもう少し時間がかかりそうですね。。。

    返信削除
    返信
    1. リヨルデさん
      まるとんです。
      コメントありがとうございます。
      傷跡、人によって気になる方とそうでない方といらっしゃるみたいですね。
      手のひらの汗は1回きりではなくて何度も繰り返し起きているんですね。
      また変化を感じたりしたときには、教えてくださいね。
      では。
      まるとん

      削除
  3. まるとんです。
    これは全然余談なのですが、私の受けた11年前のリバーサル手術を受けたことについて、過去に何度かちょこちょこは書いてますが、思い出しながらももう一回書いてみようと思います。
    私がリバーサル手術を申し込んだ時は病院のスタッフの方がいて、その方と英語で事前のメールのやり取りをしました。2001年10月に連絡をしたとき、受けれる最短ですぐに受けたいです。お願いします。助けてください。Help me. とメールしました。そしてもらえたのが2002年1月の手術日だったんです。

    今ではドクターもヘルシンキに Laser Tilkka という病院を持っているのですが、私が受けた頃はタンペレという街の Privatix という病院でした。ヘルシンキに病院がないため Mehiläinen Hospital という別の私立病院の手術室を借りて手術をしました。

    飛行機は帰りの便の日付変更が可能な便を取るよう指示されました。そのため、コペンハーゲン経由で、日曜に日本を出発し日曜にフィンランドを出発する便を取りました。週一しか便がないため、日付変更可能とはいえど万一延期することになる場合にはさらに次の日曜発で帰らざるを得ないということになっていました。

    私は手術の前々日にフィンランドに着きました。夜遅くに到着してタクシーでドクターが予約してくれた Lord Hotel(現在はLinna hotel)病院まで行きました。
    翌日(つまり手術の前日)にアシスタントの人が電話でホテルに連絡をくれて、そして車でホテルまで迎えに来てくれました。朝4時だったか5時だったかに車でタンペレを出てヘルシンキに来たと言ってました。そのまま Mehiläinen 病院に車で行き、一日がかりの検査をしました。
    手術日はタクシーで病院に行きました。荷物は部屋に置きっぱなしでした。
    そして手術日の朝に通訳さん、ドクターと会い、簡単な挨拶をして、もう手術しました。検査を前日にしたからもあるかもしれないですが、面談という程のものも無かったです。

    目が覚めた時には胸は包帯でぐるぐるに巻かれ、蛇腹のホースが胸の左右に1本づつ計2本取り付けられていました。そのチューブの先は空気清浄機みたいな形状の装置がついていてポコポコと言ってました。
    ドクターはうまくいったと、本当によくできたよと言ってくれました。
    私の場合入院は5日間していて、ほぼ毎日通訳さんが見舞いに来てくれました。もともとは3日の入院予定でしたが、通訳さんから聞いたところ肺に水が入ったため5日間になっちゃったということでした。
    入院中は胸に器具が付いていたため退院の日までベッドから降りることも出来ず身動き取れませんでした。
    病室は個室で暖房がよく効いてました。たまに窓を開けて冷たい空気を入れたりもしてました。
    やること無い間はお風呂入れなかったのがしんどかったり、ホテルに放置した荷物が心配だったり、胸が痛かったり、移植元のふくらはぎの方も痛かったり、退院したらどこへ行こうかなんてガイドブックを見たりしてました。
    結局退院したのが土曜日で、帰国の前日になっちゃったんですね。一人で観光するには時間も厳しいからと、タクシーでホテルに戻った後に通訳さんが車でホテルに来てくれて、食べに行こうと思っていたレストラン Lappi を電話で予約してくれたり、ヘルシンキ市内をドライブして案内してくれました。

    帰国の日も通訳さんがホテルに車で来てくれて、空港まで送ってもらいました。ドクターから頼まれたようなことを言っていた気もしますが、あんま覚えてないです。そして空港内の手続きもしてくれて、おみやげにトナカイの燻製とかも良いよって言われて買ったおみやげは会社で大評判でした。
    リバーサルを受けたみなさんの手術渡航記も、差し支えなかったら、是非載せてくださいね。
    では。
    まるとん

    返信削除
  4. 皆さんこんにちは。いっちーです。
    術後1ヶ月経ち、リバーサルのことや近況報告させて頂きます。
    私的感情、推測を含みますので参考程度にして頂けたら幸いです。また、不適切な表現があったらすみません。

    前日
    夕方空港に到着。エアポートバスにてホテルに向かう。
    19時ホテルロビーにてテラランタ先生と通訳さんと面談。同意書はメールに添付さたものを自宅で印刷し、サインをしたのを持参しました。面談時に先生もその用紙にサインしコピーをとられていましたので、持参されたほうが良いと思います。

    当日
    8時30分に病院4階での約束。トラムとバスで向かう。トラム10番に乗ったのですが、ティルッカの停留所1つ前で終点に、、現地の方に教えてもらい、バスに乗り換える。1時間以上前に出発したのに、到着はぎりぎりになってしまいました。あらかじめ入念にトラムを調べるか、タクシーをお勧めします。
    朝、病院には通訳さんはいません。ほとんど英語が話せない、理解できない私でも会話は単語を聞き取り何とかやり取りできましたが、1つ全く分からない質問が。。
    文章の中で「アレチー」を繰り返してきます。後でともともさんに聞いたら「アレルギーはある?」「飲めない薬はある?」だったとの事。
    そんなドキドキなやり取りはありましたが、術前の薬は無事に飲め、13時位に手術室に入りました。必ず聞かれる質問だと思いますので、アレルギーある方は事前にフォーム記載時にお伝えしているかもしれませんが、アレルギーない方はその旨を翻訳したものをメモなどで持参し、先生に見せても良いかもしれません。勿論、英語が分かる方は要りませんが、、
    目覚めたのが15時か16時か曖昧です。その後レントゲンを撮り、後は横になってました。
    通訳さんと執刀医の先生がみえて、癒着状態や切断されていた神経箇所の説明がありました。
    翌朝まで、ナースの方が痛みや気分の確認を度々聞きに来てくれます。耐え難い痛みは全く無かったです。その夜は熟睡できずウトウトしながら過ごしました。

    術翌日
    ベッドにて血圧などの確認後、朝食を食べました。食器もトレーも凄く可愛くて病院食とは思えません。北欧らしさを感じました。
    テラランタ先生がみえ、検診や問診。その場で退院が決まりました。
    先生の質問は「手術後に感じる変化は?」「お腹の汗は増えた?」でした。
    私がそのときに感じていた変化は、手がずっとぽかぽかしていること。汗は増えていない。足先が冷える。カーッと体内が暑く感じて汗が出る!と思うと、右手のひらと右肘内側、頭に発汗したい感覚を久々感じました。右手のひらは今年の夏から寝起きに 湿るような感覚はありましたが、頭と肘内側はETS後初めてでした。
    退院希望時間を聞かれ、ホテルのチェックインできる時間に退院。
    先生にもナースの方にもタクシーを勧められました。ナースの方が受付にタクシーを呼ぶようにお願いしてくれました。
    予約番号の紙を受け取り、1階戸外に出て待ちます。すぐにきました。
    ホテルまで10分くらいの直線。昨日、トラムとバスを乗り継ぎ焦ったのを後悔しました。
    フロントで2泊する確認をしてチェックイン。ゆっくり過ごしました。昼食夕食は歩いて5分ほどのスーパーに買いに行きました。
    痛み止め2錠もらい退院しましたがこの日痛みは無く、飲んでいません。また痛み止めの処方箋を退院時に貰っています。必要だったら薬局でもらってとの事。フロントで薬局の場所を尋ねましたが、私には理解できない単語と早いしゃべり、ちょっと遠いと聞き取れたので、日本から痛み止めを持参していたこともあり、結局もらいませんでした。
    市販の薬より病院の痛み止めのほうが強いと思いますので、沢山もらいたい方は事前に先生にお伝えするか、ホテル周辺の薬局を事前に調べておいたほうが良いと思います。

    術後2日
    買い物に行く以外、横になって過ごしました。この日からシャワーの許可が出ていましたが、帰るまでに1回は入れれば良いと思い、この日は入りませんでした。

    術後3日
    朝シャワーに入り、傷跡を初めて見ました。右に3箇所。左に2箇所。大きさは気になりませんでしたが、右の1箇所は首に近いこともあり、着る服(首元が開いた服)によっては見えるなと 思ったのが第一印象です。
    12時にチェックアウトし、ヘ ルシンキ空港にエアポートバスにて向かい、帰国しました。
    機内では気圧の変化からか、咳込みが多く、息切れ感がずっとありました。無事に到着でき、安心しました。
    ヘルシンキでの買い物や支払いですが、ともともさんが書かれていた通り、金額関係なくクレジットの使用が主流のようです。小額をユーロに両替して、あとはカードの使用にしました。私のカードは暗証番号ではなく、サインが必要でした。

    術後1ヶ月の体の変化です。
    帰国後1週間は胸の真ん中がザワザワとして触れるだけでも痛みを感じていました。
    背面の腕の付け根辺りと、背中に鈍痛がありました。これは今でも時々ありますが、日常生活はほぼ送れます。自転車や車のハンドルを切る動作は響きます。傷口の痛みはありません。
    リバーサル後、体の前面(胸側)に感じる痛みは無く、痛みは全部背面に感じています。
    術後5日後には寝返りも出来たし、横向きで寝ることも出来ました。
    腕もまっすぐ挙げられますが、服の脱ぎ着動作が少し辛いです。
    リバーサル後内蔵からブルブル震える感じの寒がりになり、足先の冷えの方が季節柄か気になっています。ETS後は足と脇の汗は大量に発汗していたので、リバーサル後の代償性発汗の増加、減少はまだ感じていません。気づき次第、お伝えできたら、と思っています。同意書にあった顔と手の乾燥が一時悪化するとありましたが、今のところありません。

    帰国後数日して生理が始まったのですが、それをきっかけに体調不良・体調を崩し寝込みました。
    私は脇に副乳があります。出産後に腫れて以来、久々に生理前のホルモンバランスの崩れと同時に腫れました。
    腫れたしこりが神経を圧迫したのか、傷内部に触れたのかは分かりません。が、しこりに違和感を感じ、胸内部の息苦しさが増し、辛くなりました。
    もしこれからリバーサルを受けようと考えている女性で生理が重い方は、1ヶ月でホルモンバランスに色々な波があるので難しいとは思いますが、術日を検討したほうが良いと思います。

    術後、いつから子ども(9キロ)を抱き抱えていいか尋ねました。3週間後からとの返答を頂きました。
    今は術後より抱っこしてしていても痛みはありませんが、長時間抱っこしたり、重いものを持ち上げると痛みます。そして、1日に感じる痛みの回数も増します。

    あと目のことです。
    手術同意書にも書かれていますが、左目にホルネル兆候がでました。術後の夜に左目に重みを感じていました。
    テラランタ先生に伝え、2~3週間様子見て、との事でした。実際、帰国後は左右差が明らかでしたし、視界にも違いがありましたが、3週間経つ頃には少しずつ差はなくなり今は左目が右より充血しやすいのと、夜になると左右差が多少目立ちます。
    silverさんのコメント見ました。両瞼とのこと。時間経過と共に変化があることを願っています。

    睡眠時間。今はまだ1歳の子どもが頻繁に起きるので、術前後変わりはありません。睡眠が大好きなので、多分ETSやリバーサルの影響は無さそうです。体が出来上がる前、就職経験が無い10代の頃にETSを受けたので、そういったことも考えたりしたことは無かったと思います。

    私は代償性発汗に悩み後悔し続ける日々が続いてましたが、ETSやリバーサルを調べることさえ遠ざかっていました。広範囲に増え続ける代償性発汗をどうにかできないか思った時にまるとんさんのブログを知り、リバーサルがヘルシンキであることを知りました。
    子育てしてる中で、私の発汗や気持ちで子どもに我慢させていることも多く、子ども2人の為に変わりたい、やれることをすべてやって前向きに進みたいと思ったことがリバーサルを決断しました。
    社会生活、恋愛、結婚、出産全てにおいてETSの影響は大きく、悩みまくり、気持ちを偽る自分がいました。主人や息子には今まで全ての感情を伝え、今回も沢山の協力をしてもらい感謝しています。
    ブログや皆さんのコメントに共感したり、照らし合わせてみたりしています。今後も回復に努めることや、気づいたことをコメントしたり、気持ちを伝えていけたらと思います。

    長々になりました。またコメントさせて頂きます。
    いっちー

    返信削除
    返信
    1. いっちーさん、ともともさん
      まるとんです。
      いっちーさんの渡航の詳細もとっても分かり易かったです。
      そしてともともさんといっちーさんのお二人のコメントを読み比べました。
      ともともさんが午前、いっちーさんが午後に手術なさったんですね。
      お二人とも手術がうまくいって、そして無事帰ってこれて本当に良かったです。

      そして、体調のことについてもいろいろと書いてくださってありがとうございます。
      ホルネルや寒さの感覚のこと、そしてホルモンバランスについてのこと。特に女性の方にとっては気になるところなんじゃないかと思います。

      ご家族ことをお考えになって手術を決められたこと、とても勇気のいることだと思いました。
      ともともさんが怒らなくなったっておっしゃってたように、いっちーさんも、ご家庭に笑顔が一つでも多く増えることを祈っております。
      では。
      まるとん

      削除
  5. リバーサル手術を受けてから4ヶ月程経ちました。代償性発汗はだいぶ治まりましたが、相変わらず右側からは汗は出てきません。。。起床時に少しだけ手のひらに汗をかいていることはありますが。リハビリですが1駅前で降りたりとか意識的に沢山歩くようにしてます。もう少ししたらスポーツでも始めようかなと思ってます。傷跡ですが相変わらずヒドイので薬を塗り続けてます。

    返信削除
    返信
    1. リヨルデさん
      まるとんです。
      コメントありがとうございます。
      代償性発汗が治まったというのは季節がら、になるのでしょうか。きっとそうだろうなと思いました。
      起きた時手のひらに汗を書いているというのは他に聞いたことがないです。どなたか他にもいらっしゃったら教えてくれたらなと思います。
      運動は是非みんなでしましょう。私も寒くなったのでジョギングも辛くなってきましたが、寒さが落ち着いたらまた再開します。
      では。
      まるとん

      削除
    2. 代償性発汗が治まったのは、リバーサル手術の影響が大きいと思います。冬でも代償性発汗に悩まされてましたから。。。個人的にはバトミントンを始めようと思ってます。

      削除
    3. そうだったんですね。
      冬の代償性発汗というと、暖房の効いたところ、それと電車あたりでしょうか。そういったことに対してすごく効果があったということですね。
      バトミントン、激しそうなスポーツですね。私はどちらかというと地味な運動をすることが多いです。
      今年一年、がんばりましょう。
      では。
      まるとん

      削除
  6. リバーサル手術後の経過報告用コメント広場 Page.3 を作りました。
    以降の新規の書き込みはこちらへお願いします。

    返信削除