コメント広場利用の注意

コメント広場利用の際にはアンケートの記載を必須にします。その後そのハンドル名を利用してください。

2016年11月25日金曜日

耳たぶと頬と首の裏側のほてりのこと

昨日は私の住む神奈川では雪が降り、今日も寒かったですね。
私はビールを1缶のみ、寒いので布団にもぐり込んでブログを書いています。

今私の耳たぶと頬と首の裏側それと後頭部が熱くほてってるのを感じています。
右耳は下側が、左耳は上側が熱いです。全体的には左耳よりも右耳の方が若干ですが熱いです。
私は 暖房にあたったりした時の、耳や頬がほてるのは、交感神経の影響だと思っています。
それがリバーサル手術後の上半身への交感神経の回復が進んだおかげで戻ってきたということです。
ETS後の状態はこういったことは起きずに背中が発熱していました。
今はもう背中が発熱する現象は起きてないです。

私は左胸がつながりきり、右胸がまだつながりきっていないと考えています。
なので、左胸の神経の先は顔の右半分、右胸の神経の先は顔の左半分が支配している領域と感じているのですが、どうでしょうか?
もし良かったら、片側遮断の人がどうかをお聞きしたいなと考えています。

時間をかけてこの記事を書いたのですが、書き終わりの今は両耳ともだいたい同じくらいに熱くなりました。
右手の方が冷たいので、感覚の勘違いの可能性もあり、正しい判断が難しくなっています。

では。

まるとん

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

0 件のコメント:

コメントを投稿