コメント広場利用の注意

コメント広場利用の際にはアンケートの記載を必須にします。その後そのハンドル名を利用してください。

2016年10月28日金曜日

リバーサル手術経過報告コメント広場 Page.8


リバーサル手術を受けた人が自身の状況について書くためのページです。8ページ目を作りました。
リバーサルを受けても回復にはすごく時間がかかります。私の場合、体の変化はたくさん感じていたものの、実際の代償性発汗で言えば3年ぐらい経ってやっとちょっと減ってきたという程度でした。だからひょっとしたら否定的なコメントも出てくるかもしれないですが、そういったことでも書いていただけたらと思っています。

はじめから見る場合はこちら

23 件のコメント:

  1. リバーサル手術を受けた人は手の汗とかは戻ってきてるのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. ここは質問をする場ではなく、フィンランドでリバーサルを受けた人の状況報告をする場になります。

      削除
  2. ヒロさんのコメントが1つアンケートに書かれていたのでこちらに転記します。
    ※アンケートのコメントは削除しました。

    ヒロ 2016年12月17日 0:45
    今、リバーサル手術後約78時間経過しています。右手の平、指が異常に乾燥しています。リバーサル手術を受ける前よりかなりカサカサです。好転反応ならば良いのですが。

    返信削除
  3. ヒロさんのコメントがアンケートに書かれていたのでこちらに転記します。
    ※アンケートのコメントは削除しました。

    ヒロ 2016年12月17日 17:58
    術後約94時間が経過しています。今は全く痛みもなくて普通という感じです。指からの汗はありません。もともと私は汗が気になってETS手術を受けたのではないので、指先を使って紙をめくることの多い私の仕事にとっては指から汗が出ないことはむしろ「不都合なこと」でした。しかし、滑り止めワックスを常にポケットに携帯していたので、例え今後指先から汗が出なくても「絶望する」ようなことにはなりません。あと1時間でこちらのホテルを出ます。このようなでは火災報知器の誤報が昨日もあり、つくずく「日本が如何にちゃんとしているか」ということをすごく感じることができました。20年前にニューヨークに1人で1ヶ月いたときは「まだ帰りたくない」という感じでしたが、さすがに年を取ったせいでしょうか、「もういい」という感じです。これを読んでいる皆さんはおそらく私より若い方でしょうから、そのようなことは思わないでしょうね?日本に帰ったら子どもとテニスをする予定です。たぶん年末にはできそうですね。術後の汗の出方や疲れ具合を観察したいと思います。このブログへの書き込みは一旦これで終わりとさせて頂きます。体調が劇的に変わったという場合、また書き込みをさせて頂きます。では失礼します。

    返信削除
    返信
    1. ヒロさんは術後フィンランドからたくさんのコメントをしてくださいました。
      渡フィン記は こちら を参照です。

      削除
    2. 術後約4か月経ちます。今日は良い報告をします。3月下旬くらいから胸の前の代償性発汗が減少しています。ジムで30分程度ウォーキングを毎日のようにしているのですが、1か月前までは胸や背中、お尻まわり結構すぐに濡れていたのですが、胸廻りの汗が減って、今既にその状況は10日くらい継続しています。たぶん術後の経過が良好なのだと思っています。私はETS手術はT3の切除でしたので、リバーサル手術でT2とT4を繋ぐときにT2をカット(T2神経全ての切除じゃないです)しているため、下半身をはじめとする代償性発汗が増加しました。しかし最近お尻まわりは皮膚が胸に比べて厚いことに気づき、以前は胸周りに塩化アルミニウムを使用したらすぐにかぶれていたので塩化アルミニウムは使えない、とあきらめていたのですが、お尻には使えることがわかりました(あくまでも私の場合です)。結局下半身の汗と胸の汗が減り、運動時に出る代償性発汗は背中だけとなりました。春になって気温も上がっているにもかかわらず、体感温度も下がっているような気がします。汗のことを気にかけて過ごす時間が一日の中でかなり少なくなっています。塩化アルミニウムが効いている面と術後の経過の良好な面と重なっており、どれがどれなのかわかりませんが、日常生活の「苦痛」が緩和されるのであればどんな形でも歓迎です。このまま順調に言ってくれればと思います。

      削除
    3. 運動時に顔や額から汗が出てくれたら、おそらく背中の汗も格段に減るだろう、と勝手に予想をしています。現在辛い物を食べたときは額からしっかりと汗が出るのですが、なぜか運動時にはでません。交感神経の感じる部分が微妙に違うんだと思うのですが、単純に暑いとき、または運動時に汗がでてくれると「よっしゃ」と思えるでしょう。近いうちに「頭部から汗が出ましたよ」という報告が出来ればと思っています。

      削除
  4. リバーサルを受けて15年になりました。私の15年の変化を簡単にまとめましたので報告します。
    私のリバーサル手術後15年間の状況
    今回の報告は英訳もして、フィンランドのドクターにも送付しました。

    返信削除
  5. 術後4か月と1週間がたちますが、最近不思議と汗のことをあまり考えずに生活ができるようになりました。そういういう意味では、術後多少は改善しているのではないかと思います。
     具体的には胸と背中の汗は以前(胸前が減少傾向)と同じ状況です。お尻周りはおそらく塩化アルミニウム溶液(2日に1回くらいの割合で太もも臀部に塗っています)のせいでしょうが、運動をしても暑くなってもあまり汗の感覚はなくなりました。下着が濡れておもらしをしたような不快感がなくなったので、以前とくらべて、全く生活の質があがりました。塩化アルミニウムを塗らないと、おそらく今の段階では、お尻周りが濡れた感じの「非常に不快な感じ」がつきまとっているとはおもいますが、多少は減少しているかもしれません。まだ塩化アルミニウムを塗らない生活に戻していないので、正直わかりません。背中は運動時や暑いとき汗はよく出ますが、術後2か月の頃、運動後に車を運転していて上下の下着のウェット感が強烈で悩んでいたころに比べたら、運動後に汗の流れる量は格段に減ったように思います(運動時は同じだと思います)。だからジムで運動をしたあとも以前(1月~2月頃)は外気温10°くらいだったにもかかわらず、汗が出続け着替えが必要な感じでしたが、4月現在、外気温は20°以上になっているときもありますが、10°以上上昇しているにも関わらず、1枚の下着で済むようになりました。ただし精神的に焦っているときなど、精神性発刊は背中に出ます。最近はできるだけ「精神的に安定する生活をするよう」に努めています。
     そして10日前くらいからジムの中にある「サウナ」に毎回10分くらい入っています。
    交感神経をバリバリに刺激するので早期回復にも効果的なのではないかと考えています。サウナだと額や顔からも汗が出ます。しかし腕や手のひらからはほとんど出ません。一番汗がすごいのはやはり背中ですね。どれが代償性発汗で、どれが普通の汗なのか区別はつきません。でもその後あがった後に、背中から汗がずっと汗が出続けて困るということはありません。運動をしたあとと状況は同じです。下着も1枚で済みます。
     現在昼間の気温は20°以上に上昇中ですが、体感温度も下がってきている感じが伺えます。生活の質(汗が気にならないこと)については確実に上がってきているように思います。それが手術の効果なのか否か、はっきりとはよくわかりません。ただ確かに言えることはリバーサル手術を受けて良かったと思える自分がいるということです。まるとんさんが言われていた「パニック症状」、「神経の流れる感覚」等は経験していないのでわかりません。たぶん、T2切除の場合とT3切除の場合はその後の経過も異なるのではないかと思います。

    返信削除
  6. リバーサル手術後から7ヶ月近く経ちますが、今日は前回4月19日に感じたことと更に変わった点について書きます。
    (良くなったと感じる点)
    リバーサル手術後6ヶ月を超えたあたりから、ジムで運動している最中に腕(手のひらではありません)の肘辺りから汗が出るようになりました。ETS手術以降腕からの汗は感じたことがありませんでした。はじめは「脇汗が流れて垂れているだけかもしれない。」と思いましたが、今日サウナに入ったときに肘の上と下側から大粒の汗が出ていましたので「間違いない」と思います。衣服が接触していないところから汗が出ると何故かとてもうれしい気持ちになります。しかも今までは出ていなかった箇所からの汗なので、「これは良い変化だ」と感じています。額からは「汗が出そうな感じ」はあるのですが、まだ運動時には出ることはありません。背中の汗は、現在は外気温も30℃を超える夏であるためかなり出ますが、最近は背中と胸の汗については割り切って考えれるようになりました。もちろん下着をその都度変えるのは面倒ですが、「汗が出る覚悟ができるようになった」という汗に対する精神的な変化がリバーサル手術を受ける前との違いだと思います。汗の絶対量はさほど変わってはいないと思います。気温が高いところへ行くだけで汗がどっと出る、という感じではなくなりました。

    返信削除
  7. 今現在、私が代償性発汗で不便を感じるのは「食事のとき」です。辛いものを食べたときの味覚性発汗は、額に汗が出ます。わたしが困るのは、ただ単純に熱いもの(味噌汁、コーヒー、しゃぶしゃぶ等)を食べた際には体が温まります。普通の人はそれが「健康に良い」と言われますが、私には「発汗のもと」を摂取していることになり、特に「外食で熱いもの」は食べないようにしています。ましてや今は夏場ですから、家族で外食に行く際(バイキングなど)は事前にプロバンサインを服用した上でないと、食事が楽しめないので、副作用(頭の働きが悪くなる、めまいのような平衡感覚の悪化、食べ物が喉を通りにくい、尿が出にくくなる)を犠牲にして家族との時間を楽しむことにしています。それから一つのことを焦りながらやっている際の「精神性発汗」は膝裏を中心によく出ています。太ももやお尻周りは「塩化アルミニウム」を2日に1度くらいで吹き付けているので、お尻が濡れることはなくなりました(塗らないとウェット感に悩むでしょう。)。胸や背中にも塩化アルミニウムを塗って汗を止めることは出来なくはありませんが「かぶれやすい箇所」であることや、汗の状況(リバーサル後の治癒の状況)を見るために背中だけは塗らないようにしています。もちろん生活に支障があればそんなことは言ってられないのでしょうが、なんとか苦痛ではない範囲に収まっていますので、背中と胸の汗については今後も様子を観察していきたいと思います。また今後良い変化があればコメントします。

    返信削除
  8. 予定ではリバーサル手術後4年の節目で統括のコメントをする予定でしたが、リクエストも頂いたので、今回は3年9ヶ月の現在をまとめます。

    昨年10月の時点と比べて、大きくは変わってません。ただ、今年の夏を過ごしていて、去年と比べて代償性発汗の量が少し減り、汗が引くのも早くなったと思います。それに慣れていないからか、「あ!けっこう汗掻いたかも!」と思って背中を見てみるとそれ程でもなかったりします。結局気温湿度で大きく変わるので、どれくらい回復してるかどうかは判断しづらいですが。平均的には減っています。それと大量の寝汗をかく時がたまにありましたが、最近は少なくなりました。

    ヒロさんのリクエストの「精神性発汗」について→元々そこまで酷くはなかったのですが、ETS後は多少ありました。ですが、今はほとんど気になりません。
    「食事の際の発汗」→これはあります。ヒロさんの過去のコメントを読ませて頂きましたが、同じように食事で身体が熱を持ち、発汗するというのと、辛いものを食べての味覚性発汗が出るのと両方あります。ですが、味噌汁やホットコーヒー程度なら汗は出ないです。食事したら着替えなければいけないこともないです。たまにリハビリのために、エアコンを付けず、キムチ鍋や辛口カレーを食べてみると、通常の代償性発汗に加え、後頭部から首にかけて、前髪の生え際から額にかけて、さらに前腕から発汗します。この辺りが私の場合の代償性発汗の部位になります。このリハビリをやると着替えがいる程の汗になります。
    「汗をかく部位」
    ・90C°くらいのドライサウナに入った時

    12、3分で額以外の顔全体、首の前側以外からはしっかり発汗します。ETS後は一滴も汗をかかなかった背中や胸の上部、肩、腕からも水滴が噴き出す様に汗が出ます。ですが後頭部から首、額の辺りは噴き出す様にはならず、辛いものを食べた時と同じ様な発汗の度合いです。しっとり汗をかく程度。どんなに我慢しても額より下、首の前側にかけては発汗しません。 サウナで普段発汗しない部分から大量に発汗できると、サウナの中にも関わらず、代償性発汗は減ります。やはりまずは発汗部分が増えていくのが回復には重要なんだと思います。

    ・炎天下での激しい運動
    まずはETS後からある代償性発汗が優先で出ます。運動を続けるとETS後は全く汗が出なかった胸、背中の上部、前腕からしっとり汗をかきます。手の平も湿ってきます。(左が多めで右は量少なくタイミングも遅い)
    肩、額、後頭部からは汗は出ないです。

    ・真夏に外を歩く時
    ETS後からある代償性発汗が出ます。部位も運動やサウナの時とは違い、ほとんど腋窩ラインより下のみです。ですが、今年はこの発汗の量が少なくなったかなと感じてます。胸、お腹側は軽く自然な形の汗染みが出来る程度。背中側は線を引いた様な不自然な汗染みにはなりますが、今年が一番マシになってます。涼しいところに移動したら汗が引くのも早くなりました。こちらは夏が終わるまでもう少し様子をみてみます。

    リバーサル手術に対する意見としては、完全に元に戻る手術とは思っていないのですが、健康な身体が100%、ETS後が0%だとして、50%発汗が戻り、50%代償性発汗が少なくなってくれたら大成功かなと思うので、それを目標にリハビリをがんばっていきたいと思います。今は15%ぐらいですかね。。。


    silver

    返信削除
  9. 麻酔から目を覚まし2時間ぐらい経ちました。
    サンドイッチを食べて元気がでました。
    手術の結果ですが、無事に成功しました。
    ETSでは両側T2.T3だったみたいですが、左はT2までしか切れてなかったみたいです。
    T3を切ろうとした後はあったみたいです。
    右はT2.T3ですが、癒着もなく非常に綺麗だったそうです。
    左は癒着が多く普通はしないのことですが、小さい血管が引っ付いてしまっていたので、
    切りました。
    手術後起きた習慣は息がしにくく、頭がすっきりせず、でしたが
    少しすると、息が楽にでき、頭がすーっとしてすっきりしています。
    ランタネン先生はかならず、良くなると言ってくれました。
    あとヒロさんのいってたようにビタミンB1の話もしてました。
    それと左側の方が回復は早いかもと言ってくれました。
    痛みは痛みどめを今飲んだので、ないです。
    一旦これで終わります。

    返信削除
  10. ザキさん
    けっちんです。

    手術お疲れ様です!
    無事成功して良かったです!

    なにも食べれなかったからサンドイッチが
    かなり美味しく感じそうですね!

    色々詳しく教えてくれるのは良いですね!
    ビタミンB1を摂取するといいんですか??

    先生から良くなると言われたら心強いですね!!

    またゆっくり話を聞かせてくださいね!!

    返信削除
  11. リバーサル手術後約28時間ぐらい経過しました。
    今はまだ呼吸がしにくい時があります。しかし手術直後よりかはかなりましです。
    痛みは朝に病院で貰ったのでまだ効いているいるのかあまり痛まないです。少しは痛みますが。
    皆さんが良く言う手のひらのポカポカするのは僕も感じずっと暖かいです。
    顔の乾燥はあまり分かりません。後体がプルプル震えます。
    ヘルシンキは寒いですが、リバーサル前とは全く違い震えます。もっと暖かいものを持ってくれば良かったです。汗については寒いので全く分かりません。
    まとまりが悪い文書で申し訳ないです。
    後足の裏も暖かい感じがしますね。

    返信削除
  12. 私もリバーサル手術後、ホテルで風呂にはいるときに震えが止まりませんでした(12月なので当然といえばそうなのですが)。でもETS後には冬でも「寒いと思ったことがない」生活だったので、私はそのときはとても嬉しかったです(手術の効果かも、と期待しました)。明日の朝はそちらのホテルのはじめての朝食バイキングですね。スーパーは正面玄関を出て右に真っ直ぐ行き、また右に行くと上り坂になっていますからそこを上に行って病院の裏側を通っていくと「Kマート」などのスーパーが2,3あります。私は最初小さいスーパーに行きましたが、大きい方がいろんなものを売っています(バイキング料理やサラダとか)。まだそんなにスタスタ歩けないんじゃないかと思います、気をつけてください。

    返信削除
  13. 8月15日にリバーサル手術を受け、10日が経ちました。
    日本に帰国した時暑かったのですが、代償性発汗は薄っすらかくぐらいでした。
    飛行機の中で寝れなかったため、車の中で眠りました。1時間後ぐらいに目を覚ましたとき、
    両手の手のひらが発汗して汗をかいていました。
    その日に風呂に入った後代償性発汗はかなり減っていて、とても嬉しかったです。
    ですが、今はリバーサル前より汗が多く、手術の痛みも増してきてかなりきついです。
    汗が増えるとは聞いていましたが、精神的にも辛い状態です。

    返信削除
  14. けっちんです。

    手術は無事に成功して約9日が経過しました。
    遮断箇所はT4ではなく、複数箇所遮断されていました。
    遮断箇所については、英語のレポートを翻訳中ですので
    回答があり次第お伝えしたいと思います。
    術後、麻酔でボーッとしていて内容をハッキリ覚えていないので、、、

    効果が感じられるのは早くて6ヶ月ぐらいからとの事でした。
    乾燥の方ですが以前より乾燥しています。
    特に右手が酷いです。
    汗は下半身の汗が増えて寝汗をかくようになりました。
    夜中に寝汗で起きるので結構辛いですね。メンタルも結構落ちますね。

    痛みの方は、だいぶ落ち着きました。
    今は痛み止の薬は飲んで居ないですが問題は無さそうです。多少の痛みはありますが、、、

    長時間横になると(起床時など)右側の横腹がかなり痛くなります。
    起きていっときしたら全く無くなりますが原因は不明ですね。

    術後右腕(脇下周辺、肘下内側)、右手(親指、人差し指、薬)に痺れ(麻酔が効いているような感じ)があったんですが、だいぶ回復しましたが
    まだ多少残っていて気になっています。
    先生に質問したら、手術中に腕を上に上げた状態が長時間続いたからとの事で、徐々に良くなると言われました。
    これまでリバーサル手術を受けてこのような症状があった方はいらっしゃったのでしょうか?
    なにか知っている方がいらっしゃったら教えたください。
    左側は問題ないです。

    あとは、遮断箇所が違ったので弁護士さんに相談しようか迷っています。
    手術のレポートと手術前後の写真はもらったんですが
    それが証拠として力があるのかが不安でリスクも高いのかなって思っています。
    もちろん訴えたい気持ちはありますが、、、

    返信削除
    返信
    1. けっちんさん、今コメントを見ましたがびっくりしています。私の意見ですが、裁判となると費用もかかり、日数もかかる(1年以上)ためかなり労力を使います。「医療ミス」ということで地方検察庁(おだクリニックなので福岡県地方検察庁ではないかと)または警察に「刑事告訴」をされたらどうでしょうか?費用はかかりませんよ。証拠の写真やレポートの訳、そしておだクリニック院長がつくった「手術前の同意書」(手術の計画書みたいなもの)。それからけっちんさんが今までに経験された術後の具体的な副作用(症状)も明確にされた上で。告訴状の書き方は「ネット」にもいくつかの例が出ています。「不起訴」(刑事責任が問われないこと)となるかもしれませんが、もしそれが事実なら、おだクリニック側もけっちんさんに対してそれなりの誠意は見せるのではないかと思いますよ。民事訴訟はその後でも良いのではないかと思います。わからなければメールで相談にのりますよ。
       痛みや違和感については約3ヶ月位は続くと思っていてください。痛み止め(ロキソニンタイプ)は常用は体によくないので何処かの外科で「ノイロトロピン」という副作用のない痛み止めを処方されたらどうでしょうか?
      また気づきがあればコメントします。

      削除
  15. 今調べましたがこのように書かれています。
     医療事故の刑事責任は、業務上過失致死傷罪(刑法211条1項)が中心である。この罪は業務上必要な注意を怠り、それによって他人を死傷させることであるが、この場合も過失の有無、因果関係の存否が主要な争点となる。しかし、民事責任においては私人間における損害の衡平な分担が基本となるのに対し、刑事責任の場合は国家の刑罰権を発動することが妥当か否かという観点にたつため、医療事故の刑事責任が認められる事案はそれほど多くはない。(以上)
    つまり、不起訴(刑事責任は問われない)となる可能性は大ということです。でも相手(病院側)に詳しい話を聞く、ということは必ず行われますから、T4以外の箇所を切除した、という事実は明らかになると思います。警察だといろいろと面倒なので検察庁へ直接告訴状を持っていく(あるいは郵送)が良いと思います。弁護士に相談されるのも良いですが、「医療事故専門」の方にされたほうが良いでしょう。相談(5千円くらい。無料のとこもあります)だけされて、手続きは自分でされたらどうでしょうか?

    返信削除
  16. リバーサル手術後の経過報告用コメント広場 Page.9 を作りましたので、今後の書き込みはこちらにお願いします。

    返信削除