コメント広場利用の注意

コメント広場利用の際にはアンケートの記載を必須にします。その後そのハンドル名を利用してください。

2013年11月16日土曜日

今日は体調が悪くていろいろと考えてしまいました

今日は体調を崩してしまってちょっとばかり寝込んでいました。
ちょっと昨日緊張したりもしたんですが、身体が頑張れなかったみたいです。

電車に乗ったり暑い所にいる時だけじゃなくて、やはり緊張するのも身体が辛いです。
人間関係のストレス、どうしたらいいか分からない時、不安になったりした時、好きな人がいる時。。。
性格によるものもあるのも分かっていますが、リバーサル手術を受けてからも数々の大失敗がたくさんあって、トラウマがあるみたいです。

今日は今までにあったいろんなことを思い出してました。
  • リバーサル手術を受けた頃(もちろん受けてから何年かの間も)、夏の間の通勤は毎日喫茶店に入ったり電車のホームのベンチに座って1時間も2時間も過ごしたりしながら通っていたこと。普通の人で片道1時間半の通勤距離を、朝は3時間、帰りもひどい時は5時間も6時間もかけたりしながら通ってて、毎日毎日家でがっかりしてました。当時の数年間は食欲も全くなくて、晩ご飯の1日1食しか食べれてませんでした。
  • 買った服がどれもこれも汗で着れなくて、服屋さんに入れなかったこと。ひどかった頃は店に入るだけで頭が混乱してパニックが起きていたこと。
  • 夜勤の作業があった時にグレーっぽい色のシャツを着たことがあったのですが、空調が止まって汗がものすごく出て変色しちゃって息も乱れちゃって、救急車を呼ばれちゃったこと。
  • 喧嘩して、喧嘩自体は些細なことだったのですが、その時に力いっぱいに扉をバーンと閉めた事で怖くなって、身体が震えて家を飛び出しちゃったこと。
  • 営業の仕事をしていた時、宿泊での営業研修中の課題の面接演習のストレスでひどい頭痛やめまいに耐えられなくて退出し、一人ホテルの部屋に戻って受講終了できなかったこと。
  • 好きな人と映画を見に行った時にパニックの発作が起きて、楽しみにしてくれてた映画を台無しにしちゃったこと。
  • 一人で花火を見に行って、ひどい恐怖感というか孤独感に襲われてその場から逃げたい衝動に襲われて花火どころじゃなくなったこと。途中記憶もなくして、さらに携帯まで落としちゃったりもしました。(携帯は後日見つかったんですけどね。)
  • ちょっとした喧嘩に耐えられなかったり、みんなにはどおってこともないことがトリガーになってパニックになってその場を出ちゃったりして、人間関係を何度も壊しちゃったこと。
などなど、もういろいろあってきりがないです。
こういったこともみんなリバーサル手術を受けた後のことだったりします。ここ2,3年とリバーサルを受けてからの期間からすれば割合最近の出来事もあります(花火は日記もあってそれはこちらです)。もちろんリバーサルのせいにしちゃいけないこともたくさんあるのも分かってるんですけど、でもそういった、特に心によるものも、やっぱりETSとリバーサルによる影響が大きかったと思ってます。

リバーサル手術を受けて、神経をつなげることができれば何もかも忘れたように元に戻れたら、どんなにいいだろうって思います。そもそも私が受けた時はそのつもりでいました。。。
でも実際にはすぐに治るものじゃないから、こんな風に辛い出来事もたくさんあったりもして、もう10年以上痺れ続けた手は感覚もちょっとばかり鈍いし力もしっかり入らなかったりします。イベントといったお出かけや旅行するのもそれ自体はできるようになったのですがいつも一人で行くし、こんな調子なのでもう恋愛するのも無理だろうからと今では一人で生きていこうって考えてます。その反面お出かけや旅行、料理といったたくさんのブログも持ってて、私のプロフィールから見に行けれるので、良かったら見てくださいね。

リバーサル手術はうまく行くかどうかそれ自体もリスクがあります。そして回復の仕方も人それぞれで安易に考えられるものではないです。さらに、ぶっちゃけて言えば、私と同じ回復をするなら、本当に辛いです。今仕事があって生活できているだけでも奇跡に近いぐらいなのです。

フィンランドのドクターの誕生日が明後日で、もう69になるそうです。
昔70までは現役のつもりだということをドクターに聞いたことがあります。でも、いつまでリバーサルをやってくれるのかとか、引退後どうなるかという事はやっぱりまだ分からないままです。
リバーサル手術を受けるかどうかはご自身で決めていただくものですが、いろいろな条件があるけどそれでもどうしても受けたいといえるだけの人にしか受けれる手術ではないということを再度よく考えて決めてくださいね。

では。

まるとん

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る

6 件のコメント:

  1. ETS後遺症に悩んでいる、たくさんの人たちをフォローしてきたまるとんさんが、弱気になるのは珍しいですね。
    こんな時、僕みたいな男よりも女性からのほうが元気100倍になるのでしょうけど(笑)

    僕はETS受けた当時も今現在も営業の仕事。そりゃ、もう汗による失敗は数えきれないほどあります。
    その時は落ち込むけど、一晩寝ると忘れるっていうか気持ちを切り替えてます。
    頭悪いので、単純なだけなんですけどね。
    フォローになってなくてごめんなさい。


    ジョギング、頑張ってますね。
    距離・速度は僕も同じくらいなんですけど、途中胃の中から何かでてきそうなくらい苦しい時があるんです。
    でも負けないよう頑張ります。

    オスカー

    返信削除
    返信
    1. オスカーさん
      まるとんです。
      コメント、ありがとうございます。
      今回は、ちょっとばかりこの場を使って吐き出させてもらっちゃいました。
      書いたことはあくまで事実と私が思ったことを偽りなく伝えたことです。私は単にリバーサルを受けただけの一患者であって、それ以上でも以下でもないのです。リバーサルを受けたからといって、バラ色の生活だったわけでもないわけです。
      ひと晩寝てなにもかも切り替えできたらいいんですけど、どうやらそううまくはいかないみたいです。不器用なくせに思った通りに行って欲しいとは人一倍想うものだから、うまく行かないことにがっかりしちゃうんでしょうかね。
      そうすぐに変わることはできないかもですけど、直さなきゃいけないことですよね。
      ジョギング、私も引き続きがんばります。
      では。
      まるとん

      削除
    2. まるとんさん、はるです。
      お久〜です。
      私たちがまるとんさんを頼ってしまうことで、過去の苦い経験や記憶を呼び覚まさせてる部分があるのかもしれませんね。
      普通は自然と過去の記憶は薄れちゃったり曖昧な記憶に変わるんでしょうが、まるとんさんは私たちの質問に限りなく完璧に答え続ける日々が何年も続いているから、辛い経験も思い起こしちゃうし鮮明な記憶として残ってしまうんでしょうね。
      それに日記も書いているから、簡単に記憶を確認出来ちゃう。
      知らず知らずの内にまるとんさん自身を犠牲にしてたのかも・・・・・
      まるとんさん自身も未だ回復途中であることは、少しの間ですが側に居て十分承知しています。
      まるとんさんの貴重な経験は、ひとつ残らず私たちの勇気となり心に潤いを与え生きる希望に繋がっています。
      まるとんさんの発信する言葉で、私たちは助けられていますよ。
      毎日ブログにコメントは残さないけれど、ちゃんと見ていますし、まるとんさんの回復の過程も見守って行きたいと思っています。
      私もこんな調子なので結婚は諦めモードでしたけど、まるとんさんやオフ会で同じ経験をした方々の明るさに勇気づけられ希望を持ってみても良いんじゃないの?!って考えを切りかえることが出来たんです。
      人の役に立つって誰でも出来ることじゃないんです。
      きっと、深い心の痛みを経験したまるとんさんだからこそ、発信していける言葉(ブログ)なんだと感じますよ。

      個人的には時々はまるとんさんの愚痴も聞いてみたいなぁって思っています^^


      元気100倍☆とはいかなかったかなぁ・・・


      あ、大阪オフ会、気になっています。
      また一番乗りになりそうなんで、コメント控えていました。

      はるより。

      削除
    3. はるさん
      お久しぶりです、元気にしていましたでしょうか。
      コメントありがとうございます。そしてとってもうれしかったです。
      私がこのブログ上で今日はどんな変化があったかって書いている日記は後で改めて見たときに当時どんな回復をしていたかを見返すことができるようにって意味もあるんです。そしてそれは必ず回復できるって信じているからできることなんです。

      おでかけ日記のブログは今回ちょっと落ちちゃったから悪かった時の日記を引き合いに出したけど、あれもすごく大事な日記なんです。そして素敵な日記もたくさんあるんですよ。
      例えば、足立の花火(動画がお勧め)、保土ヶ谷キャンドルナイト ~夏をおくる~(1個目の「保土ヶ谷キャンドルナイト①」というタイトルの動画は私の1番のお気に入り動画)。これは8月のお祭りです。このように夏にでもお出かけできること自体が昔からすれば夢の出来事だったわけですから、1人だったとしてもやっぱりうれしいことなんです。
      他にも、スカイツリーお台場イルミネーション10周年記念 - 上野&ラクーア(後編)などなどあります。ちなみにこの10周年というのは私がリバーサル手術を受けての10周年記念日です。

      大阪オフ会は2人の関西にお住まいの友人から都合さえつけば参加しますっていう連絡を今のところもらっています。特別扱いに見えるかもしれないですが、私からお誘いした方達のためです。
      だけど確定じゃないからそれは開催するかどうかの考慮からはずし、それ以外の集まり具合でオフ会の開催可否は決めるつもりです。
      一応期限は今月いっぱいですから、一番乗りでもスケジュールひょっとしたらダメかもということだったとしても参加希望があるかどうかだけ書いておいてくださいね。
      では。
      まるとん

      削除
  2. こんばんは、りえです。
    私もはるさんと同じように思いました。
    みんながまるとんさんを頼りにすることで
    少し重荷になってる部分もあるのかな?って。
    でも、まるとんさんの努力やETSに対する考えに感心し、
    まるとんさんの回復をブログから感じてます。

    他にも悩んでいる人達とこうやってやり取りできる場を
    作ってくださってるだけでも感謝です。

    私はETSを受ける前から自律神経が弱めで
    パニック症状も数回経験したことありますし、緊張もしやすかったので
    少なからずまるとんさんの気持ちはわかります。

    ETS後、意欲の低下があったりむしろぼーっとして
    ストレスを感じなくなって前の方がよかったと思うくらいです。

    ストレスを感じるものしっかり全体の神経が働いてる証拠な気がします。
    なかなか自分をコントロールすることって難しいですが
    私もここで勇気をもらってます。ありがとうございます!

    返信削除
    返信
    1. りえさん
      りえさんもコメントありがとうございます。とってもうれしいです。
      人から頼りにされるのってすごくうれしいことなのです。この記事を書いたきっかけは、前の日に不安交じりの緊張をちょっとしたことで調子を落としたからなので、明確な別の理由があります。いつもは書かないことですから、そういったことをたまに書くことも、それは大事なことでしょう。。。
      あまり裏を考えることなく、本当に書いた事実をその言葉通りにだけ受け止めたもらえたらと思います。その事実までは変えられないのですから。

      そして今は少しづつリバーサル手術を受けた人達の発信も出てきました。
      たくさんの人がコメントすれば一人の発言が全てではなくていろいろな考えに触れることもできるようになります。そうしたらリバーサル手術に対する考え方もまた変わってくるかもしれませんね。

      そうそう、はるさんがオフ会の話をされたからですが、りえさんは参加を考えていらっしゃいますか?
      りえさんは shinobu さんのブログの方でも常連さんのようですからお伝えすると、はるさんのコメントのところに書いた私の友人の一人は shinobu さんだったりします。まだ今はあくまで希望だけなので、良かったらりえさんもいかがでしょうか。
      では。
      まるとん

      削除