コメント広場利用の注意

コメント広場利用の際にはアンケートの記載を必須にします。その後そのハンドル名を利用してください。

2019年10月12日土曜日

バッキーさんのリバーサル手術記を読んで気になったこと

先週フィンランドにリバーサル手術を受けて来たバッキーさんが 自身のブログ に渡航記を載せています。

今は まで公開されていて手術が無事終わったところとなっているんですが、手術の所見には次のように書かれています。
T4は神経節が残っていて生きていたのでT3の肋間神経を使用し、T2とT4をロボット縫合してから、医療用接着剤で接着をし、両端に幹細胞を処置をした。

この記事のコメントに私は次のように書きました。
T4の神経節が残っていたらT4の肋間神経を使えば接続個所を1箇所だけにすることができる気がするのですが、そうではなくてT3の肋間神経を採取したということで損失箇所を極小にしたのかもしれないですね。ひょっとしたら幹細胞を使うようにしたことで「接続箇所を減らす」ことよりも「損失箇所を最小」にするアプローチになったのかもしれないですね。。。

何で私がこう思ったのかが分かりにくくて突拍子もない感じなので、ちょっと補足をここに書いておきたいと思います。

まず、T4神経節が残っていたという状況ですが、このような感じになっていたんだと思います。

私が「T4の神経節が残っていたらT4の肋間神経を使えば接続個所を1箇所だけにすることができる気がする」と書いたのはこういうことです。
下端はそのまま、上端のみ切り取って移動して接続してます。

だけど、今回の所見は「T3の肋間神経を使用し、T2とT4をロボット縫合」ということなので、次のようにしたのかなと思いました。
上端も下端も切り取って移動して接続しています。

接着面が1か所と2か所の違いがあって、一見すると1か所の上のやり方が接続箇所が少ないため良いようにも見えます。
だけど、移植元として使う神経がT4肋間神経かT3肋間神経の違いがあり、T4肋間神経は「活きている神経」ですが、T3肋間神経はT3神経節が無いため既に「死に体」の神経なんじゃないかと思うのです。そのため、T3肋間神経を使うことで損失箇所を極小にすることができるのかなと思ったということです。

今までのリバーサルを受けた人達から聞いてた話だと、こういった場合には(必ずしもでないですが)T4肋間神経を使っていた方が多かった気がします。
だけど、今回バッキーさんに対してT3肋間神経を使ったというのは、ひょっとして幹細胞を使うことによる神経再生の効果を期待できるためなのかな?(そのため接着面が2か所となったとしても神経の損失を抑えたかったのかな?)とも思いました。

実際のところはドクターに聞かないと分からないことなのですが、あくまでも私がこう思ったということで、そして図を使いたかったのでこのページに、書きました。

2019年10月2日水曜日

LINEのボイスチャット

昨日リバーサル手術関連の人たちとLINEでボイスチャットをしました。
詳しいことについては ゆーこさんのブログ に書かれているので、そちらを参照です。

今までLINEのボイスチャットは音質が悪くて使い物にならない(だからSkypeの方が良い)って聞いてたからLINEでやることにはちょっと心配したんだけど、それはもう昔の話みたいです。今回4人でやったのですが、全く問題なく、ものすごく鮮明に聞き取るができました。

先日も紹介したことのある、このBluetoothイヤホンを使いました。
左耳のところ、透明のぐるんとしているのがイヤーフックで耳に引っ掛けられるようになっています。そして黒いところにマイクが付いてるので、ハンズフリーでトークできます。そこまで目新しいわけじゃない今さら感のあるアイテムですが、これがすごく便利で今ものすごくハマってます。

ということで、本体のiPhoneはテーブルに置きっぱなしで、書類の整理とかしながら参加してました。


昨日のボイスチャットに参加したバッキーさんが今フィンランドに向かってて、明日がリバーサル手術予定となっています。
詳しいことについては バッキーさんのブログ に書かれると思うので、そちらを参照です。

2019年9月29日日曜日

ものすごく眠たい日

今日は丸一日ものすごく眠たくて、ずっと横になって寝て過ごしてました。
リバーサル手術を受けて以来こういった日はまれにあって、だいたいいつも季節替わりに起こります。3月半ばの陽気の日とか6月の梅雨はじめの頃とか。。。
ただ、夏の終わり~秋口にかけてってのは今までになかったことなので、ちょっと珍しい時期になります。

単純に「眠い」だけじゃなく、「神経の流れる感触」も強く感じます。最近は腕へ流れる感触もかなり強くて激しいんですが、ここで言いたいのは頭に流れる感触です。それが影響して眠気を誘発してるんじゃないかって考えてます。交感神経が過剰な働きをすることで眠気が起きるのかっていうとありえなさそうだしよく分かんないですが、実際私の身には起きていることだったりします。

今までは左側のつながった箇所を通じての影響だったと思うんですが、今回起きたのは去年右側でつながった感触による影響だと思ってます。ということであれば今後これからもいろんな影響が起きるのかもしれなくて、もし何かあればまたまとめてみたいと思います。

2019年9月25日水曜日

ETS手術後に味覚性発汗が起きる理由について

ゆうべ、夜食に蒙古タンメンを食べました。
この前はしっとり程度しか出なかったのですが、今回は味覚性発汗が大量に出ました。顔汗でびっしょりになり、滴り落ちてました。頭頂部がしっとりする日もあるんですが、ゆうべは額や鼻頭を中心とした顔からの汗だけで頭頂部からの汗は全くなかったです。

味覚性発汗がどういった時に大量に出てどういった時にあんま出ないのかはよく分からないです。でも、私の場合は確かに多い日と少ない日があります。


そもそも味覚性発汗がなんで出るかもよく分かってないですよね。。

辛み成分のカプサイシンといったものが発汗神経を刺激するって説明しているサイトもあれば、辛いものを食べたことによる体温上昇が発汗を促すって説明しているサイトもあります。

ただ、食べてる最中にドバッと出てしばらく経つと治まることから、辛み成分が発汗神経を刺激するっていうのは私は違うと思ってます。そういった物質が口の中から吸収されることは(恐らく)ないからで、胃に進み腸に行ってから吸収されるにはタイミングが違いすぎます。


私は舌による刺激が直接顔の交感神経を活発化させていることが理由じゃないかと考えています。舌も交感神経が密集していて、刺激を直接受け取れるようになってるんじゃないかなぁ。。。ということです。

ETS手術によって交感神経が分断される箇所は第2胸骨(T2切除の場合)とか第3胸骨(T3切除の場合)とかのあたりなんですが、実際には首のちょっと下あたりで神経伝達は途絶えてると私は考えています。

その箇所のことについては去年の6月に書いてて、、、この記事 ですね。

それがしばらく続いた後、またもう1本腕を流れる神経のつながる感触がしたんです。
今までで一番大きな反動があって、上の図の縦の点線部分の筋が揺れる感触まではっきりと感じました。

この「縦の点線部分」というところなんですが、ここで交感神経の伝達が途切れてると考えてます。そうだとすれば腕・頭部・胴体の3差路になるので、これにより舌の刺激が顔だけに影響して味覚性発汗が出るという説明も納得が行きます。あと、この部分はたった1本の筋というわけではなく何本も束ねてあるため、すべての交感神経の機能が完全に分断されるわけではないことも合わせて付け加えておきます。


まだまだ分からないことはいっぱいあるんですけど、今のところ私はこんな感じに考えています。

2019年9月19日木曜日

【Dermadry】今日から足の治療に切り替えます

9月ももう後半に差し掛かり、秋っぽい雰囲気の日も出てきました。
そんなこともあって、夏の間は脇汗の治療をしていましたが、冬に悩む足汗対策を始めることにしました。そんなこともあって脇汗の治療は(今年の分は)終了です。

足汗はまだ深刻なほどにはなっていないし、10月後半には効果が出ていれば良いので、毎日ではなく週2回か3回ぐらいで進めていきます。

設定値は最大25mAのところ若干抑えめの20mAにしました。
そんなこんなで今日の治療は完了です。

2019年9月12日木曜日

【Dermadry】維持治療11週目

今日も週1のDermadryをしました。

夜の11時過ぎに始めたのですが、ちょうどTwitterでは「多汗症ミッドナイト」をやっていたのでそれを聞きながらやりました。水曜日にやることが多いのかな?ドラマ「偽装不倫」を見終わって、シャワー浴びてからやるとタイミングが合うようです。

汗関連のトークをラジオ風にやってて、聞き流す感じで聞いてました。

話は脱線しますが、つい先日Bluetoothの無線式のイヤホンを購入しました。
イヤホンつけて聞きながらDermadryをセットしたり片づけたり、アイス食べたり歯を磨いたりできてものすごく便利なんですが、コードがあるわけじゃないのにコードがあって引っ張られないか気になる感覚が身についてて、そこに違和感が残ってます。

今はもう多汗症ミッドナイトは終わって0時を回ってるのですが、この時間になっても部屋の温度は28度です。29度を越えたらエアコンつけて寝るけど、ぎりぎりエアコン無しでもいいかなって温度です。
ということで扇風機で寝ます。おやすみなさい。

2019年9月9日月曜日

台風の私の身体への影響

ゆうべ関東に台風15号が来て、雨・風ものすごかったです。
私が住む海老名では避難勧告も出てましたし、千葉では最大瞬間風速57mを記録したとかニュースでやってました。余談ですが、風速17mを超えると台風と言うらしいので、それはそれはものすごい暴風でした。

台風は「低気圧」に当たるのですが、私の身体はその気圧の影響をもろに受けてました。
右腕の神経の流れる感触がものすごい激しかったです。頭痛とかは無かったんだけど、肩から先は腕の中で何かが流れてるような感触がずっと続き、手は痺れてずっと震えてました。朝方まで全然寝れずに起きてました。

あと、寝室は28度でおとなしく横になってれば大丈夫じゃないかと思ったんだけど、お腹と背中の汗がじんわりと出て止まらなかったので真夜中に冷房をつけました。雨すごかったので、これは気圧だけじゃなく湿度も影響していたかもしれないです。

今はもう台風は過ぎ去っていて、いつも通りの体調に戻っています。
だけど今日は今日で暑いです。9月になったというのに気温は34度。
冷房全開で過ごしてます。